プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

ネスレ日本株式会社

今年のバレンタインはもう迷わない!

(PR TIMES) 2017年01月13日(金)11時28分配信 PR TIMES

贈り手のニーズに合わせた、3種類のバレンタイン限定商品が続々登場

1.「キットカット 毎日の贅沢 スペシャルアソート」1 月16日(月)発売/2.「キットカット ショコラトリー モレゾン ホワイト」1月27日(金)発売/3.「キットカット ショコラトリー バレンタインアソート」1月27日(金)発売
ネ ス レ 日 本 株 式 会 社 ( 本 社 : 兵 庫 県 神 戸 市 、 代 表 取 締 役 社長 兼 C E O 高岡 浩三)は、
「キットカット」のバレンタイン限定商品 3 品を、2017 年 1 月 16 日(月)、27 日(金)に発売します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/13116/18/resize/d13116-18-438854-2.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/13116/18/resize/d13116-18-130024-5.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/13116/18/resize/d13116-18-448573-0.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/13116/18/resize/d13116-18-137544-4.jpg ]


[画像5: https://prtimes.jp/i/13116/18/resize/d13116-18-503431-1.jpg ]

 2014年1月に開業以降、累計来店客数が150万名を突破するなど、人気を博している専門店「キットカット ショコラトリー」は、トップパティシエ・高木康政氏の全面監修のもと、厳選素材の使用や新製法の導入を通じて、 革新的な商品をお届けし続けています。今回、そのこだわりが詰まったバレンタイン限定商品を、贈り手の様々なニーズに合わせて3品ご用意いたします。

[画像6: https://prtimes.jp/i/13116/18/resize/d13116-18-725842-6.jpg ]

特徴:
*1:「キットカット ショコラトリー」の人気商品「モレゾン」の贅沢感を手軽な価格と場所で購入できる「毎日の贅沢」シリーズは、自分チョコにぴったり。ウエハースの間に練りこんだラム酒の香りが、上品なホワイトチョコレートやアーモンドの香ばしさ、クランベリーの酸味と合わさり、深いコクと風味を楽しめる。
*2:高木康政氏が厳選したクーベルチュールチョコレートを使用した「キットカット ショコラトリー」の基幹商品「サブリム」シリーズの「サブリム ホワイト」の上に、たっぷりのクランベリーと、アーモンドのバーを手作業で乗せることで、まろやかで上品なホワイトチョコレートと、アーモンドの香ばしさ、クランベリーの酸味の絶妙なハーモニーを楽しめる。楽しい食感と贅沢な見た目の「キットカット」は、バレンタインにおける友チョコをはじめとした贈答にぴったり。
*3:「キットカット ショコラトリー モレゾン ホワイト」と「キットカット 毎日の贅沢 ホワイト」が一度に味わえる贅沢なアソート。ハートとクランベリー・アーモンドをあしらった、バレンタインデーにぴったりのパッケージデザインは、本命チョコにぴったり。


【参考資料】
キットカット ショコラトリー 「キットカット ショコラトリー」は、2003年以来「キットカット」の開発に携わり、これまで数々の監修商品の開発を通して「キットカット」の新しい魅力を発掘してきた「ル パティシエ タカギ」オーナーシェフ高木康政氏が全面監修した世界初の「キットカット専門店」です。ショップ名にある“ショコラトリー”はショコラティエとチョコレートファクトリーを組み合わせた造語。ショコラティエが見せるこだわりとチョコレート工場のわくわく感や楽しさに出会える、新たな“ファン(fun)”と“ブレイク(break)”を提供するコミュニケーション型ショップとして、幅広い層のお客様に訪れ楽しんでいただけるショップを目指しています。 http://nestle.jp/brand/kit/chocolatory/

【高木康政 プロフィール】
1966年生まれ。辻製菓専門学校、辻調グループフランス校卒業後、4年間の渡欧(フランス、ベルギー、ルクセンブルグ)。「アンフィックレス」(2つ星)「モデュイ」「ベルニュ」など有名店で修行し、 「オーバーワイズ」でデコラシオンシェフを務める。「JCグリュポー」で日本人として初めてシェフパティシエに就任。1992年、26歳にしてヨーロッパで最も権威のある「ガストロノミックアルパジョン」で、日本人最年少で優勝。世田谷区深沢の本店など都内5店を展開する「ル パティシエ タカギ」オーナーシェフ。(社)日本洋菓子協会連合会公認指導員、 (社)東京都洋菓子協会理事を務める。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る