• トップ
  • リリース
  • 鹿児島県伊佐湧水消防組合と消防ドローン開発に係る協定を締結しました。

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社エンルートラボ

鹿児島県伊佐湧水消防組合と消防ドローン開発に係る協定を締結しました。

(PR TIMES) 2017年09月23日(土)10時28分配信 PR TIMES

「消防ドローン・AI(人工知能)等の利活用に向けた連携と協力に関する協定」を締結

株式会社エンルートラボ(本社:埼玉県ふじみ野市うれし野1-3-29、代表取締役:伊豆智幸 以下エンルートラボ)は、鹿児島県伊佐湧水消防組合とAIを用いた消防用ドローン及び無人車両の共同開発を行います。
住民の安全安心の向上と、災害発生時の迅速な対応、並びに消防活動の危険性排除を目的として、消防ドローン及び消防用無人車両の開発を行います。
協定では、エンルートラボの開発した無人車両とドローンを寄贈し、災害現場を想定した訓練を通じて実用性を高めます。特に人工知能の活用においては、トンネル内事故、行方不明者捜索、山林火災など事案に応じて消防の知見を活かした学習モデルの開発をすすめます。
[画像: https://prtimes.jp/i/27571/19/resize/d27571-19-555954-0.jpg ]

【本件に関するお問合せ先】
株式会社エンルートラボ
電話:049-293-4567 メールアドレス:info@elab.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る