• トップ
  • リリース
  • オンラインセミナー!18歳以下100名まで無料招待、「トップアスリートから学ぶメンタルスキル」トークライブを開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社アイディアヒューマンサポートサービス

オンラインセミナー!18歳以下100名まで無料招待、「トップアスリートから学ぶメンタルスキル」トークライブを開催

(PR TIMES) 2021年04月22日(木)08時45分配信 PR TIMES

〜未来を担う子どもたちにアイディアができること〜

株式会社アイディアヒューマンサポートサービス(本社:東京都渋谷区 代表取締役:浮世 満理子、以下アイディアヒューマンサポートサービス)は、コロナ禍の中でジュニアアスリートや子どもたちを対象にメンタルのスキルを習得するためのトークライブを開催します。現代社会において感情をコントロールし、逆境を乗り越えるメンタルを育てることで子どもたちの未来に貢献することを目的としています。
主催:株式会社アイディアヒューマンサポートサービス
後援:一般社団法人日本メンタルトレーナー協会

報道関係社各位


【背景】
長引くコロナ禍の中、ジュニアアスリートのトレーニングの制限や、学習を進める子どもたちに不安が広がっています。国立成育医療研究センターが2020年11月17日〜12月27日まで0歳児から高校3年生の保護者にインターネット調査を行った結果、中学生の保護者の回答では、コロナ禍になり、「すぐにイライラするようだ」が 42%、「最近、集中できないようだ」が40%となり、コロナ禍での生活に強くストレスを感じていることが報告されました。また、保護者の子どもへの関わり方として、ここ最近1か月間で「感情的に怒鳴った」が 64%と、保護者のストレスも高まり、保護者の支援も重要であることが考えられます。また、2020年5月に、Facebook、Twitterなどのソーシャルメディアを通じて実施された新型コロナウイルス感染症パンデミックに伴う学校閉鎖やスポーツ活動中止による精神状態や身体活動への影響を調査(全米の未成年アスリート1万3,000人以上を対象)では、うつ症状が認められる割合は女性が75.7%、男性が59.7%となったと報じられました。この調査結果からも、新しい生活様式に合わせたメンタルケアの必要性が急務であることが把握できます。
 以上の背景から、アイディアヒューマンサポートサービスでは、トップアスリートをお招きしたトークライブを子どもたちに無料公開します。

【本セミナーの内容】
本セミナーでは、日本メンタルトレーナー協会の理事でメンタルトレーナーとして活動している吉田貴志が、トップアスリートと対談を行い、「成功者のメンタルのつくり方」をはじめとしたメンタルスキルのノウハウを紹介する、オンラインセミナーを開催いたします。
また、ゲストには日本の野球界で歴史を作った3名のトップアスリートをお招きします。

5月:野球評論家であり、読売巨人軍特別顧問で現役時代は巨人軍を牽引、アテネ五輪でも活躍された高橋由伸氏。
6月:野球解説者であり、スポーツコメンテーターの元阪神タイガースで現役時代は「代打の神様」と称された桧山進次郎氏。
7月:野球解説者、野球評論家であり、現役時代は数々の賞を受賞し、巨人軍の司令塔として攻守ともに活躍された村田真一氏
「子どもを元気にしたい」という目的のもと、18歳以下の方は各トークライブ100名までご無料招待します。(おひとり様1トークライブ)

【本プログラムの詳細、お申込み】
以下のURLからフォームに入り、お申込いただいた方には、オンライン参加に必要な情報をお伝えします。お手元のスマホやタブレット、パソコンで簡単に出来る操作なのでご安心下さい。

https://www.idear.co.jp/202105-yoshida-mentaltraining/

★本イベントは吉田貴志が講師を担当している「プロとして自分を輝かせるメンタルトレーニング」プログラムの一部を公開するトークライブとなります。無料ご招待は18歳以下の方のみとなり、大人の方は本コースをお申込みの方のみとなりますので、予めご了承ください。
本コースのお申し込みをご希望の方は、上記URLよりお入りいただき、講座内容が記載された下部のお申込みフォームからお申込みください。
※お申し込みが定員に達した場合は「本コース」お申込みのご家族がいらっしゃる方からの優先となります。

【子どもたちを元気にしたい!スペシャルトークライブ】
◆講師紹介◆
講師:吉田 貴志
一般社団法人日本メンタルトレーナー協会理事
全国心理業連合会公認上級プロフェッショナル心理カウンセラー
メンタルトレーナー
[画像1: https://prtimes.jp/i/47506/20/resize/d47506-20-997183-0.jpg ]


≪プロフィール≫
子供の頃からプロ野球選手に憧れ、学生時代は野球に没頭し、広島国泰寺高等学校卒業。広島修道大学卒業後、1990年テレビ朝日入社。テレビ朝日入社後、スポーツ局にて長嶋茂雄監督、松井秀喜選手の巨人入団と同時に、巨人担当となる。ディレクター、プロデューサーとして番組に関わる一方、スポーツ番組のコメンテーターとして数々の番組に出演。退社後スポーツジャーナリストとして、新たな道を切り拓き、ニュースステーション、報道ステーション、ゲットスポーツなどに出演。福岡では、なじみのソフトバンクのフォックススポーツのメインキャスターとして出演。俳優としても、幅広く活動。古畑任三郎、着信ありなどにも出演。
アイディアヒューマンサポートアカデミーにて、メンタルトレーニング、カウンセリングを学び、現在は後進のプロ育成のため講師としても活動。メンタルトレーナーとして、プロ野球選手、プロゴルファー、プロテニスプレイヤーなどのトップアスリートから、高校野球、受験生、企業など、幅広い分野へのメンタルトレーニングを提供。

