• トップ
  • リリース
  • RADWIMPSが「アクエリアス」のために書き下ろした新曲がCMソングに!新パッケージに変わった「アクエリアス」リニューアル 発売キャンペーンを4月10日(月)からスタート

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

日本コカ・コーラ株式会社

RADWIMPSが「アクエリアス」のために書き下ろした新曲がCMソングに!新パッケージに変わった「アクエリアス」リニューアル 発売キャンペーンを4月10日(月)からスタート

(PR TIMES) 2017年04月07日(金)19時41分配信 PR TIMES

同日から新TVCM『渇き』篇を全国で放映開始

コカ・コーラシステムは、売り上げNo.1※1スポーツ飲料ブランド「アクエリアス」の、「アクエリアス」と「アクエリアス ゼロ」のパッケージデザインを一新して、4月10日(月)から全国でリニューアル発売します。これにともない、“人はとっても渇くから。”をキーメッセージに、新TVCM『渇き』篇(60秒/30秒/15秒)の全国放映をはじめ、さまざまな活動を展開するキャンペーンをスタートします。
新TVCM『渇き』篇の音楽を担当するのは、10〜20代を中心に絶大な支持を集め、いま最も勢いのあるロックバンドRADWIMPSです。話題のアニメーション映画の主題歌「前前前世」を手がけた、RADWIMPSが「アクエリアス」のために新たに書き下ろした渾身の1曲「サイハテアイニ」が、新パッケージに進化した「アクエリアス」とともに、日々の生活で渇きを感じる人のカラダとココロをすっきりと潤し、一歩前へ踏み出す力を与えてくれます。


※1 (株)インテージ SRI調べ スポーツ機能性飲料市場 2016年3月-2017年2月計 累計販売金額ベース 全国手売り業態
[画像1: https://prtimes.jp/i/1735/19/resize/d1735-19-521890-0.jpg ]


「アクエリアス」ブランドの価値を伝える新パッケージグラフィックへ

「アクエリアス」は、アクティブな生活の中で失われた水分とミネラル※2をはじめとして、アミノ酸※3、クエン酸※4、カルニチン※5など動くカラダに必要な栄養素を効率的に補い、万全のコンディションと前向きなマインドを取り戻すためのスポーツ飲料ブランドです。この「アクエリアス」ブランドの価値をよりわかりやすく伝えるため、製品価値である「水分・栄養補給」をウォータードロップのアイコンで表現した新デザインのパッケージグラフィックに一新します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/1735/19/resize/d1735-19-167247-1.jpg ]

※2 ミネラルとはナトリウムのことです。
※3 アミノ酸とはBCAA、アルギニンのことです。
※4 クエン酸は「アクエリアス」、「アクエリアス ゼロ」に含まれます。
※5 カルニチンは「アクエリアス ゼロ」に含まれます。

新キャンペーンでは、“人はとっても渇くから。”を
キーメッセージに、新TVCMのほかさまざまなビジュアルを展開!

4月10日(月)からスタートするキャンペーンでは、ココロとカラダが大きく動き、「アクエリアス」を飲みたくなるさまざまな瞬間を切り取ったビジュアル、TVCM、屋外広告、デジタル広告、SNSなどで展開し、日々の生活で前向きに頑張ることを楽しみたいすべての人たちに向けて、「アクエリアス」ブランドの魅力を印象強くアピールします。

「アクエリアス」新TVCM『渇き』篇(60秒/30秒/15秒)

4月10日(月)から全国放映開始の新TVCM『渇き』篇に登場するのは、歌にのせて愛を伝えるRADWIMPSの野田洋次郎さん、新たな波に挑むプロサーファーの田岡なつみさん、そして毎日の中で渇きを感じている、たくさんの人たちです。私たちのココロやカラダが動く時、それはきっと一歩先にある何かを求めて、とっても渇いている瞬間です。CMでは疾走感のある楽曲にのせて、さまざまな人の渇きを象徴的な漢字一文字とともに描きます。見る人もその渇きをリアルに感じ、思わず前へ踏み出したくなる、ライブ感あふれる内容になっています。

