• トップ
  • リリース
  • ペットの要介護認定基準を共同開発/ペットの介護保険に応用も視野

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社CARE PETS

ペットの要介護認定基準を共同開発/ペットの介護保険に応用も視野

(PR TIMES) 2017年06月12日(月)16時54分配信 PR TIMES

動物の訪問介護・看護・医療を提供するCARE PETS(ケアペッツ)では、ペット(犬)の『要介護認定基準』を、K9 Care Space Dog Heart(愛知県豊川市住吉町1−5)と、シリウス犬猫病院(神奈川県川崎市中原区木月2−10−5)と共同で開発致しました。
これまでこの要介護認定基準は、CARE PETS(ケアペッツ)の介護や看護の現場で主に動物看護師が使用していた独自の基準でしたが、今回、ペットのリハビリテーションに取り組んでいるK9 Care Space Dog Heartと、往診対応型の動物病院であるシリウス犬猫病院と共同で独自基準をブラッシュアップし、弊社の現場だけではなく、広くペット業界全体でご使用いただけるよう、普遍性のある基準を作ることを目指し開発して参りました。
[画像: https://prtimes.jp/i/22736/23/resize/d22736-23-317413-1.jpg ]

K9 Care Space Dog Heartは、犬のリハビリテーションで約10年のキャリアと施術実績があり、その経験を本基準に活用させていただきました。また、シリウス犬猫病院は、往診にも取り組まれている先進的な動物病院で、獣医師の視点から、どのような状態が介護の必要な状態かがわかるよう体系化していただきました。


今後は、本基準をペットの介護保険などの新たなサービスで活用していくことも視野に入れていくとともに、本基準を用いて新たなサービスを開発する事業者と一緒に、人と動物の高齢化によって生じる課題の解決に取り組んでいきます。


◆株式会社CARE PETS(ケアペッツ)とは

CARE PETS(ケアペッツ)とは、専属の動物看護師が愛犬・愛猫の介護・看護・ペットシッターなどのホームケアサービスを提供する日本初のサービスです。

特徴

○100%女性の動物看護師が対応

○30分からご利用可能

○使い放題サービス(わん放題・にゃん放題)

○ウェアラブルカメラ完全装備で安心を提供

○24時間365日ペットの救急車を配備

○高齢犬・猫の介護や看護にも対応


【提携事業者募集】

株式会社CARE PETS(ケアペッツ) では現在、提携動物病院、マンション管理会社、ドッグラン運営業者、ペットのリハビリ施設の提携事業者を募集しています。飼い主様とペットのQOLを一緒に高めていくことができる動物病院様や施設運営事業者がいらっしゃいましたら、お問い合わせをお待ちしております。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る