• トップ
  • リリース
  • 卒業生が米国MBAアワード〜アビタス・マサチューセッツ大学MBAプログラム〜

プレスリリース

株式会社アビタス

卒業生が米国MBAアワード〜アビタス・マサチューセッツ大学MBAプログラム〜

(PR TIMES) 2019年06月10日(月)15時40分配信 PR TIMES

12期生吉田さんが受賞

米国のMBAを日本にいながら取得できる「マサチューセッツ大学MBAプログラム」の第12期生吉田知恵さんが、その年の優秀な卒業生3人を表彰する同大学の「Outstanding Student Award 2019」に選ばれました。同プログラムは、社会人の国際資格取得を支援する国際資格の専門校アビタス(本社東京都渋谷区、代表三輪豊明)が2012年にスタートし、これまでに261人の卒業生を輩出しています。卒業生が「Outstanding Student Award」を受賞するのは2人目です。
[画像1: https://prtimes.jp/i/27423/18/resize/d27423-18-507050-2.jpg ]



■世界中の学生から3人表彰
吉田さんは大手製薬企業勤務。2017年10月にマサチューセッツ大学MBAプログラムに入学しました。在学中、仕事はもちろん、出産も経験しながらも、優秀な成績を収めました。5月に米国ボストンで行われた卒業式に同期生たちと出席し、前日のHooding Ceremonyで表彰されました。吉田さんは「両親や夫、娘もそのパーティーに招待でき、これまでサポートしてくれた家族に感謝の気持ちを伝えることができました。今後、グローバル人材として成長していけるようMBAで学んだことを生かしていきます」と語っています。
吉田さんのほかには今年度、米国の本校から2名が選ばれました(写真中央)。


■27%が製薬業界、女性比率は33%

アビタスの「マサチューセッツ大学MBAプログラム」は、国際認証AACSBを持つ米国マサチューセッツ州立大学の経営学修士(MBA)プログラムを提供しています。日本にいながら、仕事を辞めずに米国のMBAが取得できるとして、製薬業界やIT企業、コンサルティング会社など、世界をリードする幅広い業種の入学生が集っています。女性比率が高いことも特徴で、33%を占めています。
卒業生の中には起業家も登場し、バラエティに富んだ卒業生を集めたアルムナイ(同窓会)=写真=も毎年開催しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/27423/18/resize/d27423-18-429521-0.jpg ]



【株式会社アビタス】
本社所在地:東京都渋谷区代々木2-1-1新宿マインズタワー15階
代表者:代表取締役 三輪 豊明(みわ・とよあき)
事業内容:教育事業(米国公認会計士、公認内部監査人などの社会人向け国際資格プログラムを展開)
     人材事業(人材紹介;厚生労働大臣許可 13-ユ-302408
人材派遣;厚生労働大臣許可(派)13-302848)
設立:1995年7月
資本金:7,000万円
主な実績:米国公認会計士(USCPA)合格者約3,600人輩出、公認内部監査人(CIA)合格者約2,500人輩出など
事業所:本社(新宿本校)、八重洲校、大阪校
https://www.abitus.co.jp/
TEL:03-3299-3900 / FAX:03-3299-3777



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る