• トップ
  • リリース
  • 「中国インバウンド客に快適なキャッシュレス決済を提供するために、日本の小売店が用意すべきものは?」リテールテック出展のユニヴァ・ペイキャストが4月11日無料セミナー開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社ユニヴァ・ペイキャスト

「中国インバウンド客に快適なキャッシュレス決済を提供するために、日本の小売店が用意すべきものは?」リテールテック出展のユニヴァ・ペイキャストが4月11日無料セミナー開催

(PR TIMES) 2017年03月14日(火)17時19分配信 PR TIMES

リテールテックTOKYO 2017のGyro-n Payブースで紹介しきれなかった、決済導入による売上向上施策をご紹介します。

小規模店舗でも手軽にAlipay決済を導入できるアプリ「招待ペイ」、及び、Alipay・クレジット決済をオンラインでも店頭でも使える新しい総合決済ソリューション「Gyro-n Pay(ジャイロン・ペイ)」を、リテールテックTOKYO 2017(3月7〜10日)にて発表したユニヴァ・ペイキャストが、会場ブースでは紹介しきれなかった、「中国インバウンド顧客向けの売上を上げるために決済サービスでできる施策」をテーマにしたフォローアップセミナーを4月11日に開催します。
本セミナーは、主に小売店舗向けにPOSなどの各種システム・サービスを提供してる事業者様を対象とし、(1)中国人消費者にとってのAlipayとは何か? (2)日本の小売店が対応すべき決済とは何か? (3)決済導入にあたっての障壁とそれを低減するソリューションについて (4)導入事例のご紹介、以上4つのトピックスについてお話しします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/16178/22/resize/d16178-22-332959-2.jpg ]

セミナー開催概要


中国インバウンド客に快適なキャッシュレス決済を提供するために、日本の小売店が用意すべきものは?

https://pay.gyro-n.com/seminar/

開催日時:2017年4月11日(火) 16:00-18:00(開場15:30)
定員:30名様
受講料:無料(要事前登録)
会場:
UPC CAFE(ユニヴァ・ペイキャスト内)
東京都港区六本木 3-16-35 イースト六本木ビル2F
日比谷線・大江戸線 六本木駅 徒歩8分 / 南北線 六本木一丁目駅 徒歩7分


[画像2: https://prtimes.jp/i/16178/22/resize/d16178-22-251215-1.jpg ]

○第1部(16:00-16:40):
Alipayとは何か? AlipayをPOSシステムに組み込むには?
マーケティング本部・シニアマーケター 國藤弘展
略歴:2007年入社、営業と商品開発、アライアンス担当を経て現在マーケター。前職ではECの立ち上げと運用も経験。

[画像3: https://prtimes.jp/i/16178/22/resize/d16178-22-652421-3.jpg ]

○第2部(16:50-17:30):
加盟店様への導入・プロモーション事例 POS事業者様への導入事例
リテール営業部 堀内直也
略歴:2013年入社、オンライン決済の提案営業(主に越境ECを担当)を経て現在は店頭向け決済提供を主業務とする。前職は広告代理店。

セミナー参加申し込み
https://pay.gyro-n.com/seminar/


【Gyro-n Pay(ジャイロン・ペイ)について】
Gyro-n Pay(ジャイロン・ペイ)は、Alipayなどの決済サービスを小規模店舗でも手軽に導入できる新しい決済サービスです。接続用ライブラリも完備し、リテール向け、EC向けの各種システムとも容易に繋ぎ込みができるように設計されています。

【株式会社ユニヴァ・ペイキャストについて】
ユニヴァ・ペイキャストは、Gyro-n Payのほか、多通貨・多機能なインターネット決済代行サービスの「IPS」、データフィード広告支援やSEO管理をはじめとするデジタルマーケティング支援ツール「Gyro-n(ジャイロン)」をキーサービスとして、事業者さまのマーケティング活動を支援するITベンチャーです。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る