• トップ
  • リリース
  • 「ビーンスタークマム葉酸+鉄+亜鉛」「ビーンスタークマム葉酸+鉄+Ca」新発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

雪印ビーンスターク株式会社

「ビーンスタークマム葉酸+鉄+亜鉛」「ビーンスタークマム葉酸+鉄+Ca」新発売

(PR TIMES) 2017年02月02日(木)11時40分配信 PR TIMES

妊娠前から妊娠期に大切な栄養素が1つになったサプリ2商品が新登場 平成29年3月より販売スタート

雪印メグミルクグループの雪印ビーンスターク株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:平田 公孝)は、「ビーンスタークマム 葉酸+鉄+亜鉛」と「ビーンスタークマム 葉酸+鉄+Ca」の2商品を平成29年3月より発売いたしますので、ご案内いたします。本商品は、妊娠前から妊娠期に大切な栄養素である葉酸をはじめとする様々な栄養素を1日1粒または3粒で補うことができるサプリメントです。
[画像1: https://prtimes.jp/i/11145/21/resize/d11145-21-702067-0.jpg ]

「ビーンスタークマム 葉酸+鉄+亜鉛」は、特に赤ちゃんが欲しいと思っている方におすすめのサプリメントです。妊娠前〜妊娠期に必要な栄養素である「葉酸・鉄」に加え、妊娠を希望している女性を対象とするアンケート調査で多くの方が摂りたいと回答した「亜鉛」を1 日1粒で摂取できます。
また「ビーンスタークマム 葉酸+鉄+Ca」は、前述のアンケートの結果、妊娠中の女性が摂りたいと回答した上位3 種類の栄養素を1 日3 粒で摂取できます。2 品とも水で飲むタイプのサプリメントです。

[画像2: https://prtimes.jp/i/11145/21/resize/d11145-21-253269-1.jpg ]

また、妊娠を希望している女性を対象とするアンケート調査では、42.3%の方が「サプリメント摂取」を妊活として行っていると回答しており、妊娠を希望する方の栄養補給の手段としてサプリメント摂取が定着しつつあります。このような背景から、妊娠前〜妊娠期の女性に大切な栄養素を手軽に摂取できる本商品の発売に至りました。


[画像3: https://prtimes.jp/i/11145/21/resize/d11145-21-682790-2.jpg ]

【栄養素に関する情報】
●葉酸
水溶性ビタミンB 群の一種である葉酸は、先天異常の1つである神経管閉鎖障害との関連が指摘されています。厚生労働省は、妊娠を計画している女性や妊娠初期の女性に通常の食品に加えて栄養補助食品等から1 日400μg の葉酸を摂取するよう呼びかけています。(「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」平成12 年12 月28 日)

一方で妊娠前や妊娠中の女性の葉酸摂取に関して、課題があることが指摘されています。厚生労働省 難治性疾患克服事業・研究班 葉酸普及研究会のWEB サイトでは、神経管閉鎖障害の一つである二分脊椎の発症率について諸外国での発生頻度は減少しているのに対し、日本では増加傾向であるというデータが掲載されています。
また、日本先天異常学会は平成28 年12 月に「葉酸サプリメントの摂取により神経管閉鎖障害の発症リスクを減らしましょう」というメッセージを発表しています。
(メッセージ抜粋)「日本先天異常学会は、神経管閉鎖障害(脳や脊髄の生まれつきの障害)の発症リスクを低減するために次のメッセージを発信します。妊娠を計画している女性、または妊娠中と考えられる女性が、妊娠前4 週から妊娠12 週までの期間、葉酸サプリメントによって毎日葉酸を400 マイクログラム = 0.4 mg を摂取すると、お子さんに神経管閉鎖障害が起きるリスクが低下します。…中略… 妊娠女性の葉酸サプリメントの摂取は10-20%に留まり、神経管閉鎖障害の本邦発生率は減少傾向が示されていません。…以下略」
出典:日本先天異常学会(メッセージリンク先 http://jts.umin.jp/new/JTS_message2017.pdf

