• トップ
  • リリース
  • ギリアド・サイエンシズ、B型慢性肝疾患治療薬、「ベムリディ(R)錠25mg」を新発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

ギリアド・サイエンシズ株式会社

ギリアド・サイエンシズ、B型慢性肝疾患治療薬、「ベムリディ(R)錠25mg」を新発売

(PR TIMES) 2017年02月14日(火)10時17分配信 PR TIMES

腎及び骨に対する安全性を改善した1日1回投与の治療薬
ギリアド・サイエンシズ株式会社(以下「ギリアド」)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:折原祐治)は、慢性B型肝炎ウイルス感染症の成人を対象とする1日1回投与の治療薬、「ベムリディ(R)錠25mg」(以下「ベムリディ(R)」)(一般名:テノホビル アラフェナミドフマル酸塩錠)を2月15日に発売いたします。

本剤は、より少ない投与量で既存薬と同等の有効性と腎及び骨に対する安全性の改善を実現したテノホビルの新規プロドラッグ製剤です。本剤は、「B型肝炎ウイルスの増殖を伴い肝機能の異常が確認されたB型慢性肝疾患におけるB型肝炎ウイルスの増殖抑制」の効能・効果で、2016年12月19日に製造販売承認を取得いたしております。

弊社におきましては、今後、C型肝炎に加え、B型肝炎も新たな注力領域とし、患者様へこの新しい治療法を一日も早くお届け出来るよう努力して参ります。

以上
[画像1: https://prtimes.jp/i/10695/20/resize/d10695-20-186087-2.jpg ]

                                         
 
Vemlidy(R)は、ギリアド・サイエンシズ社または同社の関連会社の登録商標です。


[画像2: https://prtimes.jp/i/10695/20/resize/d10695-20-493575-3.jpg ]

ギリアド・サイエンシズについて
ギリアド・サイエンシズは、医療ニーズがまだ十分に満たされない分野において、革新的な治療を創出、開発、製品化するバイオファーマ企業です。会社の使命は、生命を脅かす難病を抱える世界中の患者さんのために医療を向上させることです。カリフォルニア州フォスターシティに本社を置き、世界30か国以上で事業を行っています。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る