• トップ
  • リリース
  • スタートアップイベントSlush Tokyo 2017にTech in Asiaも参加。日本代表のDavid Corbinが登壇。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

スタートアップイベントSlush Tokyo 2017にTech in Asiaも参加。日本代表のDavid Corbinが登壇。

(PR TIMES) 2017年03月30日(木)10時43分配信 PR TIMES

Tech in Asia日本支社代表のDavid Corbinがウォンテッドリー株式会社代表取締役CEOの仲暁子氏と対談。


アジアのテック業界全体の発展に貢献することを目指すTech in Asia (本社:シンガポール 代表:Willis Wee)は2017年3月29日から3月30日にかけて開催される世界的なスタートアップイベント「Slush Tokyo 2017」へ参加致します。
Tech in Asia日本支社代表のDavid Corbinは3/30(木)のFIRESIDE CHATの中で、ウォンテッドリー株式会社代表取締役CEOの仲暁子氏と登壇致します。またTech in Asia Japan編集長のPeter Rothenbergはベンチャー企業が次々とピッチを行うOPEN PITCHで司会として登壇致します。

[画像: https://prtimes.jp/i/14933/19/resize/d14933-19-539512-0.jpg ]

    (写真:Slush Tokyo ホームページより抜粋)

登壇時間:
(Peter Rothenberg司会)
10:30am - 11:30am: OPEN PITCH
(DavidCrobin登壇)
10:40am - 11:05am: FIRESIDE CHAT WITH AKIKO AND DAVID
11:10am - 11:30am: Q&A WITH AKIKO NAKA AND DAVID CORBIN

【Sluch Tokyo イベント概要】
●Slush Tokyo 2017 URL: http://tokyo.slush.org/
●Slush Tokyo 2017 :2017年3月29日(水)10時〜18時 、 3月30日(木)10時〜18時
●Slush Tokyo 2017 会場:東京ビックサイト(〒135-0063 東京都江東区有明3丁目11-1)

【Slush Tokyoとは】
Slush Tokyoは今年で3回目を迎える起業とテクノロジーのスタートアップイベント。今年は起業家、投資家、メディア、学生を含め多くの来場者を見込む、またゲストスピーカーや著名人が登壇する。他にも、 参加企業・スタートアッフ゜によるテ゛モ展示、スタートアッフ゜ヒ゜ッチコンテストか゛開催される。

【Tech in Asiaについて】
Tech in Asiaは、アジアに焦点を当てたテック情報やスタートアップのニュースを提供し月間1000万PVを誇るメディアを運営。毎年アジア最大級とされるカンファレンスをシンガポール・バンガロール・東京・ジャカルタの4都市にて開催、累計参加者は1万5000人以上。シンガポール本社を2011年に設立(日本支社は2014年)。 当社投資家にはシリコンバレーのアクセラレータであるYコンビネーターやSoftBank Indosat 、Facebook共同創業者のエドゥアルド・サベリン氏、イーストベンチャーズなど。インターネット・コミュニティのみならず、アジアのテック業界全体の発展に貢献することを目指している。

【Tech in Asia 日本支社】
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木四丁目2番45号高會堂ビル2階
設立:2014年6月
代表者:日本支社代表 David Corbin
事業内容:アジアのスタートアップやテックに関する情報を提供。Tech in Asia Tokyo の大型イベントを毎年9月に開催。スタートアップのコミュニティイベント「Tech in Asia Meetup」も定期的に開催中。
ウェブサイトURL:https://medium.com/@techinasia_jp
フェイスブック ページ:https://www.facebook.com/techinasiaJP/

【問い合わせ】
ご不明な点や質問がある方はお気軽に下記のアドレスまで御連絡ください。
メディア及び報道機関の方向けの参加枠も御座いますので、お問い合わせ下さいませ。
Email : japan@techinasia.com



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る