• トップ
  • リリース
  • 読者を映画制作のバックステージへと誘う、圧巻のオールカラー大事典『世界シネマ大事典』発売!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社 三省堂

読者を映画制作のバックステージへと誘う、圧巻のオールカラー大事典『世界シネマ大事典』発売!

(PR TIMES) 2016年12月09日(金)10時20分配信 PR TIMES

フィリップ・ケンプ[責任編集] 遠藤裕子・大野晶子・片山奈緒美・小林さゆり・高橋知子・寺尾まち子[訳] 三省堂刊 12月9日より発売

株式会社三省堂(東京都千代田区 代表取締役社長 北口克彦)は、イギリスQuintessence社刊行の”THIS IS CINEMA”の日本語版となる『世界シネマ大事典』を2016年12月9日(金)より発売します。
[画像1: http://prtimes.jp/i/14647/22/resize/d14647-22-203512-0.jpg ]


「映画は世界を変えた」

「映画ほど迅速に、広く人気を博した芸術形態があっただろうか?」――本書の「はじめに」で、著者フィリップ・ケンプはこのように述べ、リュミエール兄弟の『工場の出口』(1895)からわずか20年ほどの間に、映画は世界中の大衆が観るものとなっていったと記しています。幻想映画、ホラー映画、SF映画、ドキュメンタリー、コメディ、コスチューム・ドラマ、ロマンス、スリラー、心理ドラマ……と、さまざまなジャンルが早くから出そろい、映画の撮影技術も短い間に多種多様なカメラワークがあみだされてきました。そして同時に、映画は世界各地の社会、技術、歴史、経済といった文脈と密接に関係しながら、発展を続けてきました。

本書では、1990年代の映画草創期から21世紀の現在に至るまで、古今東西の名作映画を、年代別およびジャンル別に分類し網羅しています。それぞれのジャンルごとにポスターや写真を豊富に配し、主要な作品や監督、俳優などについてわかりやすく解説するとともに、歴史年表を付して当時の社会や政治の状況をあわせて理解できる構成になっています。

◆時代背景を踏まえた概説ページ


[画像2: http://prtimes.jp/i/14647/22/resize/d14647-22-199247-1.jpg ]



見開きで個々の映画をとりあげているページでは、作品についての評価も含めた短いエッセイ、写真を使ったあらすじの紹介、映画制作者のプロフィールや関連事項に関するコラムなど、多角的な解説が施されています。日本映画は、小津安二郎『東京物語』、黒澤明『七人の侍』、大島渚『愛のコリーダ』、宮崎駿『千と千尋の神隠し』の4作品が、見開きで詳しく紹介されています。

◆見開きで一作品をとりあげる作品解説ページ

[画像3: http://prtimes.jp/i/14647/22/resize/d14647-22-201348-2.jpg ]



------------------------------------------------------------------------------------------------------

「本書の特徴は、各世代の映画制作者が、過去から現代へ、現代から過去へと視点を変えながら、どれだけ自分たちの先達と対話しているかに注目した点にある。」


――サー・クリストファー・フレイリング「本書について」より


------------------------------------------------------------------------------------------------------


「本書が起爆剤となり、議論、提案、果ては怒りに震えるほどの反論を生み出したり、よしあしはどうあれ再評価につながったり、刺激を受けた読者が、目を向ける機会がなかったかもしれない映画や映画制作者、ジャンル、各国映画を見つけられたとしたら、本書は期待どおりの働きをしてくれたと言えよう。」


――フィリップ・ケンプ「はじめに」より
------------------------------------------------------------------------------------------------------






さあ、このオールカラー576ページ、図版総数1,100点以上という豪華な事典が、あなたを映画制作のバックステージへと誘います。その華やかさ、数々の功績、苦難、挫折、スターの現実を識ることで、今まで目を向ける機会がなかったかもしれない映画を発見できるかもしれません。世界各国の名作映画の多くが、テレビやDVDで簡単に視聴できるようになったいま、ハリウッド中心の外国映画ベスト本とは一線を画した本書は、往年の映画ファンにとっても、新たな刺激を求める若き映画ファンにとっても、格好の手引き書となるでしょう。




