• トップ
  • リリース
  • 岡山県、笠岡市のコスモス満開の道の駅が一日限りの野外映画館に。ねぶくろシネマ@岡山・笠岡干拓

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

合同会社パッチワークス

岡山県、笠岡市のコスモス満開の道の駅が一日限りの野外映画館に。ねぶくろシネマ@岡山・笠岡干拓

(PR TIMES) 2018年09月25日(火)10時01分配信 PR TIMES

10月6日(土)岡山県笠岡市にある道の駅 笠岡ベイファームで映画「怪盗グルーの月泥棒」を野外上映(入場無料)。


子供が騒いでも気兼ねなく親子で映画を観られる環境を作りたいと、2015年12月に東京都調布市の父親たちが始めた野外映画館「ねぶくろシネマ」。
32回目は、岡山県笠岡市にある、道の駅笠岡ベイファームにて、ミニオンズシリーズの第1作「怪盗グルーの月泥棒」を上映する。
[画像1: https://prtimes.jp/i/22321/22/resize/d22321-22-322105-4.jpg ]

多摩川河川敷や野球場など日本中の遊休空間で野外上映会を開催してきた「ねぶくろシネマ」。
今度は一面にコスモスが咲く笠岡ベイファームが会場となる。参加費は無料で予約の必要はなく、ねぶくろの持ち込みは必須ではない。 ※雨天は10/7に延期。
[画像2: https://prtimes.jp/i/22321/22/resize/d22321-22-595954-5.jpg ]

子どもも大人も一緒になって楽しめるようなセレクトに定評がある当イベント。今回は人気キャラクターのミニオンズシリーズの初作「怪盗グルーの月泥棒」を上映。
[画像3: https://prtimes.jp/i/22321/22/resize/d22321-22-850445-1.jpg ]

「ねぶくろシネマ」とは、 2015年12月に調布に住む父親たちが、小さなこどもを連れてでも気兼ねなく映画を観られるようにと、多摩川河川敷に一夜限りで作った映画館。自分たちで持ってきた椅子や敷物で座席を作り、会場では声を出してもいい、立ち上がってもいいというのがルール。子ども達の感情から出る素直な言葉や笑い声が作りだすアットホームな雰囲気も「ねぶくろシネマ」の魅力。
[画像4: https://prtimes.jp/i/22321/22/resize/d22321-22-919942-3.jpg ]



[動画: https://www.youtube.com/watch?v=ow-7rV3LuUw ]



【開催 概要】
名称: 第32回
岡山県備中県民局提案型協働事業
第32回 ねぶくろシネマ@岡山・笠岡干拓

日程: 2018年10月6日(土)
開場: 16:30〜
上映: 18:30〜20:30
※日没の時間次第で多少時間が変わります。
※雨天の場合は10月7日 (日)に延期となります。
※イベントの開催可否につきましては、ねぶくろシネマウェブサイト( http://www.nebukurocinema.com/ )をご参照ください。

作品: 怪盗グルーの月泥棒(95分) ※日本語吹き替え版+日本語字幕
場所:道の駅 笠岡ベイファーム イベントスペース
住所: 岡山県笠岡市カブト南町245-5
料金: 無料(定員 約1000名)
参加方法:事前申込不要、当日会場に集合
対象: どなたでも
床: 砂地 (一部芝生)
もちもの:シート、アウトドアチェア、懐中電灯など
※クッションなどをお持ち頂くと快適に過ごせます。
※ねぶくろは必須ではありません。
※テントは使用禁止
※食べ物・飲み物は持ち込み可ですが、ゴミは必ず各自でお持ち帰りください。

ねぶくろシネマ 公式webサイト:http://www.nebukurocinema.com/
ねぶくろシネマ FACEBOOK:https://www.facebook.com/nebukurocinema/

主  催:笠岡干拓×ねぶくろシネマ実行委員会
事 務 局 : ココホレジャパン
共  催:UDCTak(アーバンデザインセンター高島平)
後  援 : 笠岡市
協  賛:三菱自動車工業 / エプソン販売
企画制作:合同会社パッチワークス



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る