• トップ
  • リリース
  • ファンタジースポーツ「Rabona」がJリーグ開幕に伴いドラフト開始とリブランディングを実施

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

ファンタジースポーツ「Rabona」がJリーグ開幕に伴いドラフト開始とリブランディングを実施

(PR TIMES) 2019年02月20日(水)14時40分配信 PR TIMES

サッカーファンを対象としたファンタジースポーツ「Rabona」(本社: Rabona Pte. Ltd.)は本年度もJリーグの開幕と共にドラフトを開始いたしました。
また社名ロゴ・プロダクトをリニューアルして、よりスポーツの熱狂が伝わる仕様に変更いたしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/34855/17/resize/d34855-17-280604-7.png ]

→サービスURL
https://rabona-fan.com/?utm_source=press&utm_medium=content-text&utm_campaign=20190220_pre


■Rabonaとは?

好きな選手をドラフトして自分だけのドリームチームを作り、実際の試合での選手の活躍に応じてポイントが付与され、合計ポイントのランキング上位者は賞金がもらえるサービスです。

サッカーファンはもちろん、サッカーを初めて観戦する方にとっても楽しめるサービスです。

2018年ロシアW杯に合わせてβ版をリリース後、SNSでの口コミを中心に多くの方にご利用頂いております。

代表戦はもちろん、明治安田生命J1リーグでもお楽しみいただけます。


[画像2: https://prtimes.jp/i/34855/17/resize/d34855-17-394138-2.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/34855/17/resize/d34855-17-337687-4.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/34855/17/resize/d34855-17-510915-6.png ]



→ Jリーグ開幕に伴い、ドラフト開始!! ( 無料 )
https://rabona-fan.com/?utm_source=press&utm_medium=content-text&utm_campaign=20190220_pre


■ リブランディングに込めた想いと背景 − CEOメッセージ

・スポーツの本質。 −「熱狂」−

スポーツは今、変わらなければなりません。変化ではなく革命が必要です。

政府が掲げている日本再興戦略でもスポーツビジネスを成長産業としている一方で、2025年までに15兆円市場へと成長させるための具体的な解は出せていません。

私たちは日本のスポーツビジネスを限られた一部の人々が楽しむコンテンツではなく、アジアの人々の生活の一部として位置付ける必要があると考えています。


・スポーツは圧倒的に稼げる。 − Rabonaのミッション −

Rabonaは「フットボールファンに、新しい熱狂を。」というビジョンのもと、スポーツの熱狂をより身近に感じてもらえるサービスを提供します。

そしてアジアのスポーツ界全体に行き渡るお金の流通を増やし、なめらかにすることを目標としています。

欧州や欧米に比べて日本が抱える小さい島国という市場規模の限界は、国境を超えたアジア諸国間でのヒト・モノ・サービスの流通を増やすことによって解消されます。

Rabonaはファンタジースポーツという新しい切り口でそのキッカケを提供し、アジアのスポーツビジネスを活性化させていきたいと考えています。


[画像5: https://prtimes.jp/i/34855/17/resize/d34855-17-247260-0.png ]



■ 会社概要

会社名:Rabona Pte. Ltd.

代表者:石川 貴大

所在地:1 Raffles Place, #23-04 One Raffles Place, Singapore 048616

設立:2018年1月29日

HP:https://home.rabona-fan.com

事業:Rabonaの開発・運営


■ 本リリースに関するお問い合わせ先

Email:info@rabona-fan.com

担当:後 京佑



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る