プレスリリース

  • 記事画像1

アクセルマーク株式会社

アクセルマーク、Gamania Digital Entertainmentと業務提携

(PR TIMES) 2017年01月23日(月)13時31分配信 PR TIMES

『ワールドクロスサーガ』の台湾・香港・マカオにおけるゲーム配信許諾契約を締結


[画像: https://prtimes.jp/i/21743/18/resize/d21743-18-593996-0.jpg ]

アクセルマーク株式会社(本社:東京都中野区 代表者:尾下 順治 証券コード:3624)は、時を思考する対戦RPG『ワールドクロスサーガ -時と少女と鏡の扉-』(略称:ワクサガ)の台湾・香港・マカオにおけるゲーム配信について、台湾大手ゲームパブリッシング企業であるGamania Digital Entertainment Co., Ltd.(本社:台湾 代表者:劉柏園)と業務提携し、配信許諾契約書を締結したことを発表いたします。当該地域での配信開始は、当社の2017年9月期第2四半期を予定しております。

■Gamania Digital Entertainment Co., Ltd.
・所在地 :No.111, Ruihu St., Neihu Dist., Taipei City 11494, Taiwan
・代表者 :劉柏園(Albert Liu)
・設 立 :1995年6月
・資本金 :NT$ 15.76億元
・事業内容:オンラインゲーム事業、決済事業、クラウドファンディング事業


『ワールドクロスサーガ -時と少女と鏡の扉-』とは

『ワールドクロスサーガ -時と少女と鏡の扉-』(略称:ワクサガ)は、可視化された時間軸で"刻(トキ)"を奪い合い、時を思考する対戦RPG。物語は、刻ノ少女レナと英雄たちが、世界の崩壊を止めるべく異世界を巡る冒険に出るところから始まります。

本作の特徴は「先手を取れば有利」という、今までの戦闘の定石が通じない超戦略型バトルシステム。1vs1でのオンラインバトルでは刻の奪い合いが楽しめる「闘技場」や、3人の仲間との連携がカギとなる「共闘バトル」は手に汗握るプレイ体験を提供致します。


◆概要
・名   称 :ワールドクロスサーガ -時と少女と鏡の扉-
・ジャンル  :時を思考する対戦RPG
・配信開始日 :2016年4月15日
・価   格 :基本プレイ無料 + 一部アイテム課金制
・配信プラットフォーム :App Store / Google Play™  ※一部非対応機種がございます。
・公式サイト :https://worldcrosssaga.jp/
・ゲームURL :
[App Store] https://itunes.apple.com/jp/app/warudokurosusaga-shiwo-si/id1086538905
[Google Play] https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.axelgame.wcs
・公式Twitter:https://twitter.com/WCS_jp
・権利者表記 :(C)AXEL GAME Entertainment



Gamania Groupについて(http://www.gamania.com

Gamania Groupはゲーム事業を中心に、決済サービス、eコマース、メディア運営、クラウドファンディングなど、多角的な事業を展開しています。グループ企業として、決済サービスを提供する「GAMA PAY」、越境ECサービスを提供する「jollywiz」、オリジナルコンテンツを配信するオンラインチャンネルの運営企業「Coture」、クラウドファウンディングプラットフォームを展開する「WeBackers」など複数の子会社を設立し、発展を続けています。
また、物々交換アプリ「Swapub」、コミュニケーションアプリ「BeanGo!」など新しいサービスを次々と開始しており、インターネット総合企業として台湾のクリエティブアイデアを全世界へ展開いたします。



アクセルゲームエンターテインメント株式会社

アクセルゲームエンターテインメントは、アクセルマークグループにおける自社パブリッシングタイトルを配信する会社として2015年に設立された、アクセルマーク株式会社の完全子会社です。第一弾の配信タイトルとして『ワールドクロスサーガ -時と少女と鏡の扉-』の提供を開始いたしました。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る