• トップ
  • リリース
  • 屋内・外用化粧建材パネル『エバーアートボード(R)』新色追加!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

屋内・外用化粧建材パネル『エバーアートボード(R)』新色追加!

(PR TIMES) 2017年02月06日(月)10時16分配信 PR TIMES

業界最大、合計80色のカラーバリエーションで展開!

 株式会社タカショー(本社:和歌山県海南市 代表取締役社長 高岡伸夫 ジャスダック 7590)は、主力商品である屋内・外用化粧建材パネル『エバーアートボード(R)』を2017年2月1日より新しく8色追加いたしました。(一部3月より発売予定)お客様にとってオンリーワンの住宅、お庭・ガーデン空間をお届けできるよう今後も更なる展開を進めてまいります。
<商品特長>
 『エバーアートボード(R)』は、タカショーが展開しておりますエバーアートウッドシリーズにアルミ複合板を組み合わせた新しい建材パネルです。同商品は一人でも持ち運べる大きさと軽さ、施工の簡易さ、加工の容易さから、多くのお客様に大好評をいただいております。今まで72色にて展開をしておりましたが、2017年2月1日(水)より8色追加し(一部3月より発売予定)合計80色に。そのカラーバリエーションの豊富さは業界最大となっております。屋内・外の天井、フェンスや目かくし、門扉など多岐にわたってさまざまな空間にマッチし、お客様のご希望に沿った創作性豊かな空間をつくることができます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/18286/19/resize/d18286-19-907192-4.jpg ]

・商品詳細情報
http://proex.product.takasho.co.jp/shop/r/r1103


 今回発売する新色は、住宅の外構などにこだわらず、インテリアでも人気のカラーを加え、また非住宅分野でよく目にするカラーも揃えました。色やテクスチャーは本物のテクスチャーをそのまま優れた耐候性シートに再現し、ラッピングしています。素材そのものが持つ表面の凹凸、ハイライトや影も忠実に再現し、近くで見ても遠目に見ても本物と見間違うほどの美しさを備えています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/18286/19/resize/d18286-19-859474-3.jpg ]

●当社が目指す姿
 ガーデニング・エクステリア用品に特化した当社が実現したいのは「ガーデンセラピー」による社会貢献です。園芸療法は認知症の予防などにも効果があると言われ、健康に良い影響をもたらすことは医学的に証明されています。ヨーロッパでは国が推奨する取り組みにもなっています。人間が本能的に持つ「癒されたい」「リラックスしたい」という気持ちにお応えする商品を提供することで、人々の暮らしをより良いものにしていきたいと考えています。「自然をたのしむ」「心をおだやかにしたい」とた人間が遺伝子的に持っている部分にもアプローチできるような、ラインナップと対応力を強みに、様々なお客様の「ガーデンライフ」の充実に貢献します。

<<株式会社タカショー 会社概要>>
◆営業本部所在地:
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-9 KDX御茶ノ水ビル2F
◆本社所在地:
〒642-0017 和歌山県海南市南赤坂20−1
◆事業内容:
・環境エクステリア(インドア及びアウトドア庭園、緑化)に関する製品の企画開発
・ガーデン用品の輸出入販売
・エクステリア商品のソフトウェア開発販売
・CAD,C.G.ソフトウェアの提供及び処理業務
◆ホームページ:http://takasho.co.jp

【商品に関するお問い合わせ先】
株式会社タカショー
プロユース営業本部 友居(ともい)
電話:073-486-2520
FAX:073-486-2563
メールアドレス:press@takasho.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る