• トップ
  • リリース
  • 有機EL事業における戦略的提携 〜中国・BOEとの戦略的提携に向けた基本合意について〜

プレスリリース

出光興産株式会社

有機EL事業における戦略的提携 〜中国・BOEとの戦略的提携に向けた基本合意について〜

(PR TIMES) 2017年05月24日(水)19時28分配信 PR TIMES

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:月岡 隆、以下、当社)とBOE Technology Group Co.,Ltd. (本社:中国北京市、CEO:王 東昇、以下、BOE)は、高性能な有機ELディスプレイ開発のため、有機EL事業における戦略的提携関係の構築に基本合意しました。
当社は有機EL事業において、最先端の発光材料ならびにその周辺材料を継続的に開発し、製造から販売まで行っており、スマートフォンやテレビなどの有機ELディスプレイに多く採用されています。また、材料開発のみにとどまらず、有機EL材料の性能を最大限に発揮するための材料の組合せ技術の開発にも積極的に取り組んでいます。

BOEは世界的に有名なインターネット製品及びサービスの供給メーカーであり、ディスプレイデバイス、スマートシステム及びヘルシーサービスを中核事業としています。業界トップクラスのディスプレイ会社であり、ディスプレイ製品の出荷量は世界最大規模を誇っています。2017年第1Q、BOEのスマートフォン液晶ディスプレイ、タブレットディスプレイ、パソコンディスプレイの出荷量はともに世界第1位で、全てのディスプレイ、液晶テレビディスプレイの出荷量はそれぞれ世界第2位、3位を占めています。それと同時に、有機ELディスプレイにおいても積極的に取り組んでいます。

今回の戦略的提携を通じて、両社は有機ELディスプレイにおいてシナジー効果を発揮していきます。
具体的には、当社はBOEのニーズに基づき、高性能な有機EL材料を開発・提供し、両社の有機EL分野における協力関係を強化し、両社の製品力および市場競争力を向上させていきます。

当社は、今回の取組と同様に、これまで多数のディスプレイメーカーと戦略提携を構築してまいりました。また、有機EL材料メーカーとは、有機EL材料関連分野における特許の相互利用に関する提携契約なども行っております。今後とも主要顧客との関係強化を積極的に推進し、近年目覚ましい拡大を見せる有機EL産業の発展に貢献してまいります。

尚、本件による当社 2017 年度連結業績への影響はありません。

【出光興産 会社概要】
商号 出光興産株式会社
所在地 東京都千代田区丸の内三丁目1番1号
代表者名 代表取締役社長 月岡 隆
設立日 1940年3月20日(創業 1911年6月20日)
資本金 1,086億円
売上高 31,903億円(2016年度)
事業内容 石油精製、石油製品の製造・販売や石油化学製品の製造・販売を行う基盤事業、石油・石炭開発などの
資源事業、潤滑油・機能化学品・電子材料などの高機能材料事業をグローバルに展開。

【BOE 会社概要】
商号 京東方科技グループ株式有限公司 BOE Technology Group Co., Ltd.
所在地 中華人民共和国北京市
代表者名 王東昇(Wang Dongsheng)
設立日 1993年4月9日
資本金 RMB 351.5億
売上高 RMB 688.96億 (2016年)
事業内容 中核 事業はディスプレイデバイス、スマートシステム、ヘルシーサービス。ディスプレイデバイスは、 携帯電話、タブレット、ノートパソコン、テレビ、車載、ウェアラブル等の分野に幅広く使用。スマー トシステムは、リテール、交通、金融、教育、芸術、医療等の新たな分野において、IoTを構築し、 「ハードウェア製品+ソフトウェアプラットフォーム+ライブアプリ」による総合的なソリューション
を提供。ヘルシーサービスは、インターネット通信技術を使用し、情報医学・医学領域でのモビリティ
マネジメント・再生医学[A2] 等の健康医療分野におけるサービス及びソリューション[A3] を提供。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る