【主な目次】

本書について サー・クリストファー・フレイリング
はじめに

■第1章:1900年〜1929年

映画草創期
草創期の長編大作
サイレント映画のヒロインたち
幻想・怪奇映画
冒険活劇
ロシア映画にみる革命
サイレント時代の喜劇
サイレント映画の隆盛
シュルレアリスム映画
トーキーの映画の草創期

■第2章:1930年〜1939年

ゴシック・ホラー
ギャング映画
スクリーンに見る社会
スクリーンの女神たち
フランスの詩的リアリズム
言葉を手に入れた喜劇俳優
大恐慌時代のミュージカル映画
ナチス映画とソビエト映画
初期アニメーション映画
スクリューボール・コメディ
戦争の影

■第3章:1940年〜1959年

プロパガンダとしての映画
フィルムノワール
イタリアのネオレアリズモ
戦後のイギリス映画
フランス映画
ハリウッド・ミュージカル
北欧映画
アジア映画
戦後のハリウッド
反抗する若者たち
冷戦時代の映画
ハリウッドの西部劇
ヌーベルバーグ

■第4章:1960年〜1969年

ブリティッシュ・ニューウェイヴ
ラテンアメリカ映画
アメリカン・ニューシネマ
セックスと映画
スパイ映画
SF映画
ホラー映画
ヨーロッパ映画
マカロニウエスタン

■第5章:1970年〜1989年

西ヨーロッパの映画
ニュー・ジャーマン・シネマ
ニューホラー
ハリウッド犯罪映画
ハリウッド・パラノイア
アメリカのドラマ
ハリウッド超大作
オーストラリア・ニューウェイヴ
アジア映画
ミュージカル新時代
アフリカ映画
ベトナム戦争の遺産
アクション冒険映画
80年代コメディ映画
イギリス映画
サイコロジカル・ドラマ
ヨーロッパ映画
カナダ映画
中国映画

■第6章:1990年代以降

ヨーロッパ歴史映画
ハリウッド映画
アメリカ・インディペンデント映画
オーストラリア映画
イギリス・アイルランド映画
ヨーロッパ映画
CGIと特殊効果
アニメーション映画
ホラーの新展開
東アジアの映画
イラン映画のニューウェイヴ
ラテンアメリカ映画
ポストミレニアムのイギリス映画
ファミリー向け超大作
ミレニアム後のヨーロッパ映画
ボリウッド映画
9・11後のアメリカ映画
ミレニアム後のフランス映画

執筆者紹介
訳者紹介・訳者あとがき
索引
図版出典一覧


【商品概要】

書名:世界シネマ大事典
著者:フィリップ・ケンプ 責任編集、遠藤裕子ほか 訳
定価:本体4200円+税
発売日:2016年12月9日(金)より(発売日は地域によって異なります)
体裁:B5変型判/576ページ
ISBN:978-4-385-16232-4

【ネット書店でのご購入はコチラ】
・Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4385162328
・楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/rb/14556215
・honto https://honto.jp/netstore/pd-book_28167175.html
・紀伊國屋書店ウェブストア https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784385162324
・三省堂ウェブショップ http://shop.sanseido-publ.co.jp/item/00002198.html


【三省堂について】
会社名:株式会社三省堂
本社所在地:〒101-8371 東京都千代田区三崎町2丁目22番14号
創業:1881年(明治14年)4月8日
代表取締役社長:北口克彦
従業員数:159名(2016年12月1日現在)
資本金:7,000万円
事業内容:辞書、事典、学習図書、一般図書、電子出版物、小学校・中学校・高等学校教科書の出版・販売、情報提供サービス
URL: http://www.sanseido.co.jp/


【本件に関するお問合せ先】
株式会社三省堂 営業局 販売部 販売宣伝課
Tel:03-3230-9562
E-mail:www-info@sanseido-publ.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る