• トップ
  • リリース
  • ペットの在宅医療・介護・看護統合モデルを開発/人間とペットの「老老介護」時代に対応

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社CARE PETS

ペットの在宅医療・介護・看護統合モデルを開発/人間とペットの「老老介護」時代に対応

(PR TIMES) 2017年05月25日(木)11時18分配信 PR TIMES

動物の訪問介護・看護を提供するCARE PETS(ケアペッツ)では、人間とペット(主に犬と猫)の「老老介護」時代に対応するため、ペットの在宅医療・介護・看護統合モデルをシリウス犬猫病院と共同で開発しました。今後は、これまでの訪問介護・看護モデルと並行して統合モデルも展開していく予定です。
◆募集開始の背景
人間とペットの高齢化が高まり、飼い主もペットも高齢(人間の高齢化率約28%/犬と猫の高齢化率約48%<※>)という新たな「老老介護」問題が起こっている中、これらの課題を解決するために、私たちは「ペットの訪問介護・看護」事業を展開しております。私たちが考える視点は、飼い主様の視点と、医療の視点、予防の視点です。※1犬と猫の「高齢」の定義は一般的に7歳以上。

私たちCARE PETS(ケアペッツ)がサービス提供を行う中で、日々ペットに関する介護や看護、医療に関する相談が寄せられていますが、飼い主様のご要望により一層切れ目なくお応えできるよう、シリウス犬猫病院と共同でペットの医療・介護・看護統合モデルを開発致し、全国に展開していくことになりました。

◆株式会社CARE PETS(ケアペッツ)とは
CARE PETS(ケアペッツ)とは、専属の動物看護師が愛犬・愛猫の介護・看護・ペットシッターなどのホームケアサービスを提供する日本初のサービスです。

[ケアペッツ]日本初!ペットの訪問介護・看護・医療
○100%女性の動物看護師が対応
○30分からご利用可能
○ウェアラブルカメラ完全装備で安心
○24時間365日ペットの救急車を配備
○高齢犬・猫の介護や看護にも対応
○2017年5月から在宅医療(往診)もスタート

【提携事業者募集】
株式会社CARE PETS(ケアペッツ) では現在、提携動物病院、ドッグラン運営業者、ペットのリハビリ施設の提携事業者を募集しています。飼い主様とペットのQOLを一緒に高めていくことができる動物病院様や施設運営事業者様がいらっしゃいましたら、お問い合わせをお待ちしております。
[画像1: https://prtimes.jp/i/22736/20/resize/d22736-20-574033-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/22736/20/resize/d22736-20-302113-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/22736/20/resize/d22736-20-386616-2.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る