• トップ
  • リリース
  • テスティー、10〜20代女性608名を対象にファッションに関する意識調査を実施

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社テスティー

テスティー、10〜20代女性608名を対象にファッションに関する意識調査を実施

(PR TIMES) 2017年03月01日(水)15時58分配信 PR TIMES

いまどき女子は〈Instagram〉と〈Twitter〉でファッション情報を収集!ファッションにかける金額は月1万円以下がスタンダードに

株式会社テスティー(本社:東京都港区、代表取締役:横江 優希、以下テスティー)は、運営するスマートフォンアンケートアプリ「TesTee」ユーザーのうち10〜20代の女性608名を対象に「ファッションに関する意識調査」を実施いたしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/13425/20/resize/d13425-20-483634-0.jpg ]



<TOPICS>
■若年層の約6割は〈Instagram〉と〈Twitter〉からファッション情報を手に入れている!
■「情報収集はネット&SNS、購入は店頭で」が約4割。若年層のEコマース利用は伸びしろあり!?
■10代女性の88.0%、20代女性の85.4%がファッションにかける金額は「1万円以下」と回答!

<調査結果概要>

■若年層の約6割は〈Instagram〉と〈Twitter〉からファッション情報を手に入れている!
 今回、10代、20代女性608名を対象に「ファッション」に関するアンケートを行いました。まず「ファッションの情報はどこから手に入れていますか?」と聞いたところ、10代、20代女性の約6割が「ネット・SNS」でファッションに関する情報をチェックしていることがわかりました。次いで、10代女性の41.5%、20代女性の36.2%が「テレビ」から、10代女性の35.9%、20代女性の35.2%が「雑誌」から情報を集めていることが判明しました。

「ファッション情報は何で手に入れていますか?」
〈10代女性〉                〈20代女性〉
[画像2: https://prtimes.jp/i/13425/20/resize/d13425-20-641681-2.jpg ]

 さらに、「ネット・SNS」と回答した人を対象に「どこから情報を手に入れているか」を聞いたところ10代女性の23.4%、20代女性の32.0%が〈Instagram〉、10代女性の36.6%、20代女性の23.8%が〈Twitter〉を利用していると回答。ファッション情報収集にネット・SNSを利用する10代、20代女性のおよそ6割が〈Twitter〉もしくは〈Instagram〉を露葉していることが明らかとなりました。

■実際の購入もインターネットを利用すると答えた10代、20代女性は約4割。Eコマースの拡大余地が示唆される結果に…!
 10代、20代女性の多くは「ネット・SNS」からファッション情報を収集することが判明しましたが、実際に洋服や服飾品をどのように購入しているのでしょうか。調査の結果、10代女性の71.1%、20代女性の69.1%と、約7割が「店頭で購入する」という回答が得られました。一方で「インターネットで購入する」と答えた女性は10代で36.5%、20代で40.7%となりました。情報を集める際に「ネット・SNS」を利用する若年層が約6割を占める中、実際の購入にインターネットを利用する若年層女性は約4割程度であることがわかりました。この結果を見る限り、ファッション関連のEコマースの導入は引き続き拡大の余地があると言えそうです。

「洋服や服飾品はどこで買いますか?」
〈10代女性〉                  〈20代女性〉
[画像3: https://prtimes.jp/i/13425/20/resize/d13425-20-262028-3.jpg ]


■10代女性の88.0%、20代女性の85.4%がファッションにかける金額は月1万円以下と回答!
 続いて「洋服や服飾品の月間購入額」について聞いたところ、もっとも多かった回答が10代女性の43.2%、20代女性の32.2%で「3,000円以下」となりました。全体で見ると10代、20代女性ともに8割以上がひと月に使う金額は「1万円以下」であることがわかりました。さらに「若者のファッション離れ」はファッションに対する興味・関心の低下が原因かを調査するため「自由に使えるお金があったら服を買いますか?」と訪ねました。結果は10代女性の68.8%、20代女性の71.3%が「買いたいと思う」と回答。
[画像4: https://prtimes.jp/i/13425/20/resize/d13425-20-870720-1.jpg ]

 これらの結果からファッションに対する興味・関心が低下しているわけではなく、ファストファッションブランドの増加やフリマアプリの登場に伴い、それらを上手に活用しながら洋服にかける金額を抑えている背景が伺えます。その背景が「若者のファッション離れ」と言われる要因かもしれません。

 このほか、「若年層が服を購入する際に重視する点」や「10代〜20代女性の好きなファッションブランド」についても調査を行っています。それらの結果は上記背景を物語るものと言えそうです。詳細は、若年層リサーチによる自主調査メディア「TesTee Lab(テスティーラボ)」にて公開しております。ぜひ、ご覧ください。

https://lab.testee.co/teens-fashion




<調査概要>
調査主体:テスティー
調査方法:スマートフォンアンケートアプリ「TesTee」を使ったインターネットリサーチ
調査対象:10代、20代の女性(TesTee登録会員)
割付方法:10代女性301サンプル、20代女性307サンプル、合計608サンプル
調査期間:2017年2月21日(火)〜22日(水)

 テスティーでは画像選択型、チャット型のツールを使用したアンケート調査を定期的に実施しています。若年層ユーザーが多いスマートフォンアンケートアプリ「TesTee」内にて、オリジナルのチャット型ツール「FastSonar」を使用し自由記入項目や複数回答選択機能を活用することで、地域・年代による統計のみならず詳細な意見や回答を得られます。

 市場調査業界におけるネットリサーチ市場は、2015年度に600億円を超える規模に達したと言われています(出所:一般社団法人日本マーケティング・リサーチ協会発表「第41回経営業務実態調査」)。年々拡大するネットリサーチ市場において「若年層不足」や「スマートフォン対応への遅れ」が業界課題として掲げられています。テスティーではこの課題解決をミッションとし、ネットリサーチ市場のさらなる拡大に挑戦してまいります。

【TesTee(テスティー)の概要】
「TesTee」は10〜20代の若年層ユーザーが充実しているスマートフォンアンケートアプリです。サービスや商品画像を軸としたスプリット型の直感的なプロモーションリサーチに加え、聞きたいことを自由に聞けるチャット型のプロモーションリサーチを行っています。
■対象機器   :iPhone、Androidアプリ
■登録ユーザー数:約47万
■ユーザー属性 :
 男女比   男性45%、女性55%
 年齢構成比 10代33%、20代44%、30代13%、40代8%、50代〜2%
 ※登録ユーザー数およびユーザー属性は2017年1月末時点のものです
▼「TesTee(テスティー)」に関する詳しい情報は下記をご覧ください。
https://research.testee.co/

【会社概要】
会社名 :株式会社テスティー
所在地 :東京都港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル12F内
設立  :2014年5月
代表者 :代表取締役 横江優希
事業内容:
 スマートフォンアンケートアプリ「TesTee(テスティー)」の開発・運営
 チャット型リサーチツール「Fast Sonar(ファストソナー)」の開発・運営
 10代・20代の若年層へのリサーチ結果を紹介する「TesTee Lab(テスティーラボ)」の運営

※本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット(「TesTee調べ」)の表記をお願いいたします。
※TesTeeは、株式会社テスティーの登録商標です。
※iPhoneは米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
※AndroidはGoogle Inc. の商標です。
※その他すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る