• トップ
  • リリース
  • フィジー・マリオット・リゾート・モミ・ベイ、2017年4月1日に開業

プレスリリース

  • 記事画像1

マリオット・インターナショナル

フィジー・マリオット・リゾート・モミ・ベイ、2017年4月1日に開業

(PR TIMES) 2017年04月07日(金)19時41分配信 PR TIMES

〜フィジー本島(ビチレブ島)では初となる水上ヴィラを有するリゾート〜

今日のホスピタリティ業界を牽引するマリオット・インターナショナル(本社:米国 メリーランド州、社長兼最高経営責任者:アーン・ソレンセン)は、旗艦ブランドである『マリオット・ホテル』のフィジー初上陸となる「フィジー・マリオット・リゾート・モミ・ベイ」を2017年4月1日にオープンいたしました。当ホテルは、南太平洋に浮かぶフィジー本島、西海岸のモミ・ベイ(モミ湾)に位置しており、静かなビーチに広がる、心洗われる自然に囲まれたエキゾチックなリゾートです。
[画像: https://prtimes.jp/i/11305/25/resize/d11305-25-102396-0.jpg ]


「この度、世界屈指のリゾート地であるフィジーにて、初のマリオット・ホテルの開業を迎えることができ、大変嬉しく思っております。当リゾートは、フィジーの中でも手つかずの美しい自然あふれる地域に位置し、ご家族やご友人との旅行に理想的な場所といえます」(フィジー・マリオット・リゾート・モミ・ベイ 総支配人、シルヴァーノ・ドレッシノのコメント)

「私どもは、ご滞在いただくお客様の創造力を高めていただけるような空間を提供していきたいと思っております。マリオット・ホテルは、お客様のクリエイティビティを刺激する体験の場を積極的に作り続けてまいりましたが、フィジーの水上ヴィラはインスピレーションを高める最適な場所だと考えています」(マリオット・ホテル副社長、マシュー・キャロルのコメント)

絵画のように美しいフィジーの景観を存分に活かして設計されたフィジー・マリオット・リゾート・モミ・ベイは、フィジー本島(ビチレブ島)で唯一、水上ヴィラを擁するホテルとなります。 20ヘクタール(東京ドーム約4個分)の透きとおる人工環礁に囲まれ、眼前に広がる白砂のプライベートビーチへ直接アクセスすることが可能です。当リゾートの特色は、フィジー伝統のブレ建築を取り入れた114棟のヴィラで、特に22棟の水上ヴィラは、ターコイズブルーの海にデッキから直接飛び込むことができます。独創的なデザインは、136室のデラックスルームにも取り入れられており、コネクティングルーム対応も可能ですので、家族やグループでのご利用に最適です。周囲の自然を取り込むような開放的な造りは、爽やかな海風や自然光を最大限に活かします。地域文化を反映したダイナミックなインテリアは、そのモチーフ、色使い、素材感にフィジーらしさを取り入れつつも、、現代的なアレンジが加えられています。

「当リゾートは、マリオット・ホテルのモットーである“Travel Brilliantly(きらめく旅をあなたに)”を体現しています。フィジーの特色を取り入れた現代的なデザインと素晴らしい自然環境で、お客様に究極のリゾート体験をご提供いたします」(マリオット・インターナショナル アジア太平洋地区 ブランド&マーケティング担当副社長、マイク・ファーカーソンのコメント)

同ホテルは、ナンディ国際空港から車で45分のロケーションで、島西部の街ナンディ(29km)やデナラウ島(36km)など、魅力的な観光スポットへのアクセスも良好です。世界有数のビッグウェーブを体験できるクラウドブレイクへはボートでアクセスできるほか、ジップライニングや、サンベト泥温泉でのミネラル豊富な泥浴でリフレッシュいただくことができます。

郷土料理や世界の味を楽しめる3軒のレストランにて、心躍るダイニングのひとときをマリオットの行き届いたサービスと共にお届けします。「Goji Kitchen&Bar」は、アジアフュージョン料理のレストランで、オープンキッチンからできたてのお料理を味わうことができます。「FishBar」では豊富な種類の新鮮なシーフードを、太平洋のパノラマビューと共にお楽しみいただけます。カジュアルでくつろいだ雰囲気の「Lagoon House & Bar」では、最高級の食材を使ったシンプルな地中海料理をご提供しております。リゾート内で作りたてのベーカリーやデリを提供する「Fiji Baking Company」では、オリジナルのペストリーやサンドイッチ、サラダ、バリスタによるコーヒーを、くつろげるカフェスタイルの店内でお楽しみいただけます。

結婚式、特別イベント、会議、ミーティングスペースとしてご利用いただける「Grand Salon Ballroom」は、自然光をふんだんに採り入れた360m2 の多目的スペースです。ビーチフロントのロケーションや、1200m2 の屋外プレファンクションスペースを活用し、よりフレキシブルにカスタマイズされた会場作りが可能です。最新機器を完備し、お食事のケータリング、専門のイベントプランニングサービスもご利用になれます。