「アクエリアス」新TVCMソング「サイハテアイニ」by RADWIMPS

新TVCMソングとして起用された「サイハテアイニ」は、RADWIMPSのニューシングル「サイハテアイニ/洗脳」に収録されている1曲で、5月10日(水)にリリースされます。ニューシングルのジャケットビジュアルは、シングルタイトル曲である「サイハテアイニ」と「洗脳」の2曲がそれぞれ相反するコントラストを持った楽曲であるところから着想を得て、その二面性をテーマに制作が進められました。通常盤は「サイハテアイニ」をイメージした〈天使〉、そして初回限定盤は「洗脳」をイメージした〈悪魔〉のビジュアルに仕上げ、二役を同じ1人の少年が演じることにより、人間が持つ二面性を鮮烈に表現しています。ボーカル・ギターを務める野田洋次郎さんは、「サイハテアイニ」について「『アクエリアス』に合う曲を書いてみようと思いました。『アクエリアス』は僕にとっての中高時代のバスケ部で、電車に走ってむかうときの滝のように流れる汗で、ムダに遊びすぎた試験後のカラオケで、ほんのり涼しくなった夜のお風呂上がりだったりします。どうしたって、自分の甘塩っぱい記憶と切っても切れないのです。あのサイハテまで続きそうな青い青い記憶と。そんな想いで作りました。皆さんの日々と、この曲が共に過ごせたら幸せです。」とコメントしています。

「サイハテアイニ/洗脳」
■発売日: 2017年5月10日(水)
■初回限定盤: 『棒人間』の絵本付き (CDサイズ・本文28P) ¥1,600 (+ tax) / UPCH-89333
■通常盤: CDのみ ¥1,200 (+ tax) / UPCH-80470
■収録曲: 1. サイハテアイニ 2.洗脳 3.棒人間 [Strings ver.]
[画像3: https://prtimes.jp/i/1735/19/resize/d1735-19-237650-2.jpg ]


<RADWIMPSプロフィール>

野田洋次郎(vo/gt/pf)、桑原彰(gt)、武田祐介(ba)
[画像4: https://prtimes.jp/i/1735/19/resize/d1735-19-999613-3.jpg ]

(Dr 山口智史は持病の悪化のため活動休止中)
2001年結成、2005年メジャーデビュー。


ジャンルという既存の枠組みに捉われない音楽性、恋愛から死生観までを哲学的に、ロマンティックに描いた歌詞で、思春期を過ごす世代を中心に大きな支持を受けている。2016年夏公開の、長編アニメーション映画『君の名は。』の音楽全般を担当し、バンドサウンドのみならず劇伴音楽でも多彩な作曲性を発揮し、非常に高い評価を得た。同年11月、最新アルバム「人間開花」をリリース。2017年2月22日に映画『君の名は。』主題歌4曲を英語詞で新たに書き下ろした「君の名は。English edition」をリリースし、2月25日のマリンメッセ福岡公演から全国ツアー「Human Bloom Tour 2017」がスタート。5月9・10日の東京・日本武道館2DAYSまで12カ所21公演を敢行し、6月からはアジアツアーを予定している。5月10日に最新シングル「サイハテアイニ/洗脳」をリリースする。

<RADWIMPSオフィシャルHP>
http://radwimps.jp/

「Coke ON」限定のキャンペーンや、「アクエリアス」×RADWIMPSコラボボトルなどが
5,000名様に当たるキャンペーンが4月10日(月)にスタート!

スマートフォンアプリ「Coke ON」では、RADWIMPS待望の新曲で「アクエリアス」の新TVCMソング「サイハテアイニ」とタイアップした、「『Coke ON』限定ロングVer」を視聴できるキャンペーンが4月10日(月)から始まります。また同日から、“渇き”をテーマにした10種類の漢字の中から、「自分の渇き」を選んでTwitterに投稿すると、抽選で5,000名様に「あなたが選んだ漢字ボトル」、「RADWIMPSボトル」、「『AQUARIUS』×RADWIMPSペットボトルホルダー」が当たるキャンペーンもスタートします。プレゼント賞品のボトルや、ペットボトルホルダーはこのキャンペーンでしか手に入らない限定アイテムです。ぜひご参加ください。キャンペーンの詳細は、4月10日(月)から「アクエリアス」公式サイトでお知らせします。

<『アクエリアス』公式サイト>
https://secure.aquarius-sports.jp/
[画像5: https://prtimes.jp/i/1735/19/resize/d1735-19-861367-4.jpg ]

1.「あなたが選んだ漢字ボトル」
2.「RADWIMPSボトル」
3.「AQUARIUS×RADWIMPSペットボトルホルダー」
※賞品の写真はイメージです。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る