• トップ
  • リリース
  • モバイルマーケティングツールのRepro、iOS10のリッチ通知に対応! アニメーション動画やサウンド付きのプッシュ通知配信が可能に

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

モバイルマーケティングツールのRepro、iOS10のリッチ通知に対応! アニメーション動画やサウンド付きのプッシュ通知配信が可能に

(PR TIMES) 2016年09月26日(月)16時26分配信 PR TIMES

より多様なマーケティン

モバイルアプリ向けのマーケティングツール「Repro(リプロ)」を提供しているRepro株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:平田祐介、以下Repro)は、このたびiOS10からの新しいプッシュ通知機能である「リッチ通知」に対応し、テキストに加えてgifアニメーションや動画、音楽などを付けたプッシュ通知を送ることができるようになりました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/13569/23/resize/d13569-23-665182-0.jpg ]



「リッチ通知」とは、iOS10から搭載される新しいプッシュ通知のことです。gifアニメーション含めた画像を添付できたりロック画面からそのままメッセージを返信することができたりと、従来のプッシュ通知よりも多機能になったので「リッチ通知」と呼ばれています。


iOS10でリッチ通知の提供が開始されたことに伴い、Reproのプッシュ通知機能でも利用できるようになりました。これまでに多くのアプリ事業者にお使いいただいているアナリティクス機能と連動したターゲティングプッシュやプッシュの定期配信とも併用可能です。


リッチ通知を使うことによって、アプリ事業者はテキスト以外のプッシュ通知も送ることができるようになり、開封率を高めるためにより多様な施策をReproから行うことができます。

[画像2: http://prtimes.jp/i/13569/23/resize/d13569-23-357008-0.jpg ]


【利用例】
例えばECアプリでセール情報に関するプッシュ通知を目玉商品の紹介動画付きで送ったり、ゲームアプリで休眠ユーザーに対して特定のゲーム内イベントを知らせる通知のサウンドを変更したりすることで、テキストだけのプッシュ通知よりもユーザーの目を引きやすくなり開封率を高めることができます。

Reproは今後もさらなる機能の拡充を図るとともに、新規アプリの開発支援やアプリ内マーケティングの運用支援なども行い、アプリの成長を支援する企業としてクライアントに貢献してまいります。


【Reproのサービスについて】
Reproはこれまで世界20か国、2,300以上のアプリに導入されているアプリの成長支援ツールです。ファネル分析やリテンション分析などの定量分析機能に加えてユーザーのアプリ内行動を動画として再現する定性分析機能もあり、アプリの課題発見が簡単に行えます。さらに、プッシュ通知やアプリ内メッセージ送信などのアプリ内マーケティング機能も充実しており、アプリの再訪率や課金率を高めることもできます。


◆アプリ成長に向けた無料相談を実施いたします
限定5社のアプリに対し、リッチ通知の実装や利用方法に関する相談を無料でお受けします。技術的なものからReproを活用した効果的な利用方法に関するご相談まで承ります。ご興味のある方は下記よりお問い合わせください。

◆会社概要
会社名:Repro株式会社
代表者:平田祐介
所在地:東京都新宿区西新宿6-15-1 ラ・トゥール新宿 603号室
設立:2014年4月
事業内容:モバイルアプリ向けのマーケティングツール「Repro」の開発・提供

ホームページ:https://repro.io/
Twitter:https://twitter.com/reproio
Facebook:https://www.facebook.com/reproio

アプリの成長を支援するメディア「グロースハックジャーナル」:https://growthhackjournal.com/
Twitter:https://twitter.com/GrowthHackJnl
Facebook:https://www.facebook.com/growthhackjournal/


【本プレスリリースに関するお問い合せ先】
企業名:Repro株式会社
担当者名:伊藤 直樹
TEL:03-6844-3744
Email: media@repro.io
お問い合わせフォーム: https://support.repro.io/hc/ja/requests/new



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る