• トップ
  • リリース
  • ロエベ が誇るクラフト技術を新しいフォームに進化させた              『LOEWE: THIS IS HOME』を2017年ミラノサローネで発表

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

LVMHファッション・グループ・ジャパン株式会社 ロエベ ジャパン

ロエベ が誇るクラフト技術を新しいフォームに進化させた              『LOEWE: THIS IS HOME』を2017年ミラノサローネで発表

(PR TIMES) 2017年04月07日(金)09時24分配信 PR TIMES

2015年より3度目となるミラノサローネ国際家具見本市にて総合的なデザインでロエベのクラフツとデザインの融合を表現。


[画像1: https://prtimes.jp/i/10711/18/resize/d10711-18-943679-18.jpg ]



2017年ロエベがミラノサローネ国際家具見本市で発表するのは、メゾンの職人技を示し、そのクリエイティブな表現をさらに押し広げる特別に用意されたコレクション『LOEWE: THIS IS HOME』。このコレクションは多彩な芸術形式からのインスピレーションとロエベが誇る卓越の技、そして選ばれたクラフトパートナーの優れたノウハウとを組み合わせることで、独自にデザインされた製品が並ぶ、複数のカテゴリーにまたがるロエベならではの世界観を表現しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/10711/18/resize/d10711-18-650528-4.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/10711/18/resize/d10711-18-871400-7.jpg ]


家具、ランプ、毛布、陶磁器、クッションなどで構成されるコレクションを考案し、複合的なクラフト(工芸)のランドスケープにまとめ上げたのが、クリエイティブ ディレクターのジョナサン・アンダーソンです。

「これは籐細工、スターモチーフ、英国の伝統的な木工業、ニットの壁飾りといった、さまざまに異なる情報のコラージュです。私は、多方面の職人たちを呼び集めることで新しい物理的な形をデザインし、工芸を応用することで、ファッションを家の中にどんどん展開していける、という考え方をしています。これこそがロエベの個性を生かす方法だと思います。」

注目すべきはウールで編み上げられたアブストラクトな壁飾りと“マウスマン”とのコラボレーション

[画像4: https://prtimes.jp/i/10711/18/resize/d10711-18-314450-0.jpg ]



装飾性と機能性との境界を曖昧にしている最も顕著なアイテムが、男性の等身大の複数の裸像をウールで編み上げた、アブストラクトな壁飾りです。(壁に飾るというのが、この多目的に使えるデザインのひとつの使用方法ですが、1体単独で、あるいは2体以上を集めて飾ることができる裸像は、例えば、長椅子の上に寝かせるといったように水平の表面に置いても同じだけのインパクトを発揮します。)
[画像5: https://prtimes.jp/i/10711/18/resize/d10711-18-438775-13.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/10711/18/resize/d10711-18-881898-2.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/10711/18/resize/d10711-18-694186-1.jpg ]



もうひとつのハイライトが、アンダーソンがデザインし、英国のヨークシャーにある、ロバート“マウスマン”トンプソンという5代にわたる家具職人の工房が製造したオーク材だけでできた家具セットです。この工房は製造する製品すべてに、署名代わりにネズミが彫り上げられていることでその名を知られています。このスペシャルコレクションにはまた、アメリカン・ミニマリズムにインスパイアされ、メタルフレームに籐製パネルを組み合わせた椅子やベンチ一式、満天に星が輝く夜空を思い起こさせる丸いウールのカーペット、陶磁器にレザーのディテールをあしらったスペイン製ハンドメイドのシリーズもあります。

マウスマンとの作品はこちらから動画でご覧いただけます。→ https://www.instagram.com/p/BSdvCiEACA9/?taken-by=loewe

5月1日からロンドンのリバティを皮切りにヨーロッパで巡回展示

[画像8: https://prtimes.jp/i/10711/18/resize/d10711-18-736414-6.jpg ]



クラシックなロエベのアイテムを斬新に表現したウールのセレクションは、フォルム、質感、カラーを多彩に組み合わせる一方、他の追随を許さないロエベのレザーへのノウハウが、極めて高い耐久性をもつトリヨンレザーのランプシェード、パフ、マルチユースのシーツなどに駆使されています。2017年のミラノサローネ出展プロジェクトとして開発されたコレクションのすべてのアイテムがお買い求めいただけるだけでなく、中には特注としてオーダーしていただけるものもあります。また、個々に販売されるものもあれば、セットとしてのみの取り扱いとなるものもあります。

4月5日にはカサ ロエベ ミラノ店でインスタレーションのお披露目とカクテルパーティーを開催

[画像9: https://prtimes.jp/i/10711/18/resize/d10711-18-198028-16.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/10711/18/resize/d10711-18-268095-14.jpg ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/10711/18/resize/d10711-18-684891-15.jpg ]

[画像12: https://prtimes.jp/i/10711/18/resize/d10711-18-967369-17.jpg ]

左からロエベクリエイティブ ディレクター ジョナサン・アンダーソン、建築家 アレッサンドロ・メンディーニ、
デザイナー バルナパ・フォルナセッティ

[画像13: https://prtimes.jp/i/10711/18/resize/d10711-18-251802-19.jpg ]

左から インテリアデザイナー シモーネ・ファルジン、プロダクトデザイナー ベザン・ラウラ・ウッド

[画像14: https://prtimes.jp/i/10711/18/resize/d10711-18-934123-20.jpg ]

セレブリティ、マルゲリータ・マッカパーニ・ミッソーニ

ランドマークとなっている建物の歴史的なパティオを含むインスタレーションをフィーチャーしたコレクションは、4月4日にカサ ロエベ ミラノ店でデビューしました。ミラノサローネ後は、ロンドンを代表するデパート「リバティ」(Liberty)で5月1日から21日まで展示され、その後パリ、マドリードと巡回します。

今秋日本ローンチ予定のプロダクト


[画像15: https://prtimes.jp/i/10711/18/resize/d10711-18-604903-5.jpg ]

[画像16: https://prtimes.jp/i/10711/18/resize/d10711-18-774551-8.jpg ]

[画像17: https://prtimes.jp/i/10711/18/resize/d10711-18-563169-10.jpg ]

[画像18: https://prtimes.jp/i/10711/18/resize/d10711-18-619411-9.jpg ]



このミラノサローネへの出展を記念して、ロエベは、サローネ コレクションのスターモチーフで飾られたトートバッグとポーチのスモールラインを発表し、世界中のロエベブティックで販売予定です。日本では10月上旬ローンチ予定です。

カサ ロエベ ミラノ 住所 VIA MONTENAPOLEONE, 21 MILAN

営業時間 10:00-19:00TEL +39 0276340533 不定休   

#LOEWEprojects
#LOEWEThisIsHome
#SaloneDelMobile


■loewe.com
http://www.loewe.com/

■facebook
https://www.facebook.com/LOEWEJAPAN/?ref=hl

■twitter
https://twitter.com/LoeweJP

■instagram
https://www.instagram.com/loewe/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る