• トップ
  • リリース
  • 株式会社ソラスト、20,000人の社員を対象にインセンティブ・ポイントを導入

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社ソラスト、20,000人の社員を対象にインセンティブ・ポイントを導入

(PR TIMES) 2017年05月31日(水)11時52分配信 PR TIMES

医療・介護・保育の現場で働く社員のモチベーションを高めて、生産性の改善を目指す

株式会社ソラスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:石川 泰彦)は、医療機関に勤務する医療事務職の社員約20,000人を対象にインセンティブ・ポイント(以下:「ソラストポイント」)制度を2017年5月より導入します。同制度は、社員へのレコグニション(感謝と承認)推進の一環として、2015年に介護職・保育職の社員約3,000名を対象に先行導入していましたが、今回の医療事務職への導入拡大によって、現場で働くより多くの社員のモチベーションを高め、さらなる生産性の改善を目指します。
ソラストポイントとは、勤続年数やサービス品質向上・業務効率改善に結び付く取り組みなど、一定の付与基準に応じて社員へポイントを付与し、社員は貯まったポイントに応じて様々な商品と交換できる福利厚生制度です。日々の業務における工夫や改善を奨励することで社員のモチベーションを高め、サービスの質の向上と生産性の改善に寄与し、業績の向上につながることを期待しております。また、社内研修制度ともリンクさせ、自己研鑚や資格取得もポイント付与対象とすることで、社員のキャリアアップを支援します。


[画像1: https://prtimes.jp/i/11140/22/resize/d11140-22-709116-2.jpg ]

ポイントの確認や交換は、専用サイト上のマイページから社員各自で自由に行うことができます。ポイントの有効期限は在籍中無期限としており、長く働き続けることで、着実にポイントを貯めていくことが可能です。貯めたポイントは、100ポイント(100円相当)から商品と交換が可能です。商品は家電製品や旅行など、約20,000点のアイテムが用意されています。




2015年の介護職・保育職への導入以来、延べ4,500人がポイントを獲得しています。今回の医療事務職への拡大によって、事業現場で働く全ての社員への導入を実現しました。先行導入した介護職・保育職の社員からは、「仕事をしてポイントが貯まるので嬉しい」「業務の励みになる」など大変好評を得ております。また、これまでの導入効果として、「Thanksポイント」(*)の付与頻度が高い事業所は、他の事業所に比べて、社員の定着率が高い傾向が見られています。
*「Thanksポイント」:ポイントの種類の1つ。上長から日頃の感謝や、行動評価が付与基準となっている。

[画像2: https://prtimes.jp/i/11140/22/resize/d11140-22-191730-1.jpg ]

当社事業の中核を成すものはすべて「人」です。そのため、当社は「人」に関する施策を会社の成長戦略の1つとして位置付けています。今後もレコグニションの推進をはじめ、社員の処遇改善や人材育成、コミュニケーションの充実、業務・職場改善など、社員の成長を支える様々な取り組みを強化することで、お客さまへより良いサービスを提供してまいります。



■ソラストポイントの概要
・ポイント付与基準:業務改善、勤続年数、社員紹介、研修成績、資格取得、誕生日等
・ポイント確認・交換方法:専用Webサイト使用
・ポイント有効期限:無期限(在籍中)
・使用可能なデバイス:パソコン、タブレット、スマートフォン、フィーチャーフォン
・アイテム数:21カテゴリ、約20,000アイテム
・ポイント換算:1ポイント=1円
・商品交換に必要なポイント数:100ポイント以上

■株式会社ソラスト(旧社名:株式会社日本医療事務センター)
1965年に日本初の医療事務教育機関として創業し、2015年10月に創業50周年を迎えました。2016年6月29日に東証1部上場[6197]。
約2万4千人の社員を擁するソラストは、全国の医療機関から医療事務を受託する医療関連受託サービスをはじめ、首都圏、関西圏、名古屋地区で訪問介護や通所介護など在宅系を軸とした「介護サービス」、東京都認証保育を中心とした「保育サービス」を展開しています。
2017年3月期の売上高は654億円。
◇ コーポレートサイト http://www.solasto.co.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る