• トップ
  • リリース
  • 全労済協会は「介護離職のない社会をめざす会」に賛同し活動します。

プレスリリース

一般財団法人全国勤労者福祉・共済振興協会

全労済協会は「介護離職のない社会をめざす会」に賛同し活動します。

(PR TIMES) 2016年03月29日(火)19時25分配信 PR TIMES

〜家族介護者・介護従事者の離職をなくす社会の実現に向けて、立場を超えて各界団体や個人が結集!〜

全労済グループの基本三法人の一つでありシンクタンク事業を担う全労済協会(一般財団法人 全国勤労者福祉・共済振興協会 理事長:高木 剛)では、本年3月23日に発足し、記念フォーラムを開催した「介護離職のない社会をめざす会」の主旨や考え方に賛同し、今後の政策提言や法整備に向けた啓発やロビー活動を応援してまいります。
昨今、「介護離職ゼロ」との言葉が広く伝わっています。しかし、その実行に向けた具体的な政策は不透明の感があります。今求められているのは、「介護者の支援」を軸とした総合的な施策の提示と、その施策の実現に向けた具体策の実行だと思われます。こうしたことから、「介護離職のない社会をめざす会」は、以下のような主旨と構成で発足いたしました。


[表: http://prtimes.jp/data/corp/8371/table/21_1.jpg ]


プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る