プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

GE、リオ2016大会で80以上の照明プロジェクトを担当

(PR TIMES) 2016年08月12日(金)12時45分配信 PR TIMES

GE は、2005年以降、オリンピック公式ワールドワイドスポンサーとして、開催都市のインフラを向上させるために幅広いソリューションやイノベーションを提供しています。なかでも現在開催中のリオ五輪では、ライティング設備に関する80を越すプロジェクトに関わり、競技施設、トレーニングセンターや選手村の宿泊施設に、エネルギー効率に優れた照明を約20万個設置しました。そのおよそ半分はLED照明技術を活用したもので、従来の照明より5割以上も消費電力を節約することに貢献しています。
競技・大会施設:主要な照明プロジェクト
1.マラカナン・スタジアム、国立スタジアム、アマゾンアリーナ
マラカナン・スタジアムは、リオ五輪の開会式と閉会式、そして、サッカーの試合会場となります。2000ワットのプロジェクター(灯光器)396台が設置され、会場で観戦しても、高精細の4K液晶テレビであっても、競技を鮮明に映し出します。また、サッカーの試合が開催されるブラジリアの国立スタジアムとアマゾンアリーナにもGEのライティング・ソリューションが設置されています。

2.バーハ・オリンピックパーク カリオカアリーナ 1〜 3 & ヴェロドローム、テニスセンター
リオ五輪後に、オリンピック・トレーニング・センターの一部となるカリオカアリーナの1〜3とヴェロドロームやテニスセンターのグラウンドにもGE製の照明設備が導入されました。

3.リオ2016組織委員会本部
リオ2016組織委員会本部には、 GE ルミネーション ™ LED 照明を3000台配置しており、これにより、蛍光灯に比べて、4年の運営期間で、100万レアル(日本円で約3,200万円)のコスト削減を実現できる見込みです。

4.選手村(居住施設)
8万個のGE製ルミネーション™ LEDランプが、約1万5,000人の選手が滞在する3600戸の選手村・居住施設に導入されています。 GEの新しいFMシリーズ・フィクスチャーは、経済的で利便性に優れ、エネルギー消費量は一台あたりわずか15Wに抑えられており、取り付けが簡単なように設計されています。

5.メディア村(居住施設)
4か所のメディア村には、全6,000戸の居住施設があり、世界中からメディア関係者が滞在します。ここに経済的で利便性に優れ2万3,000個のGE ルミネーション™ LED ランプ FMシリーズ・フィクスチャーが設置されています。

6.バラ・ダ・チジュカ・ゴルフコース(クラブハウス)
クラブハウスには755台の GE製ランプや蛍光灯、放電灯が設置されており、全施設の7割にLED技術が採用されています。このプロジェクトでは、より景観を高め、エネルギー消費を抑えるように設計されています。

7.パラリンピック・トレーニングセンター
GEはサンパウロにあるパラリンピック・トレーニングセンターにおいて、照明の効率性を最大限高められるように、すべての照明機能を開発し、LED照明や屋内外の反射鏡を含む幅広いソリューションが適用されています。

競技施設以外:主要な照明プロジェクト
1.ジョビン国際空港(ガレオン国際空港)
GEの照明技術は、ジョビン国際空港・駐機場のサウスピアと呼ばれる新たな拡張部分にも採用されています。放電灯を搭載した計120台のGE製プロジェクター(灯光器)は、16ある管制塔に導入。ここにはブラジルの航空局の安全基準を満たす、より寿命が長く、メンテナンスが容易にできる白色光が採用されています。

2.ロドリゴデ・フレイタス・ラグーン
リオデジャネイロの重要な観光名所であるロドリゴデ・フレイタス・ラグーンは、ボートとカヌー競技の会場で、2011年には、7.5kmの自転車専用道路に90ワットのGE製LED照明540台を導入しました。これにより、設置前と比べて、景観は向上し、安全性が高まったうえ、エネルギーの消費量は50%削減されました。

3.フラメンゴ・パーク(寄贈プロジェクト)
オリンピックのワールドワイド・パートナーシップの一環として、GEは開催都市の人々に長く残るインフラ機器を「レガシーギフト」として寄贈しています。リオへのレガシーギフトのなかには、市の湾岸部に近いフラメンゴ・パークと市中心部に位置する歴史的なラパ地区の街灯を一新することも含まれています。

フラメンゴ・パークでは、街灯電球をLED照明に取り替えました。これらの新しいGEの照明機器はセンサー付きでデジタル接続による遠隔監視が可能なため、市は電灯に不具合があればそれを検知し、メンテナンスの費用を効率的に計画することが可能となります。

詳しくはオンラインマガジン「GEレポート」(http://gereports.jp/)をご覧ください。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る