• トップ
  • リリース
  • 旅のおためしができる!『旅モニ』1泊2日 『JR九州』D&S列車の旅モニターを大募集!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社DACホールディングス

旅のおためしができる!『旅モニ』1泊2日 『JR九州』D&S列車の旅モニターを大募集!

(PR TIMES) 2016年11月16日(水)10時50分配信 PR TIMES

移動と目的地をまるっと楽しめる全6コース「FUN!FUN!FUN!九州」


<ニュースリリース>                                2016年11月16日
[画像1: http://prtimes.jp/i/7247/20/resize/d7247-20-862162-3.jpg ]


日本全国の地域の魅力をさまざまな切り口で発掘し、旅を“おためし”できるwebサービスを展開する『旅モニ』(http://tabi-moni.com/ 株式会社DACホールディングス 本社:東京都台東区 代表取締役社長:石川 和則)では、2016年11月23日(水)より、1泊2日D&S列車(デザイン&ストーリー列車)で九州を思う存分楽しめる、プレミアムな旅の無料モニターを募集します!

移動そのものが「旅」となるD&S列車。JR九州では、個性的なデザインの列車が数多く運行されており、それぞれ地域に根ざしたストーリーで旅人を迎えてくれます。「乗る」、「観る」、「味わう」ほかに、車中での出会い、かけがえのない体験の数々が、鉄道ファンや旅好きを魅了してやみません。ぜひこの機会に、あなただけの九州を体感してください。

■募集人数:1泊2日 D&S列車と宿泊をセットにした全6コース
それぞれ6組12名様

■モニター予定列車:海幸山幸、かもめ、はやとの風、指宿のたまて箱
ゆふいんの森、しんぺい、A列車で行こう
※複数の列車に乗車していただきます。
※指定のホテルor旅館に宿泊していただきます(宿泊券付き)。
※旅の体験をつづったレポートを提出していただきます。
※モニター内容は予告なく変更となる場合がございます。

■応募期間:2016年11月23日(水)〜2017年1月10日(火)
※毎週水曜日に、1コースずつ募集、複数のコースに応募可能です。


[画像2: http://prtimes.jp/i/7247/20/resize/d7247-20-466498-2.jpg ]


                     「指宿のたまて箱」


[画像3: http://prtimes.jp/i/7247/20/resize/d7247-20-406220-0.jpg ]



                     「A列車で行こう」
※JR九州の列車たち 「JR KYUSHU TRAINS」(https://www.jrkyushu.co.jp/trains/

<旅モニとは>
2012年11月末にオープン。「あなたの日常に旅するよろこびを」をコンセプトに、宿泊施設や飲食店、レジャー施設など各地域の魅力的な旅スポットを体験できる無料モニター募集や、旅にまつわるプレゼントキャンペーンなど実施しています。抽選に外れても、応募者全員にお得な情報をお送りすることもあります。会員数は約8.7万人、Facebookファン約8万人を獲得するなど、消費者への旅行喚起に大きな影響をもたらしています。

<サービス概要>
■サイト名 : 「旅モニ」 
■対応端末 : PC、スマートフォン
■URL : (PC・スマートフォン共通) http://tabi-moni.com/

<その他サービス>
■旅マルシェFacebook:https://www.facebook.com/tabi.marche
■旅モニ公式Instagram:https://www.instagram.com/tabimoni/

株式会社DACホールディングス会社概要
社名 : 株式会社DACホールディングス
本社所在地 : 〒110-0015 東京都台東区東上野4-8-1 TIXTOWER UENO 15F
代表者 : 代表取締役社長 石川和則
URL : https://www.dac-group.co.jp/dac/top.html



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る