• トップ
  • リリース
  • 【グルメギフトに関する意識調査】贈りたいグルメ1位は「和菓子」、貰いたい1位はブランド牛などの「肉」

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

リンベル株式会社

【グルメギフトに関する意識調査】贈りたいグルメ1位は「和菓子」、貰いたい1位はブランド牛などの「肉」

(PR TIMES) 2016年07月19日(火)15時11分配信 PR TIMES

〜貰いたいグルメでは男性の1位は「肉」、女性の1位は「果物」と嗜好分かれる〜

リンベル株式会社(以下リンベル、本社:東京都中央区、代表取締役社長:東海林秀典)は、グルメギフトに関する意識調査を実施しましたので、公表いたします。
お中元・暑中見舞いにグルメギフトを贈答品として贈る方も多いと思いますが、贈答者はどんなグルメギフトを贈りたいと感じ、また被贈答者は、どのようなグルメギフトを貰ったらうれしいと感じているのでしょうか。グルメギフトに関する贈答意識の実態を明らかにするために、本調査を実施いたしました。
【結果概要】
<贈りたいグルメギフト>
★「和菓子」が全体の割合の46.4%と最も高く、以下「洋菓子」(39.4%)、「酒類」(20.8%)と続く
<貰いたいグルメギフト>
★「肉(生鮮)」が34.1%と最も高く、以下「酒類」(27.4%)、「果物」(25.2%)と続く
<贈りたいグルメギフトと、貰いたいグルメギフトの関係>
★「生鮮肉」、「酒類」、「果物」などは、贈りたいという声に対し、貰いたい人の割合が高く、特に「生鮮肉」はその差が大きい
<贈りたいグルメギフトと、貰いたいグルメギフトの関係(項目別)>
★『酒類』の中で、贈りたい商品1位は「ビール」(37.0%)
★貰いたい商品は「日本酒」が1位(36.1%)、以下、「焼酎」(17.2%)、「ワイン」(15.7%)と続く
★『生鮮肉』の中では、贈りたい・貰いたいどちらも「松阪牛」が1位と圧倒的な人気
<購入経路・情報収集経路>
★約7割が「デパートやスーパーなどの店舗に出向いて購入」と回答
★情報収集経路は、「インターネットのグルメサイトから」が67.6%で最も高い

======================調査概要======================
■調査対象:グルメ関度の高い40〜69歳の男女。※趣味を選択する項目で「グルメ」を選択した方
■調査方法:インターネット調査
■調査時期:2016年2月26日(金)〜29日(月)
■サンプル数:1000名(男性:499名、女性501名)

[表1: http://prtimes.jp/data/corp/12798/table/21_1.jpg ]


 贈りたいグルメギフトを尋ねたところ、「和菓子」が全体の割合の46.4%と最も高く、2位が「洋菓子」(39.4%)と菓子類はどちらも約4割を占め、相手を選ばないものを選ぶ傾向がみられた。以下、「酒類」(20.8%)、「果物」(18.1%)、「生鮮肉」(13.4%)と続く。
 男女別に見てみると、男女とも1位「和菓子」、2位「洋菓子」となったが、3位では、男性は「酒類」(30.5%)、女性は「果物」(20.6%)と嗜好が分かれる結果に。

[画像1: http://prtimes.jp/i/12798/21/resize/d12798-21-305781-0.jpg ]


[表2: http://prtimes.jp/data/corp/12798/table/21_2.jpg ]


 貰いたいグルメギフトを尋ねたところ、「生鮮肉」が34.1%と最も高く、以下「酒類」(27.4%)、「果物」(25.2%)、「魚介類」(24.0%)、「洋菓子」(17.7%)と続く。
 男女別に見てみると、男性の1位は「生鮮肉」(39.3%)、以下、2位「酒類」(36.5%)、3位「魚介類」(26.3%)と続く一方、女性の1位は「果物」(30.1%)と男女差が明確に。以下、女性の2位は「生鮮肉」(28.9%)、3位「洋菓子」(25.9%)となり、「生鮮肉」は男女共に根強い人気をみせている。

[画像2: http://prtimes.jp/i/12798/21/resize/d12798-21-874766-1.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/12798/21/resize/d12798-21-966838-6.jpg ]


[表3: http://prtimes.jp/data/corp/12798/table/21_3.jpg ]


 贈りたいグルメギフトと、貰いたいグルメギフトの各平均を上回る商品群(下図の網がけ部)の中で、「洋菓子」は、贈りたいという声に対して、貰いたい人の割合は低い。一方、「生鮮肉」、「酒類」、「果物」などは、贈りたいという声に対し、貰いたい人の割合が高い。特に「生鮮肉」は、贈りたいものでは5位(13.4%)だが、貰いたいものでは1位(34.1%)と、その差が大きかった。
[画像4: http://prtimes.jp/i/12798/21/resize/d12798-21-904423-2.jpg ]



[表4: http://prtimes.jp/data/corp/12798/table/21_4.jpg ]


 贈りたいグルメギフト、貰いたいグルメギフトの具体的な商品名を尋ねた。
 『酒類』では、贈りたい商品の1位が「ビール」(37.0%)だったのに対し、貰いたい商品では「ビール」は5位以下という結果となった。貰いたい商品では「日本酒」が他と大きく差をつけて1位(36.1%)。以下、「焼酎」(17.2%)、「ワイン」(15.7%)と続く。『果物』では、贈りたい商品で3位だった「マンゴー」(10.6%)が、貰いたい商品では他を引き離し1位(33.3%)となっている。『生鮮肉』をみると「松阪牛」が、贈りたい(23.9%)、貰いたい(41.1%)、どちらも1位で圧倒的な人気をみせ、2位以下も日本を代表するブランド牛が多数あがった。
[画像5: http://prtimes.jp/i/12798/21/resize/d12798-21-337940-3.jpg ]



[表5: http://prtimes.jp/data/corp/12798/table/21_5.jpg ]

 グルメ商品の購入経路を尋ねたところ、「デパートやスーパーなどの店舗に出向いて購入」が70.1%で最も高く、次いで「ショッピングサイトで購入」が57.7%と続く。

[画像6: http://prtimes.jp/i/12798/21/resize/d12798-21-453987-4.jpg ]

 グルメ商品に関する情報収集経路を尋ねたところ、全体では、「インターネットのグルメサイトから」が67.6%で最も高く、2位は「テレビ・新聞・雑誌のグルメ情報から」(62.0%)。性別でみると、女性は「食に詳しい友人・知人から」が45.3%と男性よりも口コミの影響力が高い結果となった。
[画像7: http://prtimes.jp/i/12798/21/resize/d12798-21-243116-5.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る