●鉄
血液と関係が深く、女性が不足しがちな栄養素の一つです。ヘモグロビンの構成元素で、酸素の運搬に重要な役割を担っています。赤ちゃんの成長に重要な栄養素で、妊娠期(特に中期〜後期)は多く必要とされています。
厚生労働省の「平成24 年国民健康・栄養調査報告」によると、「日本人の食事摂取基準(2015 年版) 」における妊娠中期・後期の推奨量(付加量を含む)が1 日21.0mg〜21.5mg であるのに対し平均摂取量は6.1mg で、推奨量の3 分の1 にも満たないことが分かっています。

●亜鉛
身体の中の多くの酵素に含まれ、細胞の成長や分化に関わる重要なミネラルです。200 種以上の酵素の活性化、ホルモンの合成や分泌の調節、DNA 合成、たんぱく質合成、免疫反応の調節など、体内の種々の生理機能に重要な役割を果たしています。妊娠期に特に摂取すべきミネラルですが、成人女性の半数以上が推奨量を摂取できていない栄養素ともされています。

[画像4: https://prtimes.jp/i/11145/21/resize/d11145-21-299432-3.jpg ]

●カルシウム
母体から胎児に供給される重要なミネラルです。当社の調査では、妊娠初期の女性の約4 割、妊娠中期〜後期の女性の約5 割が、カルシウムの摂取を心がけていると回答しています。「日本人の食事摂取基準(2015 年版)」の18 歳以上の女性の推奨量は1 日650mg です。一方、平成24 年度国民健康・栄養調査によると、20 歳代妊婦の平均摂取量は429mg で、推奨量に比べて、約200mg 不足しております。


[画像5: https://prtimes.jp/i/11145/21/resize/d11145-21-655122-4.jpg ]

【ビーンスタークマムシリーズ商品】

[画像6: https://prtimes.jp/i/11145/21/resize/d11145-21-782004-5.jpg ]

・ビーンスタークマム 毎日葉酸+カルシウム
1 日3 粒で葉酸400μg、カルシウム200mg を摂取できます。
すっきりぶどう風味の食べるタイプのタブレットです。
大切な6 種類のビタミンB群もあわせてとれます。


[画像7: https://prtimes.jp/i/11145/21/resize/d11145-21-833141-6.jpg ]

・ビーンスタークマム 毎日葉酸+鉄 これ1 粒
1 日1 粒で葉酸400μg、鉄13mg が摂取できます。
すっきりレモン味の食べるタイプのタブレットです。
大切な6 種類のビタミンB群もあわせてとれます。


[画像8: https://prtimes.jp/i/11145/21/resize/d11145-21-543260-7.jpg ]

・ビーンスタークマム 毎日カルシウム+鉄
授乳期に不足しがちなカルシウムや鉄などのミネラルを摂取できます。
いちごヨーグルト味の食べるタイプのタブレットです。
8 種のビタミンもあわせてとれます。
栄養機能食品(マグネシウム、ビタミンD)です。


[画像9: https://prtimes.jp/i/11145/21/resize/d11145-21-914186-8.jpg ]

・ビーンスタークマム 赤ちゃんに届くDHA
母乳で育てるすべてのお母さんにおすすめの商品です。
母乳に含まれるDHA の量は、お母さんが日頃の食生活でとる
DHA の量に影響されるといわれています。
妊娠期から母乳授乳中に毎日の食生活にプラスしていただきたい食品です。


[画像10: https://prtimes.jp/i/11145/21/resize/d11145-21-117946-9.jpg ]

・ビーンスタークマム 3つの乳酸菌M1
母乳には赤ちゃんをアレルギーからまもる力があるといわれています。
乳酸菌はからだに良いことばかりでなく、母乳にも良いことが最近の
研究で明らかになっております。
妊娠期から母乳授乳中に毎日の食生活にプラスしていただきたい食品です。


【企業情報】
雪印メグミルクグループ
雪印ビーンスターク株式会社 (Bean Stalk Snow Co., Ltd.)
設 立 :平成14 年8 月7 日
代表者 :代表取締役社長 平田 公孝
URL: :http://www.beanstalksnow.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る