• トップ
  • リリース
  • 販売店から整備内容をビデオメッセージでお客様に連絡する 「Audi Cam」を4月より本格導入開始

プレスリリース

アウディ ジャパン 株式会社

販売店から整備内容をビデオメッセージでお客様に連絡する 「Audi Cam」を4月より本格導入開始

(PR TIMES) 2017年04月06日(木)12時15分配信 PR TIMES

アフターサービスにおけるお客様とのコミュニケーションと業務効率化を図る先進デジタルサービス
アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:斎藤 徹)は、このたび、お客様との
新しいコミュニケーションツールとして、Audi Cam(アウディ カム)を導入します。

Audi Japan Press Center: https://www.audi-press.jp/

Audi Camは、お客様に整備内容をお知らせするビデオメッセージと、概算見積書をお客様のスマートフォンやPCに送ることができるサービスです。口頭では説明の難しい作業内容の説明や、お客様による作業実施の
承認、作業完了報告などを電子メールとインターネットを介して行い、作業や料金の透明性を高めることで、お客様によりご満足いただくことを目指します。また、お客様の都合の良い時にご確認いただくことで、コミュニケーションとサービス業務の効率化にもつながります。

アウディ ジャパンでは、一部の販売店での一年間のパイロット検証を経て、この4月から本格的にAudi Camの導入を開始します。お客様からの返信機能付ビデオメッセージシステムの導入は、日本における自動車ブランドのアフターサービス業務では初となります。

Audi Camのサービスの手順は以下のようになります。

販売店は、お預かり車両の点検・整備対象箇所の状態を音声による説明と共に撮影し、Audi Camメッセージを作成してお客様に電子メールを送る。
お客様が都合の良い時に電子メールに掲載されているビデオリンクをクリックすると、Audi Camのサイトが立ちあがり、お客様向け整備項目が重要度(緑、黄、赤の3色で表現)と共に表示される。
お客様は各整備項目についての動画と見積りを確認し、整備項目ごとに作業を実施するかどうかを選択して「選択を返信」を押す。
お客様が選択を返信すると、販売店にお客様が希望する作業内容を通知する電子メールが届く。
販売店は、お客様が希望する作業内容を実施し、完了したら電子メールでお客様に連絡する。


アウディ ジャパンでは、Audi Camの導入を通して、お客様とのコミュニケーションをよりスムーズかつ充実させることで、お客様満足度のさらなる向上を図っていきます。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る