滞在中のウェルネスに関しては、リゾート内の「The Health Club」にてカヤック、スタンドアップパドルボード、テニスなど様々なアクティビティをご用意しています。また、ホテル近隣には2つのゴルフコース、ナタドラゴルフコース(34km)とダナラウゴルフ&ラケットクラブ(36km)があります。ご家族連れのお客様向けには、「The Turtles Kids’ Club」にて、お子様やご家族にも楽しんでいただけるプログラムを提供しています。

リゾート内のスパ施設「Quan Spa」では、自慢のトリートメントで心身の調和を取り戻し、心身ともにリフレッシュいただけます。館内には、スタイリッシュなカバナやデッキチェアが並ぶ大型プール3カ所と、ジャグジーもご用意しております。大人専用のインフィニティプールとプールサイド・バーでは、美しい景色を眺めながら、カクテルやスナックをお召し上がりいただけます。

フィジー・マリオット・リゾート・モミ・ベイは、全てのお客様に活力を与え、思わず自分だけの隠れ家にしたくなるような滞在をご提供します。

フィジー・マリオット・リゾート・モミ・ベイの詳しい情報は、以下をご覧ください。

ウェブサイト: www.fijimarriott.com
フェイスブック: www.facebook.com/FijiMarriottResortMomiBay
インスタグラム: www.instagram.com/fijimarriottresortmomibay

マリオット・ホテルについて
世界50以上の国々において500軒以上のホテルとリゾートを展開するマリオット・ホテルは、次世代の旅行者にきらめくような旅の体験を提供するべく、あらゆる面でお客様の滞在を進化させています。仕事とプライベートを融合する傾向にある世界中の旅行者とより結びつきを強くするために、モバイルでの存在感を強化しています。マリオットはスタイル、デザイン、テクノロジーを融合した「グレートルーム ロビー」や「モバイルゲストサービス」を導入するなど、革新的なアイデアで業界をリードしています。すべてのマリオット・ホテルは、旅行業界で数々の賞を受賞しているマリオット・リワード(R)フリークエント・トラベラー・プログラムに参加しており、宿泊の際に使用した金額に応じて、ホテルのポイントまたは航空会社のマイルを獲得することができます。 詳細については、www.MarriottHotels.comをご覧ください。

マリオット・インターナショナルについて
マリオット・インターナショナルは、米国 メリーランド州ベセスダに本社をおき、世界122の国と地域に6,000以上のホテルを擁する世界最大のホテル企業です。マリオットは、次の30のブランド名で、ホテルの運営、フランチャイズ、バケーション・オーナーシップ・リゾートのライセンスを行っています:「ブルガリ・ホテル&リゾート(Bulgari Hotels and Resorts(R))」、「ザ・リッツ・カールトンおよびザ・リッツカールトン・リザーブ(The Ritz-Carlton(R) and The Ritz-Carlton Reserve(R))」、「セント レジス(St. Regis(R))」、「Wホテル(W(R))」、「エディション・ホテル(EDITION(R))」、「JWマリオット(JW Marriott(R))」、「ラグジュアリー コレクションホテル(The Luxury Collection(R))」、「マリオット・ホテル(Marriott Hotels(R))」、「ウェスティン(Westin(R))」、「ル メリディアン(Le Méridien(R))」、「ルネッサンス・ホテル(Renaissance(R) Hotels)」、「シェラトン(Sheraton(R))」、「デルタ・ホテル・バイ・マリオット(Delta Hotels by MarriottSM)」、「マリオット・エグゼクティブ・アパートメント(Marriott Executive Apartments(R))」、「マリオット・バケーションクラブ(Marriott Vacation Club(R))」、「オートグラフコレクション・ホテル(Autograph Collection(R) Hotels)」、「トリビュート ポートフォリオ(Tribute Portfolio™)」、「デザインホテル(Design Hotels™)」、「ゲロード・ホテル(Gaylord Hotels(R))」、「コートヤード(Courtyard(R))」、「フォーポイント バイ シェラトン(Four Points(R) by Sheraton)」、「スプリングヒル・スイート(SpringHill Suites(R))」、「フェアフィールド・イン&スイート(Fairfield Inn & Suites(R))」、「レジデンス・イン(Residence Inn(R))」、「タウンプレース・スイート(TownePlace Suites(R))」、「ACホテル・バイ・マリオット(AC Hotels by Marriott(R))」、「アロフト(Aloft(R))」、「エレメント(Element(R))」、「モクシー・ホテル(Moxy Hotels(R))」、「プロテア・ホテル(Protea Hotels by Marriott(R))」。また、同社は多くの受賞歴を誇るロイヤリティ・プログラム「マリオット リワード(ザ・リッツ・カールトン リワードを含む)」と「スターウッド プリファード ゲスト」を運営しています。詳しい情報、予約はwww.marriott.comを、最新の企業ニュースはwww.marriottnewscenter.comおよびツイッター(@MarriottIntl)をご覧下さい。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る