プレスリリース

  • 記事画像1

一般社団法人バウリニューアルジャパン

バウリニューアル・オブ・ザ・イヤー2018 発表!

(PR TIMES) 2018年12月26日(水)18時40分配信 PR TIMES

人生の節目を大切にするバウリニューアル文化の推進活動を行なっている一般社団法人バウリニューアルジャパン(本社:東京都港区赤坂 代表理事:山口 力 略称:VRJ)は、多くの人々に愛や夢や希望や感動を与えた”節目の日”(ベストバウリニューアルデイ)をはじめとし、多くの人々の人生の節目に大きな功績を残した人や企業などに対して贈られる「バウリニューアル・オブ・ザ・イヤー2018」を発表しました。「バウリニューアル・オブ・ザ・イヤー2018」を受賞したのは以下の通りとなります。
[画像: https://prtimes.jp/i/19042/24/resize/d19042-24-533439-0.jpg ]

バウリニューアル・オブ・ザ・イヤー2018 受賞・受賞者

[受賞] シチズン時計株式会社 創業100周年
日本を代表する時計メーカー。国内初のカレンダーウォッチや防水機能付き腕時計を開発する他、1962年には世界一薄い「ダイヤモンドフレイク」を発売するなど時代と共に高品質な時計を世に送り出してきた。”時を刻む”ということを通して人々の人生の節目に深く関わってきた同社の功績は非常に大きい。

[受賞] 株式会社パイロットコーポレーション 創業100周年
日本を代表する筆記具メーカー。同社が開発した蒔絵仕様の万年筆はロンドン海軍軍縮条約の署名時にも使用されるなど世界的に有名。また万年筆は時計と並び入学、成人、就職のお祝い品などとして贈られることが多く、そうした意味においても人々の人生の節目に深く関わってきた同社の功績は非常に大きい。

[受賞] パナソニック株式会社 創業100周年
経営の神様と謳われた松下幸之助氏によって創業。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野まで幅広く手がける日本を代表する総合電機メーカー。「松下電器産業株式会社」から「パナソニック株式会社」へ変更した今でも「国民 (National) のための」という精神は受け継がれ、100年に渡り日本の家庭を明るく照らし続けてきた同社の功績は非常に大きい。

[受賞] 東京タワー 誕生60周年
日本が世界に誇るランドマークタワー。「東京タワー」は愛称であり正式名称は日本電波塔。1958年12月23日の竣工以来、日本のシンボルとして、また観光名所として、国内のみならず世界中から数多くの人々が訪れている。夜間にライトアップされた姿は人々を魅了し、さまざまな小説や映画の舞台としても取り上げられるなど、日本の文化発信の拠点としての役割を担い登録有形文化財にも登録された。人々の記憶や思い出に残り、今なお日本のシンボルとして赤く暖かな光で国民を照らし続けている東京タワーの功績は非常に大きい。

[受賞] 週刊少年ジャンプ 創刊50周年
集英社が発行する日本を代表する週刊漫画雑誌。「ドラゴンボール」「SLAM DUNK」といった看板作品が掲載されていた1995年に653万部という漫画雑誌の最高発行部数を記録。友情・努力・勝利のいずれかを必ずテーマに入れることを編集方針にした人気作品の数々は、少年のみならず広く社会に大きな影響を与え続けてきたことから同誌の功績は非常に大きい。

[受賞] 西城秀樹(歌手・俳優)
日本を代表する歌手。絶唱型と呼ばれるワイルドでセクシーな歌い方で日本中の女性ファン達を熱狂させ、今日に繋がる男性アイドルの草分け的な存在として絶大な人気を博した。日本人として初めてスタジアムコンサートや日本武道館でのソロコンサートを開催するなど、日本の歌謡曲とエンタテインメントの世界を切り開いた先駆者でもあり、1979年に発売された「YOUNG MAN(Y.M.C.A)はオリコンチャート5周連続1位を獲得するなど国民的な大ヒットとなった。昭和、平成という時代を駆け抜け、多くの人々に愛と夢と感動を与えた功績は非常に大きい。

[受賞] さくらももこ(漫画家・エッセイスト)
日本を代表する人気漫画「ちびまる子ちゃん」の作者。本人の体験をもとに、当たり前のような日常を子どもらしい鋭い感性と独特の世界観でほのぼのと描いた「ちびまる子ちゃん」は瞬く間に人気漫画となり、1990年のテレビアニメ放送開始以降は”平成のサザエさん”と呼ばれるほど国民的な知名度と人気を誇る作品となった。家族関係や人と人とのコミュニケーションが希薄になりがちな現代社会において「ちびまる子ちゃん」という作品が世の中に与えた影響と果たした功績は非常に大きい。


◎ベストバウリニューアルデイ
[受賞] 2018年2月24日 日本カーリング女子 史上初メダル獲得
2018平昌五輪(第23回オリンピック冬季競技大会)第16日の2月24日、日本カーリング女子「LS北見」は3位決定戦で英国と一進一退の攻防を繰り広げた末に勝利し、日本に史上初のメダルをもたらした。「そだねー」「もぐもぐタイム」といった流行語を生み出し、どんな時も笑顔で声を掛け合う彼女達の姿は世界中から賞賛された。

[受賞] 2018年9月9日 四大大会シングルス日本人初優勝 大坂なおみ
9月8日(日本時間9日)、テニスの4大大会最終戦となる全米オープン女子シングル決勝で、日本の大坂なおみが元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)を破り初優勝した。男子を含めた4大大会(グランドスラム)のシングルスで日本選手として初優勝の快挙を成し遂げた。またアジア勢の全米優勝も初となる。

[受賞] 2018年8月21日 第100回全国高等学校野球選手権記念大会
1915年の第1回大会の開催以来、数多くのドラマを生んできた全国高等学校野球選手権大会が記念すべき100回大会を迎えた。優勝校は、史上初めて2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭。また秋田県代表の金足農は夏の甲子園で103年ぶりとなる準優勝をもたらした。全力で白球を追う高校球児達の姿は日本中に感動を呼び、平成最後となった”夏の甲子園”は幕を閉じた。


尚、受賞の掲載に関しては順不同、敬称略とさせていただいています。尚、アワードの選考にあたっては、一般社団法人バウリニューアルジャパンの理事会及び有識者等によって構成される「バウリニューアル・オブ・ザ・イヤー審査委員会」によりアワードの基本理念に相応しいものとして選出させていただいております。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る