■スペシャルゲスト■
1.2021年5月15日(土)18:00-19:40
高橋由伸氏
野球評論家・読売巨人軍特別顧問
[画像2: https://prtimes.jp/i/47506/20/resize/d47506-20-507366-4.png ]


≪プロフィール≫
1975年4月3日生。千葉県千葉市出身。
神奈川・桐蔭学園高では1年夏、2年夏に甲子園出場。慶大に進学し、1年春から4年秋までのリーグ戦全試合フルイニングでプレー。三冠王獲得、通算23本塁打の東京六大学新記録を樹立するなど、神宮球場で数々の記録を打ち立てる。97年ドラフト1位で巨人軍に入団。新人年から開幕スタメンを勝ち取り、巨人では長嶋茂雄以来となる新人打率3割をマーク。以降は松井秀喜氏(元NYヤンキース)らと共に球界を代表する選手としてチームを牽引。04年にはアテネ五輪にも出場し、オリンピアンとして銅メダル獲得にも貢献した。15年現役引退と同時に、読売巨人軍第18代監督に就任。3シーズンの指揮を執り、19年から野球評論家として新たな道を歩み始めている。


2.2021年6月26日(土)18:00-19:40
桧山 進次郎氏
野球解説者・スポーツコメンテーター
[画像3: https://prtimes.jp/i/47506/20/resize/d47506-20-828735-3.jpg ]

≪プロフィール≫
元プロ野球選手(外野手)。現役時代は阪神タイガースに22年間所属、背番号は24。
平安高校を経て、東洋大学へ進学。東洋大2年生時に首位打者を獲得。4年生の春には、主将としてリーグ優勝に貢献する。1991年ドラフト4位で阪神タイガースに入団。2001年から2003年までの3年間選手会長に就任し、2003年に4番に抜擢されると対中日戦で史上58人目のサイクル安打を達成。18年ぶりのリーグ優勝へチームを導き、日本シリーズでも4番として出場し、その活躍から優秀選手賞を受賞。2005年にもリーグ優勝を果たし、2006年以降は活躍の場を代打に移す。2008年、その活躍から「代打の神様」と称されるようになる。2013年10月ファンに惜しまれながらも引退した。代打通算158安打(球団単独1位、セ・リーグ歴代2位)、代打通算14本塁打(球団単独1位)111打点(球団単独1位、セ・リーグ歴代2位)を記録した。

3.2021年7月24日(土)18:00-19:40
村田 真一氏
野球解説者・野球評論家
[画像4: https://prtimes.jp/i/47506/20/resize/d47506-20-184902-2.png ]

≪プロフィール≫
滝川高から1981年ドラフト5位で巨人入団。3年目の84年に一軍デビュー。その後は肩のケガに苦しめられたが、90年に正捕手の座をつかみ、ベストナインを受賞。以降、90年代は正捕手としてチームを支えた。1996年最優秀バッテリー賞、2000年日本シリーズ優秀選手賞を受賞。90年代の巨人投手王国の三本柱を支えた頼れる巨人の司令塔として攻守ともに活躍。2001年に現役を引退。02〜03年、06〜18年と巨人コーチを務めた。
度重なるケガに悩まされながらも、そのリードと同じように、我慢と粘りで巨人の正捕手の座をつかんだ努力の人。練習でいつもユニフォームが泥だらけになる事から“”チュウ“というあだ名がある程練習熱心だった。リードにおいては、投手に気持ちよく投げさせることを心掛け、投手からの信頼感が高い捕手として定評があった。

【団体概要】■アイディアヒューマンサポートサービスについて
アイディアヒューマンサポートサービスは、「カウンセリング、メンタルトレーニングを日本の文化として定着させる」ことを理念とし、心のケアの専門家として社会人のキャリアチェンジを支援しています。アメリカのドクター、セラピスト、心理カウンセラー、メンタルトレーナーと幅広いネットワークを持ち、海外の最新のプログラムを導入しています。
メンタルトレーニングの分野では、サッカー、ゴルフ、野球、体操競技、テニス、水泳、陸上、フィギュアスケート、卓球など、幅広いアスリートを担当。これらのプログラムは、組織においての離職防止やメンタルヘルス不調予防として応用され、2000年より多くの企業が採用しています。企業経営者やアーティストなどのメンタルサポートも行い、阪神・淡路大震災、三宅島、東日本大震災等の被災地のメンタルサポートも継続して行っております。SNS相談においては、一般社団法人全国心理業連合会と協力し、厚生労働省自殺防止対策事業や、教育相談、子どもと親のための虐待防止相談、女性相談、災害の心のケア等で多くのSNSスーパーバイザー、SNSカウンセラーを輩出しています。

会社名:株式会社アイディアヒューマンサポートサービス
代表者:代表取締役 浮世 満理子
所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-9-10 KDC渋谷ビル1階
TEL:03-5469-8787
URL:https://www.idear.co.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る