• トップ
  • リリース
  • ベリトランスとイーコンテクスト、リクルートライフスタイル展開の『モバイル決済 for Airレジ』向けにビットコイン決済を提供

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社デジタルガレージ

ベリトランスとイーコンテクスト、リクルートライフスタイル展開の『モバイル決済 for Airレジ』向けにビットコイン決済を提供

(PR TIMES) 2017年04月05日(水)10時52分配信 PR TIMES

〜国内決済代行事業者で初めて、ビットコインによるバーコード決済の提供へ〜


株式会社デジタルガレージ(東証一部 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役 兼 社長執行役員グループCEO:林 郁、以下:DG)の子会社で、決済事業を手がけるベリトランス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長:篠 寛、以下:ベリトランス)、及び株式会社イーコンテクスト(本社: 東京都渋谷区、 代表取締役社長:踊 契三、以下:イーコンテクスト)は、コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田晃一良、以下:コインチェック)と連携し、株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 淺野 健、以下:リクルートライフスタイル)が展開するモバイルペイメントサービス『モバイル決済 for Airレジ』向けに、2017年夏頃よりビットコイン決済の提供を開始します。

ベリトランスでは2015年より、『モバイル決済 for Airレジ』 向けにバーコード決済を提供してきましたが、今回、ビットコインによるバーコード決済の実装は、国内決済代行事業者で初めての取り組みとなる予定です。

■提供概要
『モバイル決済 for Airレジ』は、お客様が提示する決済サービスのバーコードを読み込むだけで決済が完了するモバイルペイメントサービスです。今回、ビットコイン取引所を運営するコインチェックとの連携によりビットコインによる支払いが可能になります。ビットコインでの支払いは、『モバイル決済 for Airレジ』アプリに表示されるバーコードを、ビットコイン保有者が持つビットコインウォレットアプリを利用して読み取るだけで完了します。

【ビットコインでのお支払いイメージ】

[画像: https://prtimes.jp/i/23393/23/resize/d23393-23-551455-0.jpg ]


ベリトランス・イーコンテクストは、『モバイル決済 for Airレジ』とコインチェック間の決済データ処理・収納代行業務を担い、ビットコイン決済の加盟店開拓をリクルートライフスタイルが推進します。

■背景
日本国内におけるビットコインの取引高は、2016年より急伸を続け、2017年1月には月間5,411億円(前年同期比約20倍)*1を突破しました。2017年4月1日には 、ビットコインをはじめとする仮想通貨を対象とした改正資金決済法*2が施行され、国内では、これまで限定的だった仮想通貨取引のさらなる普及拡大が予想されています。
一方、世界で流通するビットコインの時価総額は2017年3月時点で約200億米ドル*3に到達しました。ビットコイン保有者は中国人・欧米人をはじめとした外国人*4も多く、国内のビットコインでの決済環境を整備することで、官民を挙げたインバウンド強化施策に追い風に伸長する訪日外国客による利用が見込まれます。

■今後の展開
対面・非対面決済共に実績を持つDGグループのベリトランス・イーコンテクストと、『モバイル決済 for Airレジ』を運営するリクルートライフスタイル、ビットコイン取引所として技術、運営において信頼性の高いコインチェックが連携しサービス提供を行うことで、幅広い消費者の決済ニーズに応えるとともに、導入加盟店ならびにバーコード決済利用の拡大を図ってまいります。

また、近年、ビットコインの基幹技術であるブロックチェーン技術が、フィンテックを代表する技術として注目されています。
DGでは2016年7月に、オープンイノベーション型の研究開発組織「DG Lab」を株式会社カカクコム、株式会社クレディセゾンと共同設立し、重点研究領域の一つとしてブロックチェーンを活用した地域通貨、電子マネー等、ポイント等価値交換の仕組みなどを開発中です。
今後、DGグループでは、これらの研究成果をもとに、モバイルバーコード決済の機能拡張や、新たな認証やデジタル通貨等新たなサービスを創出してまいります。

*1:出典「Bitcoin日本語情報サイト」国内ビットコイン市況 月次取扱高より。https://jpbitcoin.com/market/volume
*2:通称「仮想通貨法」。消費者保護、マネーロンダリング・本人確認対策強化を目的に、仮想通貨取引所の登録、会計監査の義務化や、口座開設時の本人確認等が義務付けられた。
*3 : 出典「BLOCKCHAIN」通貨統計 時価総額より。https://blockchain.info/ja/charts/market-cap
*4 : 出典「Coinhills」通貨別ビットコイン取引データより。https://www.coinhills.com/market/currency/

【モバイル決済 for Airレジとは】
『モバイル決済 for Airレジ』はお客様が提示する決済サービスのQRコードを読み込むだけで決済が完了するモバイルペイメントサービスです。店舗側ではiPadまたはiPhoneとインターネット環境をご用意いただくだけで、初期費用なしでご利用いただけます。『モバイル決済 for Airレジ』を導入することにより、訪日外国人のお客様の決済利便性を高めるだけでなく、加盟店の売上向上にも貢献します。
概要:http://mp.airregi.jp/

【コインチェックについて】https://coincheck.com/
ビットコイン取引所Coincheck、及ひ゛ヒ゛ットコイン決済サーヒ゛スCoincheck paymentを運営。「支払いを、 もっと便利に、快適に」をコンセフ゜トに、スマートフォンやPCから誰て゛も簡単に仮想通貨の取引や支払 いを可能とするサーヒ゛スを提供。新たなテクノロシ゛ーて゛、世界中の人々をもっと豊かに、もっと幸せに することを掲け゛、インターネットに変わるインフラとなることを目指し日本国内に限らす゛海外に向けて も事業を拡大しています。

【ベリトランスについて】 http://www.veritrans.co.jp/
デジタルガレージグループで、オンライン決済事業を提供する決済プロバイダー。近年では、モバイルPOS、モバイルバーコード決済等のオフライン決済事業も提供。「オンライン事業者のコアビジネスへの専念」を基本理念に、デジタルガレージグループのイーコンテクストと共に、グループ全体で日本最大規模のオンライン決済プロバイダーとして、日本国内はもとよりアジアを中心とした海外市場をカバーするグローバルなオンライン決済プラットフォームの構築を目指し事業を拡大しています。

【イーコンテクストについて】http://www.econtext.jp/
デジタルガレージグループで、オンライン決済事業を担う決済プロバイダー。同じくDG傘下のベリトランスと共に、グループ全体で日本最大規模のオンライン決済プロバイダーとして、日本国内はもとよりアジアを中心とした海外市場をカバーするグローバルなオンライン決済プラットフォームの構築を目指し事業を拡大しています。またコンビニでのキオスク端末を利用したリアル決済の先駆けであり、資金移動業者として送金サービス「CASH POST」等も運営しています。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る