• トップ
  • リリース
  • ミントタブレットとキャンディのハイブリッド小さな1粒で、息・のどWスッキリ!「クロレッツ キャンディミント」

プレスリリース

モンデリーズ・ジャパン株式会社

ミントタブレットとキャンディのハイブリッド小さな1粒で、息・のどWスッキリ!「クロレッツ キャンディミント」

(PR TIMES) 2019年03月14日(木)00時43分配信 PR TIMES

2019年3月25日より新発売!

モンデリーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区 / 代表取締役社長:ガネッシュ・カシャップ / 以下:モンデリーズ・ジャパン)のブランドで、32年にわたり日本国民のお口スッキリを実現している「クロレッツ」は、2019年3月25日(月)に新製品「クロレッツ キャンディミント」を発売いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/30752/18/resize/d30752-18-821338-9.jpg ]



「クロレッツ キャンディミント」は、ミントタブレット感覚で、いつでもどこでもサッと食べられる超小型タイプのキャンディです。
1粒お口に入れるとミントの心地よい刺激と冷涼感がのどまで広がり、息・のどWスッキリ!を感じていただけます。

また、2019年4月1日(月)〜7日(日)の期間には、WEBと交通機関を活用した動画広告を通じて、製品の発売を告知していく予定です。
「クロレッツ」は、ミントタブレットの最大のニーズである「息スッキリ」に、キャンディの「のどスッキリ」をプラスしたハイブリッドな新製品の導入で、市場の更なる活性化を目指します。

【製品特性】
ミントタブレットとキャンディのハイブリッド!
ミントタブレットの最大のニーズである「息スッキリ」にキャンディの「のどスッキリ」をプラスしました。
小粒なので、人と会う前や会議中など、どんなシーンでもミントタブレット感覚でサッと食べられます。

携帯性に優れたコンパクトな小型ケース
手のひらにフィットする小型ケースは、ポケットに入れて持ち運びやすく、いつでもどこでもサッと取り出せます。

気分で選べる2つのフレーバー!
ミントの刺激と冷涼感が冴えわたる「クロレッツ キャンディミント アイスブルーミント」、スッキリとしたやさしい甘みが広がる「クロレッツ キャンディミント ハニーレモン」の2つのフレーバーを展開します。

【広告動画概要】
 サラリーマンの男性が「CANDY SET!!」の声に合わせて、キャンディミントを1粒口に入れると、シーンはデジタルゲームの世界へ。小さな粒がお口の中を駆け巡ると、男性は「息・のどWスッキリ!」した様子で上司に資料を提出し、ゲームクリア!
 オフィスで1日中会議で忙しいときにも、キャンディミント1粒でサッと手軽に「息・のどWスッキリ!」し、気持ちよく仕事をクリアしていく様子を描いています。



[画像2: https://prtimes.jp/i/30752/18/resize/d30752-18-102380-1.png ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/30752/18/resize/d30752-18-923809-3.png ]



[画像4: https://prtimes.jp/i/30752/18/resize/d30752-18-971703-4.png ]


【製品概要】
[画像5: https://prtimes.jp/i/30752/18/resize/d30752-18-635228-5.jpg ]


モンデリーズ・ジャパンについて
モンデリーズ・ジャパンは150カ国で親しまれるお菓子会社であるモンデリーズ・インターナショナルの一員です。モンデリーズ・インターナショナルは、2012年10月1日、旧クラフトフーズが、北米食品事業(現クラフトフーズ・グループ)と、グローバルスナック事業(現モンデリーズ・インターナショナル)に分社化することにより誕生した会社です。日本では1960年に事業をスタートし、半世紀以上に渡り、日本の市場で愛されるブランドを送りだしてきました。日本市場に照準を合わせた、革新的な製品開発力、優れたマーケティングでイノベーションに取り組み、ガム事業においては国内第2位のポジションを占めています。

【製品に関するお問い合わせ】
モンデリーズ・ジャパン お客様相談室 0120-199561 午前9:00〜午後5:00(土、日、祝日、会社休日除く)



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る