• トップ
  • リリース
  • Audi R8 LMS GT4をワールドプレミア: Audi Sportカスタマーレーシング、さらなる成長へ

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

アウディ ジャパン 株式会社

Audi R8 LMS GT4をワールドプレミア: Audi Sportカスタマーレーシング、さらなる成長へ

(PR TIMES) 2017年04月13日(木)15時27分配信 PR TIMES

今回のGT4レーシングカーは、TCRとGT3の間を埋めるモデル/Audi R8 Coupe V10の市販モデルと密接な関係
2017年4月12日(水)インゴルシュタット / ニューヨーク: ニューヨーク国際オートショーに先駆けて、Audi R8 LMS GT4が初披露されました。Audi Sport GmbHのカスタマーレーシング プログラムは、著しいスピードで成長しています。アウディは2009年からAudi R8 LMS GT3を供給しており、このモデルの成功を受けて2015年からは第二世代Audi R8 LMS、2016年にはTCRカテゴリー向けのAudi RS 3 LMSの供給を開始しています。そして今回、Audi Sportの展開するモデルがさらに強化されます。

[画像: https://prtimes.jp/i/22539/24/resize/d22539-24-863261-2.jpg ]

Audi Japan Press Center: https://www.audi-press.jp/

Audi R8 LMS GT4は、生産モデルをベースとしたレーシングカーです。市販のAudi R8 Coupé V10がベースとなっており、パワフルで高い安全性を誇ります。同時に、購入価格や維持費についてもリーズナブルな設定で、アマチュアチームに最適なモデルです。50年以上も前から世界中で魅力的なロードゴーイング スポーツカーがGTレースのベース車として人気を博しており、こうした素晴らしいスポーツカーの伝統を引き継ぎ、GT4のレギュレーションの精神にも合致しています。

この生産モデルベースのAudi R8 LMS GT4が最初に参戦するレースは、5月25日(木)〜28日(日)に行われるニュルブルクリンク24時間レースとなります。これにより、アウディ ブランドはまた一つ国際モータースポーツにおける成長カテゴリーに進出することになります。ヨーロッパで発足したGT4クラスは2017年には世界に広がり、北米、アジア、オーストラリアとヨーロッパの各レースに参戦します。Audi Sport GmbHマネージングディレクターのステファン ヴィンケルマンは、「GT4カテゴリーのモデルが世界参戦できるレースシリーズは、現在世界中で13もあります。Audi Sport GmbHは、GT3とTCRカスタマースポーツのカテゴリーに最大規模で車両を提供しているメーカーの一つです。そして今、この注目のGT4クラスに向けても活動を行っています。この急成長しているセグメントと、私たちのレースカーと市販モデルとの間で共有されるDNAの組み合わせにより、アウディはハイパフォーマンスの闘いにおいて真のグローバルリーダーとなるという決意をあらたにしています」と述べています。

Audi R8 LMS GT4は、市販モデルAudi R8 Coupéと実に60%以上もの構成部品が共通で、生産工場も同じBollinger Hofe工場で行われます。このシナジーにより、新しいレーシングカーのオーナーは、購入価格や維持費の点で恩恵を受けることになります。

Audi Sportは2017年シーズン、この最大出力364kW(495HP)(グレードによる)のGT4モデルを、最終認証レベルに到達してレース出場申請が出せるように開発を続けます。統括責任者 クリス ラインケとそのAudi Sportカスタマーレーシングのチームは今年後半には生産準備にかかります。そして今年の年末までにAudi R8 LMS GT4が最初の顧客のもとへ届けることを計画しています。

Audi Sportは、Audi R8 LMS GT4のサービス、スペアパーツの物流、プロフェッショナルなサポートを世界中のネットワークを通じて行います。Audi Sportカスタマーレーシングは既にGT3の為にこのインフラストラクチャーを4つの大陸で構築しており、GT4のモデルレンジに対してもAudi RS 3 LMS同様にこれらの優れたネットワークを活用します。

*本リリースは、AUDI AG配信資料の翻訳版です。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る