• トップ
  • リリース
  • アイルランドの海産食品業界は、日本のイオン各店をご利用の消費者の皆様への販売促進を目標にしています

プレスリリース

アイルランド大使館

アイルランドの海産食品業界は、日本のイオン各店をご利用の消費者の皆様への販売促進を目標にしています

(PR TIMES) 2017年03月16日(木)11時29分配信 PR TIMES

~ Bord Biaがアイルランド海産物の日本への販売促進キャンペーンを開始 ~

Bord Bia(アイルランド食糧庁)は、日本を代表する小売業グループのイオンとの提携を通じ、日本の消費者にアイルランド産の海産物をアピールする活動を開始しました。Bord Biaは、広範なサンプリングプログラムの一環として、提携した最大100店舗のイオンの小売店で最大9種類のアイルランド産の鯖および鰊製品の販売促進キャンペーンを行う予定です。このキャンペーンは、日本の消費者に対し、アイルランド産の海産物の高い品質および優れた持続可能性への認識を高めてもらうことを意図したものであり、3月17日から19日にかけて実施されます。
このプロモーションを実施するにあたり、Bord Biaの海産食品部門責任者であるKaren Devereuxは、「私たちはイオングループと協力し、アイルランド産のすばらしい海産物とアイルランド漁業の極めて優れた持続可能性についての認識を高める活動を行うことができるのを光栄に思っています。アイルランドは欧州で最も豊かな漁場の中心に存在するという地理的優位性を持っているため、海産物を漁獲してすぐに陸揚げし、極めて新鮮な原材料として処理することができます。そのため、最も優れた味覚を備えた日本の消費者に対し、最高品質の海産食品を供給することができるのです」と述べています。

すべての島国と同じように、アイルランドは常に隣国との貿易を行ってきました。海産食品業界も例外ではありません。アイルランドは、毎年、世界中の70以上の市場に5億6千万ユーロ相当額の海産食品を輸出しています。アイルランド産海産食品の輸出先としての日本の重要性はますます高まっており、2016年度の輸出実績は1千万ユーロに達し、毎年2桁の成長を遂げています。Devereuxはさらに、「このプロモーションは、Bord Biaの海産食品の輸出促進プランにおける重要な一部であり、アイルランド産海産食品業界にとっての新しい輸出機会の創出に資するものです。このプロモーションにより、日本の市場におけるアイルランド産海産食品の存在感が高まり、日本への輸出拡大実現に向けての最初の一歩になることを確信しています」とも述べています。

Bord Biaでは、このキャンペーンを支援するために、新しいアイルランド産海産食品のロゴを作成しました。このロゴは、アイルランド産であることを日本の消費者に認識してもらうためのものであり、アイルランド産の鯖および鰊製品を識別するマークとして使用されます。また、日本の消費者にアイルランド産海産食品の良さとその特徴を知ってもらうために、アイルランド産海産食品の販売促進用リーフレットなども用意しています。

アイルランド海産食品業界の保証
世界中に「緑の島」として知られているアイルランド島は、その最大の資源である海に囲まれています。清浄で汚染のない海水は水生生物の宝庫であり、高品質な海産食品を生産するための極めて優れた環境を形成しています。

プロモーションでは、アイルランド産原材料を使用し、日本で処理および包装された製品を提供します。これらは、MSCの海産食品証明プログラムによって正式に認可されており、日本向け製品としての高い持続可能性が保証されています。日本へ海産食品を輸出するアイルランド企業も、Bord Biaが運営する世界初の持続可能性プログラムであるOrigin Greenによる認定を取得しています。Origin Greenプログラムは、生産と加工の両レベルでの活動を通じ、持続可能で高品質な食品および飲料を消費者に提供する世界のリーダーであろうとするアイルランドの意思を明確に表しています。この自発的プログラムでは、各段階で独立して検証が行われています。この認定を取得しているアイルランドの食品関連企業は、原材料の調達、エネルギー、廃棄物、水、および社会的な持続可能性の各分野において、持続可能なプランを作成し、明確な目標を定めています。

Bord BiaのTara McCarthy長官は、持続可能性に関する業界の保証を強調しつつ、「持続可能な生産における国際的なリーダーとしての高い評価を誇らしく思います。責任をもって原材料を管理し環境を保護することは、漁業の発展を促すための基本的な原理です。このような問題に対する保証に加え、品質および食品の安全性に関する最高水準の保証を求める消費者は世界規模で増加しています。アイルランドの各企業は、持続可能性プログラムであるOrigin Greenを通じて、これらの要望に積極的に応え、さらにその先へと進もうとしています。アイルランドの企業は、それぞれ環境への負担の軽減、地域へのさらなる奉仕、および特別に豊かな自然資源の保護に努めています。アイルランド産の海産食品が日本の消費者に浸透すれば、アイルランドが享受しているこれらの利点を日本の消費者も共有することになるということが理解されるでしょう」。

以上

お問い合わせ先:
Elaine Crosse, Bord Bia, Communications
電話:00353-1-6142258
www.bordbia.ie
www.twitter.com/bordbia
www.facebook.com/bordbia
www.origingreen.ie

