• トップ
  • リリース
  • J-Money誌外国為替市場調査の個人別テクニカル分析ディーラー部門で3年連続1位

プレスリリース

  • 記事画像1

J-Money誌外国為替市場調査の個人別テクニカル分析ディーラー部門で3年連続1位

(PR TIMES) 2016年10月27日(木)13時05分配信 PR TIMES

金融専門誌「J-Money」が主催する「第26回東京外国為替市場調査」における、テクニカル分析ディーラー個人別ランキングで、シティのチーフFXストラテジストである高島修が、1位を獲得しました。本調査において高島が1位を獲得するのは、2014年以来3年連続3回目となります。
J-Money誌の「東京外国為替市場調査」は、事業法人、金融法人、外国為替証拠金取引会社が参加し毎年行われるものです。個人別のベスト・ディーラー/ストラテジストの投票は、カスタマー、デリバティブ、ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析の4つの部門があり、月間平均取引金額に応じた規定ポイントで計算されます。

シティ全体では「2016年総合評価ランキング」においては、全体では昨年から順位を上げて5位となりました。グローバルなネットワーク、取引プラットフォーム、商品の多様性などが評価につながりました。シティの為替業務の最大の特徴は、世界83カ国でエマージング・マーケットを含めたあらゆる通貨を取り扱うネットワークです。また、電子取引も重視しており、基幹プロダクトのCitiFX Velocity、企業向けのCitiFX Pulse、取引の執行だけではなく決済まで可能なFXPBといったプラットフォームを提供しています。さらに、多様な商品を組み合わせた「ソリューションの提供」にも強みがあります。

「第26回東京外国為替市場調査」の結果について、シティのチーフFXストラテジスト高島修は以下のように述べています。「高い評価をいただくことができ光栄です。相場観を出すにあたってはテクニカル分析を重視し、また、新興国経済や原油価格なども含め世界全体の様々な経済的要素を横断的に分析しています。このような相場観の出し方についてご評価いただいたものと思います。今後とも、歴史的な金融経済の変化をいち早く的確にとらえ、論理的な分析としてお伝えしていきたいと思います。」

シティは、世界160以上の国と地域に約2億の顧客口座を有する世界有数のグローバルな銀行です。個人、法人、政府機関などのお客様に、個人向け銀行業務、クレジットカード、法人・投資銀行業務、証券業務、トランザクション・サービス、資産管理など、幅広い金融商品とサービスを提供しています。

詳しくはこちらをご覧ください。
www.citigroup.com | Twitter: @Citi | YouTube: www.youtube.com/citi | Blog: http://new.citi.com | Facebook: www.facebook.com/citi | LinkedIn: www.linkedin.com/company/citi

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る