• トップ
  • リリース
  • 『博多かわ屋』が都内3店舗目となる神田店を4月26日(水)にオープンします!!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

『博多かわ屋』が都内3店舗目となる神田店を4月26日(水)にオープンします!!

(PR TIMES) 2017年03月29日(水)18時01分配信 PR TIMES


『博多かわ屋』が都内3店舗目となる神田店を4月26日(水)にオープンします!!

[画像1: https://prtimes.jp/i/18301/20/resize/d18301-20-579566-0.jpg ]



看板メニューである大人気の「かわ焼」はもちろん、シギ焼きやねぎまなどの国産の鶏肉にこだわった焼き鳥や、その他博多名物のメニューを多数ご用意してお待ちしております。


【新店舗情報】
店名:「博多かわ屋 神田店」
オープン予定日:平成29年4月26日(水)
住所:東京都千代田区内神田3丁目22−4 花喜久ビル2階
アクセス:JR線「神田駅」西口より徒歩1分
東京メトロ線「神田駅」2番出口より徒歩1分
お問い合わせ先:森川 pr@kawayatokyo.com


[画像2: https://prtimes.jp/i/18301/20/resize/d18301-20-553735-1.jpg ]



【博多かわ屋とは】

福岡にある「かわ屋」は地元のソウルフードとして愛され続けているこだわりの「かわ焼」が有名な超人気店です。開業して10年以上が経過した今でも、予約の取りにくい店ですが、そんな「かわ屋」がついに東京へ一昨年の冬に「博多かわ屋」として進出!!
オープン以来福岡へ行かずとも博多名物のかわ焼が食べられると、連日大盛況となっております。


[画像3: https://prtimes.jp/i/18301/20/resize/d18301-20-659367-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/18301/20/resize/d18301-20-119933-3.jpg ]



【かわ焼ができるまでのこだわり】

博多で焼き鳥の鶏皮といえば、一般的な鶏皮と少し違っていて、皮を串にぐるぐると巻き付けるかわ焼というものが定番です。かわ屋のかわ焼は、柔らかい首の部分の皮を一枚一枚丁寧に下処理を行い、6日間もの時間をかけ“焼き・タレ漬け・寝かし”の工程を何度も繰り返すことによって出来上がります。この手間を惜しまずかけることにより、外はカリッと中はモチッとした「かわ屋」でしか味わうことの出来ない、思わずくせになる「かわ焼」となるのです。他とは一味違う『博多かわ屋のかわ焼』を是非一度ご賞味ください!

【店舗一覧】
「博多かわ屋」は、 現在都内に直営2店舗を展開しております。

・大井町店  :http://kawayatokyo-oimachi.com/
・ときわ台店 :http://kawayatokyo-tokiwadai.com/

【会社概要】
会社名:株式会社かわ屋東京
代表者:田中 彰
住所:東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー24階
設立年月日:平成27年4月14日
事業内容:博多かわ屋直営店運営、及びフランチャイズ事業
グループ会社:株式会社オクトフォースマネジメント
お問合せ:TEL 03-6452-8647
     FAX 03-6452-8643
Mail pr@kawayatokyo.com



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る