参考情報
Bord Bia(アイルランド食糧庁)について
Bord Bia - アイルランド食糧庁は、アイルランド産の食品、飲料、および園芸に関する市場開発および販売促進を所管する政府機関です。Bord Biaは、欧州、アジア、北米などに配置された13の事務所を通じて、国際市場への輸出促進活動を行っています。また、海外事務所のネットワークを通じて新しい市場での販売ルートの開拓を行い、アイルランド産の海産食品産業を支援する重要な役割を担っています。Bord Biaは、アイルランド企業と世界中の既存顧客や見込み顧客との架け橋として、アイルランド産食品のすばらしい味を世界中のさらに多くの食卓にお届けするために活動しています。

Irish Seafood Industry Targets Japanese Consumers in Aeon Stores
~ Bord Bia Launches Promotional Campaign for Irish Pelagic Fish across Japan ~

Bord Bia, the Irish Food Board, is bringing a taste of Irish seafood to the attention of Japanese consumers through a promotion planned with the leading retail group, Aeon. The Irish state agency, in partnership with Aeon, will promote a range of up to nine Irish mackerel and herring products through an extensive in-store sampling programme in up to 100 Aeon retail outlets across Japan. The campaign, running from 17th to the 19th March, aims to raise awareness about the quality and sustainability credentials of seafood from Ireland.

Speaking in advance of the promotion, Karen Devereux, Bord Bia's Seafood Sector Manager, said, “We are delighted to work with Aeon in helping to raise awareness about the fantastic seafood we have available from Ireland and the unrivalled sustainability credentials that govern our production of Irish pelagic fish. Our geographic location at the heart of the most fertile fishing grounds in Europe allows us to land and process prime quality raw material shortly after catch, thereby, ensuring optimum quality seafood to the most discerning Japanese consumers.”

Like all island nations, Ireland has always looked to trade with its neighbours and the seafood industry is no different. Each year, Ireland exports around €560 million worth of seafood to more than 70 markets around the world. Japan is an increasingly important destination for Irish seafood exports with sales reaching €10 million in 2016 and demonstrating double digit growth year on year. Ms Devereux added, “This promotion is a key element of Bord Bia’s seafood trade development programme which is focused on identifying new market opportunities for the Irish seafood sector. We are committed to growing our presence in the Japanese market and see this promotion as the first step in expanding our exports in the region”.

To support the tasting programme, Bord Bia has developed a new Irish seafood logo that will be used as a signature mark on Irish mackerel and herring to help Japanese consumers identify and recognise the origin of the products. Other point of sale material including an Irish seafood leaflet will also be made available to consumers to help educate them about Irish seafood and its unique attributes.

Ireland’s Seafood Industry’s Credentials
Known all over the world as the ‘Green Isle’, the island of Ireland is surrounded by one of its greatest natural resources – the sea. These clean, unpolluted waters are rich in aquatic life and form an exceptional environment for the production of seafood.

The range of products on promotion, sourced from Ireland and further processed and packed in Japan, are fully accredited by the MSC’s fisheries certification programme, guaranteeing the sustainability credentials of these products to the Japanese consumer. Irish pelagic exporters to Japan are also verified by Bord Bia’s Origin Green, the first national sustainability programme of its kind anywhere in the world. Working at both producer and manufacturing level, Origin Green clearly sets out Ireland’s ambition to become a world leader in the delivery of sustainable, high-quality food and drink products. Independently verified at every stage, this voluntary programme sees Irish food companies develop a sustainability plan that defines clear targets in areas of sustainability, such as raw material sourcing, energy, waste, water and social sustainability.

Further highlighting the industry’s sustainability credentials, Bord Bia’s Chief Executive, Tara McCarthy said, “We are very proud of our reputation as an international leader in sustainable production. Responsible stewardship and environmental protection are core principles guiding the development of our wild fisheries. Consumers globally increasingly demand assurances on these matters, in addition to expecting the highest standards of quality and food safety. Our companies have been very proactive in achieving and surpassing these expectations through our Origin Green sustainability programme. When Japanese customers source seafood from Ireland, they know they are working with companies that are committed to reducing their environmental impact, serving their local communities more effectively and protecting the extraordinarily rich natural resources that our country enjoys”.

ENDS

Media Contact:
Elaine Crosse, Bord Bia, Communications
Tel: 00353-1-6142258
www.bordbia.ie
www.twitter.com/bordbia
www.facebook.com/bordbia
www.origingreen.ie

NOTES TO THE EDITOR
About Bord Bia
Bord Bia - The Irish Food Board is the Irish government agency responsible for the market development and promotion of Irish food, drink and horticulture. Bord Bia has 13 overseas offices across Europe, Asia and North America, in order to promote trade in international markets. Through its office network, Bord Bia plays a key role in assisting the Irish seafood sector in developing sales in new markets. Bord Bia acts as a link between Irish suppliers and existing and potential customers throughout the world and its aim is to develop new export market and bring the great taste of Irish food to more tables world-wide.




プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る