• トップ
  • リリース
  • 「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」佐賀県立美術館で開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」佐賀県立美術館で開催

(PR TIMES) 2016年10月06日(木)09時28分配信 PR TIMES

会期:2016年10月7日(金曜日)〜12月4日(日曜日)。佐賀県で初のスタジオジブリ展覧会。展覧会ラッピングバスや唯一の長編監督作品「耳をすませば」上映会などを展開。

10月7日(金曜日)〜12月4日(日曜日)の会期で、佐賀県で初となるスタジオジブリの展覧会を開催します。本展では、スタジオジブリの全面的な協力のもと、近藤喜文氏の描いたキャラクター・デザインやアニメーション原画、イメージボード、スケッチなどを多数展示します。清潔な人柄と温かな眼差しから生まれた近藤善文氏の世界をお楽しみください。また、会期中は、子どもから大人まで楽しめる様々な関連イベント等を実施します。

公式ホームページ:http://www.sagatv.co.jp/generic/ghibli/ 



[画像1: http://prtimes.jp/i/18574/23/resize/d18574-23-536179-0.jpg ]



「感じの出る絵、感じを出す動き、それを描き出せる人、それがぼくにとっての近ちゃんでした。」高畑 勲
「僕が出会った何百人ものアニメーターの中でも、屈指といっていい感じのいい仕事をする、腕の良いアニメーターでした。」宮崎 駿 


(近藤喜文氏の告別式での弔事より抜粋)



近藤 喜文 (こんどう よしふみ 1950-98)



[画像2: http://prtimes.jp/i/18574/23/resize/d18574-23-787023-5.jpg ]


新潟県五泉市に生まれ育った日本屈指のアニメーター。
スタジオジブリの高畑勲・宮崎駿両監督から厚く信頼を寄せられていた。唯一の長編監督作品「耳をすませば」(1995年)で大成功を収めるが、その後しばらくして急逝した。

主な関連作品
「未来少年コナン」1987年/「赤毛のアン」1979年/「名探偵ホームズ」1982年/「リトル・ニモ」(パイロットフィルム)1984年/「火垂るの墓」1988年/「魔女の宅急便」1989年/「おもひでぽろぽろ」1991年/「紅の豚」1992年/「耳をすませば」1995年/「もののけ姫」1997年




「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」概要



(1)会 期:2016年10月7日(金曜日)〜12月4日(日曜日)(51日間)9時30分〜18時(毎週月曜日休館)
       ※但し、10月10日(月曜日・祝日)は開館し、10月11日(火曜日)を休館します。
(2)会 場:佐賀県立美術館 2号・3号・4号展示室
(3)観覧料:前売り券 1000円(税込)、当日券1200円(税込)
       ※高校生以下無料、障害者手帳保持者とその介助者1名無料
(4)問い合わせ先:この男がジブリを支えた。近藤喜文展実行委員会事務局(サガテレビ事業企画部内)
          TEL:0952-23-9112




「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」関連キャンペーン



(1)展覧会ラッピングバスの運行


[画像3: http://prtimes.jp/i/18574/23/resize/d18574-23-915666-3.jpg ]

展覧会初日の10月7日(金曜日)から「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」の佐賀市営バスのラッピングバスを運行します。


(2)『佐賀でジブリに会えるきっぷ』
[画像4: http://prtimes.jp/i/18574/23/resize/d18574-23-644462-4.jpg ]


展覧会最終日の12月4日(日)まで『佐賀でジブリに会えるきっぷ』を販売しています。
西鉄高速バスの福岡〜佐賀線(わかくす号)と佐賀市営バスの往復乗車券、佐賀県立美術館「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」の入場券(引換券)をセットに、3,000円(税込)で販売中です。西鉄天神高速バスターミナルにて、購入いただけます。購入者には、特典として、展覧会受付にて、入場券と一緒に近藤喜文展佐賀開催記念オリジナルシールをプレゼントします。

詳しくは、下記のURLをご確認ください。
http://www.bus.saga.saga.jp/info/2016/09/924.html


(3)展覧会コラボメニューの販売
施設内ミュージアムカフェ「cafeTRES」にて、展覧会コラボメニューの販売を予定しています。
http://saga-museum.jp/museum/facility/cafe.html




「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」関連イベント



(1)ギャラリートーク
日 時:2016年10月7日(金曜日)10時〜
会 場:佐賀県立美術館 2号・3号・4号展示室
解説者:田中 千義 氏(スタジオジブリ イベント事業部プロデューサー)
※事前申込みは不要です。
 開始時間前に、会場入口にお集まりください。(要入場料)


(2)第32回あらかしコンサート&ナイトミュージアム
[画像5: http://prtimes.jp/i/18574/23/resize/d18574-23-687100-1.jpg ]

日 時:2016年10月15日(土曜日) 18時〜19時
会 場:佐賀県立博物館中庭アラカシ広場(雨天時は博物館エントランス)
出演者:山の音楽家Shana 
    原麻由子氏(オカリナ)、原健太郎氏(ギター)
料 金:無料
概 要:オカリナとギターの美しいハーモニーで、ジブリ映画の名曲や童謡などをお届けします。また、ナイトミュージアムとして、20時までの延長開館を実施します。コンサートで配布するパンフレットを受付で提示いただきますと、展覧会を1000円の割引価格で観覧いただけます。
※ミュージアムカフェ「cafeTRES」も20時まで営業します。


(3)吹奏楽コンサート、「耳をすませば」上映会
[画像6: http://prtimes.jp/i/18574/23/resize/d18574-23-215466-2.jpg ]

日 時:2016年10月23日(日曜日)
会 場:佐賀県立美術館ホール
料 金:無料 ※但し、展覧会観覧チケットが必要です。
概 要:佐賀大学教育学部附属中学校吹奏楽部によるジブリ映画の音楽を演奏するコンサートと、映画「耳をすませば」の上映会を行います。
実施方法:12時から上映会用整理券を配布します。(定員450名)
※コンサートは、整理券の配布は行いません。
吹奏楽コンサート:開場12時30分/13時〜13時30分
「耳をすませば」上映会:開場14時/14時30分〜16時30分


(4)カオナシがやってくる!
[画像7: http://prtimes.jp/i/18574/23/resize/d18574-23-644841-6.jpg ]

日 時:2016年10月29日(土曜日)、30日(日曜日)時間は、カオナシの気分次第。
概 要:映画「千と千尋の神隠し」に登場するカオナシがやってきます!一緒に写真を撮ることができます。


(5)「耳をすませば」上映会
日 時:2016年11月5日(土曜日)11時〜、15時〜
場 所:佐賀県立美術館ホール
料 金:無料 ※但し、展覧会観覧チケットが必要です。
概 要:映画「耳をすませば」の上映会を2回実施します。
実施方法:【第1回】開場10時30分/11時〜13時【第2回】開場14時30分/15時〜17時(各回、定員450名)


(6)ナイトミュージアム
日 時:2016年11月19日(土曜日)
概 要:通常、18時までの開館時間を2時間延長し、20時まで開館します。※ミュージアムカフェ「cafeTRES」も20時まで営業します。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る