• トップ
  • リリース
  • ジョンソンコントロールズ、グローバルワークプレイスソリューションズ事業をCBREグループに売却

プレスリリース

ジョンソンコントロールズ株式会社

ジョンソンコントロールズ、グローバルワークプレイスソリューションズ事業をCBREグループに売却

(PR TIMES) 2015年09月03日(木)10時50分配信 PR TIMES

ファシリティマネジメントソリューション分野における長期的戦略関係を確立

米国ジョンソンコントロールズ インクは、総額14億7,500万ドルで、同社グローバルワークプレイスソリューションズ事業のCBREグループへの売却が完了したことを発表しました。売却契約には、今後10年間の両社の戦略的提携関係の締結も含まれています。
【2015年9月1日 米国ジョンソンコントロールズ インク本社(ウィスコンシン州ミルウォーキー)より発表】

米国ジョンソンコントロールズ インク(ニューヨーク証券取引所略号:JCI、以下ジョンソンコントロールズ)は、本日、総額14億7,500万ドルで、同社グローバルワークプレイスソリューションズ(以下GWS)事業のCBREグループ(ニューヨーク証券取引所略号:CBG、以下CBRE)への売却が完了したことを発表しました。GWSはファシリティマネジメントサービス業界において世界有数の規模を誇っています。

今回の売却契約には、今後10年間の両社の戦略的提携関係の締結も含まれており、ジョンソンコントロールズはCBREおよびGWSが施設管理を行う全世界50億平方フィートに及ぶ不動産物件や企業不動産施設の推奨業者として、HVAC(冷暖房空調)設備やビルオートメーションシステムおよび関連サービスを提供していくことになります。この合意によって、ジョンソンコントロールズは新たなビジネスチャネルを得ることになり、本格的な業務体制に伴い、同ビルディングシステムズ事業に最大で年間5億ドルの売上増が見込まれます。

ジョンソンコントロールズの会長兼最高経営責任者(CEO)アレックス・モリナローリは、「今回のグローバルワークプレイスソリューションズ事業の売却は、その取引価値以上に当社の中核事業であるビルディングシステム事業の成長に向けた投資となり、同時にCBREとの戦略的パートナーシップを築くことで双方の会社に長期的なメリットをもたらすものです」と述べています。

さらにジョンソンコントロールズとCBREは今後10年間、共同で4,000万ドルを出資してビルディング・イノベーション・ラボを設立し、最先端のエネルギー管理ソリューションの開発によるコスト削減や顧客の職場環境改善を推進します。ビルディング・イノベーション・ラボは共同事業として、製品やサービス、エネルギーデータの評価や統合、活用により、ビルのテナントや不動産投資家に付加価値を提供します。

また、CBREは、5,000万平方フィートを超えるジョンソンコントロールズの不動産施設に対し、施設管理、プロジェクト管理、仲介サービスまでを含めた総合的な企業向け不動産サービスを提供します。

今回のGWS事業の売却は、多角経営企業として、成長基盤の中核となる製品を中心とした事業へ投資し、成長目標を達成するというジョンソンコントロールズの戦略の一環として行われたものです。

今回の売却契約にあたっては、バンクオブアメリカ・メリルリンチ社がジョンソンコントロールズ側の財務顧問を務め、Wachtell, Lipton, Rosen & Katz社が法務顧問を務めました。


米国ジョンソンコントロールズ インクについて
ジョンソンコントロールズは、世界150ヵ国以上のお客様に多様なテクノロジーを提供する、業界トップクラスのグローバル企業です。17万人の従業員が、ビルのエネルギー効率や運用効率を最適化する質の高い製品、サービス、ソリューションをはじめ、自動車用鉛酸バッテリーおよびハイブリッド車・電気自動車用先進バッテリー、自動車シートコンポーネントの開発に取り組んでいます。ジョンソンコントロールズのサスティナビリティへの取り組みは、創業のきっかけとなった初の電気式室内サーモスタットが発明された1885年にまで遡ります。成長戦略とマーケットシェアの拡大によって、ジョンソンコントロールズは、株主への価値の提供と、顧客の成功の支援に取り組んでいます。また、2015年にコーポレート・レスポンシビリティ誌(Corporate Responsibility Magazine)の「企業市民100社」で、当社は第14位に選定されました。詳細はhttp://www.johnsoncontrols.com をご覧ください。

ジョンソンコントロールズ株式会社 ビルディングシステムズについて
ジョンソンコントロールズ株式会社 ビルディングシステムズは、米国ジョンソンコントロールズ インク(Johnson Controls, Inc.)の日本法人(本社: 東京都渋谷区、 代表取締役社長: マーク・カトラー/ Mark Cutler)です。空調制御用機器、ビル管理システム、自動制御機器、産業・舶用冷凍機器および装置、およびセキュリティシステム全般の設計、製造、販売、施工、サービス、エネルギーソリューション、ならびに統合ファシリティマネジメント事業を提供しています。国内での導入業種はオフィスビル、商業施設、医療機関、教育機関、スポーツ施設、交通機関など多岐にわたり、数多くのランドマーク的存在の建物における施工実績があります。1971年6月設立。国内45事業拠点。詳細はhttp://www.johnsoncontrols.co.jp/be をご覧ください。


≪報道関係の方々からのお問い合わせ先≫
ジョンソンコントロールズ株式会社
ビルディングシステムズ 広報室 村井(むらい)、平野(ひらの)
TEL: 03-5738-6054  FAX: 03-5738-6508 mailto:jp.pr@jci.com

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る