• トップ
  • リリース
  • 【日本テラデータ:2017年 年頭所感】企業のデータ資産をビジネス価値に変えるアナリティクス

プレスリリース

  • 記事画像1

日本テラデータ株式会社

【日本テラデータ:2017年 年頭所感】企業のデータ資産をビジネス価値に変えるアナリティクス

(PR TIMES) 2017年01月05日(木)11時54分配信 PR TIMES

デジタルトランスフォーメーションを強力にサポートするアナリティクス・ビジネス・コンサルティング


日本テラデータ株式会社
代表取締役社長 吉川 幸彦

 あけましておめでとうございます。

 IoT元年といわれた2016年は、モノ、ヒト、コトが業界の枠を超えてネットワークにつながり、多様なデータのトラフィック量が増加し、デジタライゼーションが加速した年でした。金融、製造、流通など広範囲で業務効率化や人材不足解消にAIの実用も始まり、自動車業界のコネクテッド・カーや金融業界のフィンテックのようなサービス型のビジネスモデルも拡がり始めました。

 企業は、自社データに外部データを掛け合わせたり、消費者のインサイトを可視化することで、よりパーソナライズされた顧客体験を消費者に提供できるようになっています。今後、デジタライゼーションの本格化に向けてビジネスモデルを進化させるには、データを資産として経営の根幹に据え、ビジネス価値を生み出すためのアナリティクスを駆使することがこれまで以上に重要になります。

 テラデータは、こうした需要に対応するため、データサイエンティストや各業種に特化したインダストリー・コンサルタントをアナリティクス・ビジネス・コンサルティングとして組織化し、ビッグデータ・プロジェクトを上流工程からご支援します。豊富なユースケースをフレームワーク化した「RACE」(Rapid Analytic Consulting Engagement)はコンサルティング・サービスの一つで、本格的な分析環境を構築する前のフェーズで、個々のビジネス課題を明確化し、分析機会の定義からその検証までの時間を大幅に短縮、課題を素早く価値に転換します。

 さらに、企業の変化するプラットフォーム導入戦略や経済的ニーズに対応するため、オープンソース・ソフトウェアなど新たなテクノロジーを含む、柔軟な導入オプションをご提案し、アナリティクス・エコシステムを更に強化しています。

 テラデータは、企業のデータ資産を素早くビジネス価値に変えるアナリティクスを提供し、お客様がデジタル時代の新しいサービス収益モデルを創り出すためのトラステッド・パートナーとして、競争力強化に貢献してまいります。

 本年も日本テラデータにご支援賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

以上

# # #

●日本テラデータウェブサイト内 年頭所感
http://www.teradata.jp/News-Releases/2017/Analytics-that-turns-corporate-data-assets-into-business-value/

# # #

◆ テラデータについて
 テラデータは、顧客企業の大きなビジネス成果獲得を支援しています。ビジネス分野のアナリティクス・ソリューションと、業界をリードするテクノロジー、アーキテクャの専門性とを合わせ、顧客企業のビジネスの可能性を引き出します。
http://www.teradata.com/

* TeradataおよびTeradataロゴは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る