• トップ
  • リリース
  • 全国の地方自治体行政職員・自立する民間まちづくりプレイヤーを対象に、官民連携によるまちづくりの4つの先進都市独自の成功モデルに学ぶ「官民連携まちづくり塾」を開催します。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社リノベリング

全国の地方自治体行政職員・自立する民間まちづくりプレイヤーを対象に、官民連携によるまちづくりの4つの先進都市独自の成功モデルに学ぶ「官民連携まちづくり塾」を開催します。

(PR TIMES) 2018年07月17日(火)10時01分配信 PR TIMES

4つの先進都市・地域(和歌山、岡崎、草加、紫波)でそれぞれ独自の進化を遂げた事業モデル。現地の事例視察や、行政および民間の実践者のレクチャーを手がかりに、各事業モデルを紐解きます。

【官民連携まちづくり塾開催】
今ある資源を活かし都市経営課題を解決する手法「リノベーションまちづくり(※)」に全国50都市以上で取り組む株式会社リノベリングは、この度「官民連携まちづくり塾」を開催します。地域の実情に合わせた独自の事業モデルを確立させエリア再生が進んでいるリノベーションまちづくりの4つの先進都市・地域(和歌山、岡崎、草加、紫波)について、これまでの官民連携のまちづくりプロセスに着目し、実践者である現地の自治体行政職員や民間プレイヤーのレクチャーと、現地の実案件視察を通して、各地独自の事業モデルの手法を紐解き、理解を深めて頂くスクールです。(各地の事業モデル:添付資料参照)

リノベーションまちづくりに着手していない地方自治体行政職員の方々はもちろん、すでに着手している地方自治体行政職員の方々、自立する民間まちづくりプレイヤーの方々、自らのまちでのアクションに繋げるきっかけ作りのために、ぜひご参加ください。
【開催趣旨】
今回各地で開催する「官民連携まちづくり塾」では、これら4つの先進地域でエリア再生の取り組みがどのように始まり、どのようにエリアを選び、どのようなリノベーションまちづくりの手法をどういう手順で導入し、どのように庁内調整を行い、どのように民間事業者を発掘し巻き込み、どのように官民連携は実現したのか。実践者である現地の行政職員や民間プレイヤー等のレクチャーや現地の実案件視察を通して、各地の独自の事業モデルの手法を紐解き、理解を深めて頂きます。実績のある都市は、異なるやり方を組み合わせて、異なるプロセスを官民が協力してつくりあげていることが特徴としてあります。これらのプロセスを各地で参考にする上で、都市規模や財政状況、潜在資源の違いは重要ではありません。

先進地における実践者の生の声とリアルな事例からそのプロセスを学び、自らのまちで実際に都市経営を改善したいと考える行政職員、ビジネスとして稼ぎながら都市地域再生を行い自らのまちを変えて行きたい民間自立型まちづくりプレイヤーを対象に、参加者を募集します。

【各地開催情報】
和歌山市 8月28日(火)〜30日(木)
スクールマスター:嶋田洋平
応募フォーム:https://re-re-re-renovation.jp/schools/kanmin-wakayama

草加市 10月12日(金)〜14日(日)
スクールマスター:青木純
応募フォーム:https://re-re-re-renovation.jp/schools/kanmin-soka

岡崎市 11月16日(金)〜18日(日)
スクールマスター:西村浩
応募フォーム:https://re-re-re-renovation.jp/schools/kanmin-okazaki

紫波町 11月19日(月)〜21日(水)
スクールマスター:青木純
応募フォーム:https://re-re-re-renovation.jp/schools/kanmin-shiwa

【主なプログラム】   (タイムスケジュール(仮):添付資料参照)
・現地の事例視察
・現地の実践者(行政職員&民間事業者)等によるレクチャー
・ユニットワーク(自らのまちにおける5カ年計画の検討)&ワークショップ
・プレゼンテーション&講評

【参加者募集内容】
各回50名〜100名
行政職員:3人〜4人一組で参加のこと(地方自治体職員・都道府県職員・中央官庁職員等)
民間事業者:3人〜4人一組で参加のこと(家守会社・家守候補・都市再生推進法人候補等)

【別添参考資料】
https://prtimes.jp/a/?f=d15038-20180717-8833.pdf

[表: https://prtimes.jp/data/corp/15038/table/21_1.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る