• トップ
  • リリース
  • ネットイヤーグループとNTTデータがオムニチャネル推進に向けた協業で合意

プレスリリース

ネットイヤーグループ株式会社

ネットイヤーグループとNTTデータがオムニチャネル推進に向けた協業で合意

(PR TIMES) 2016年05月27日(金)15時14分配信 PR TIMES


ネットイヤーグループ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 兼 CEO:石黒 不二代、以下:ネットイヤーグループ)と株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下:NTTデータ)は、流通業界を中心とした企業へのオムニチャネル導入の推進を目的に協業することで、2016年5月27日に合意しました。
オムニチャネルとは、ECや実店舗等をまたいで顧客・商品・在庫情報等の一元管理を行うことで、在庫の最適化や、顧客の属性や嗜好などに合わせた適切なキャンペーンの実施など、導入企業およびその顧客の双方にとっての利便性向上を実現する仕組みです。
ネットイヤーグループはこれまで企業や地域に対し、消費者の体験設計とそれに基づいたサービス設計や実装を通じて、オムニチャネルをはじめとするデジタルマーケティング領域における企業の取り組みを支援してきました。また、NTTデータは流通サービス業界におけるオムニチャネル推進など法人分野の企業が取り組む「攻めのIT」領域において、企業の多様なニーズに対応可能な先進的なソリューションの提供を行ってきました。
今後、両社は共同で、コンサルティングからシステム構築・運用、運用における情報解析等を行うことで、企業が求める最適なオムニチャネルの実現に寄与します。


【背景】
昨今、消費者を取り巻く情報やチャネル(顧客との接点)の増加によって消費行動は変化し、企業は変化への対応が求められています。その手段として、企業が持つ複数のチャネルを統合してアプローチする方法として「オムニチャネル」を検討する企業が増えています。しかし、「オムニチャネル」を導入するにあたって、目的およびゴールの設定や、導入・実現の方法など、手探りの状況である企業が多く存在すると想定されます。

そこで、ネットイヤーグループが強みとする「ユーザーエクスペリエンスデザイン(注)による、デジタル時代に求められる企業の変革をサポートする力」とNTTデータの強みとする「数々のクリティカルなシステム開発で培ってきた総合的なプロジェクトマネジメント力・システム開発力」を組み合わせることで、オムニチャネルを志向する企業のゴール設定から実現に向けた取り組みの支援をできると考え、今回提携に至りました。


【協業の概要】
「準備フェーズ」、「基本構想フェーズ」、「導入・運営フェーズ」の3つのフェーズに分けて、両社で企業のオムニチャネル戦略実現に向けた支援を行います。

■準備フェーズ
企業のオムニチャネルへの本質的理解や、経営層やステークホルダーとの認識共有を深めるべく、各種セミナーやワークショップの提供を行います。

■基本構想フェーズ
企業のオムニチャネル戦略の将来像、導入ストーリーに対する合意形成を支援するべく、企業が提供する商品やサービスと顧客の接点において、どのような体験を提供したいかを顧客視点に立ち理想像を描く支援を行います。また、その理想像を実現するための具体的な実現方法/計画の策定支援を行います。

■導入・運営フェーズ
基本構想フェーズで策定した計画に基づき、最適なソリューションの提供やシステム開発を行います。また、運用フェーズにおいてはアクセス解析を行い、さらなる企業のオムニチャネル戦略実現に向けた改善案を提案します。


【各社の役割】
■ネットイヤーグループ
準備、基本構想フェーズにおいて、ユーザー視点に基づいた最適なエクスペリエンスデザインにより、企業の目指す理想像・ゴールを描くコンサルティングを行います。導入・運営フェーズにおいてはECデザインやアクセス解析・サイト運用を支援します。

■NTTデータ
準備、基本構想フェーズにおいて、企業の理想像・ゴールを実現するためのシステム実現方針の策定を行います。また、システム実現方針の策定においては、多くの経営戦略や情報戦略を立案してきた、株式会社NTTデータ経営研究所のコンサルティングサービスの提供も検討しています。導入・運営フェーズにおいては、オムニチャネル戦略を支える最適なソリューションの提供やシステム運用を支援します。


【今後について】
今後、両社は共同でコンサルティングからシステム構築・運用、運用における情報解析等を行うことで、企業が求める最適なオムニチャネルの実現に寄与します。また、セミナーなどを通して企業におけるオムニチャネルの必要性を訴えていくことで、オムニチャネル導入のさらなる促進を図るとともに、オムニチャネルを成功に導くためのポイントをソリューション化していくことも検討していきます。


【参考】
■ネットイヤーグループについて
ネットイヤーグループは、「ビジネスの未来をデジタルで創る、ビジネスの未来をユーザーと創る。ユーザーエクスペリエンスからすべてが始まる。」をミッションとして、企業や地域に対し、デジタル時代に求められる変革を支援している企業グループです。デジタルマーケティングに関するコンサルティング、デジタルコンテンツの企画制作、システム開発、マーケティングツールの企画販売、クラウド型オフィスツールの企画販売等を行っております。

URL:http://www.netyear.net/

事業:コンサルティング、デジタルコンテンツの企画制作、システム開発、マーケティングツールの企画販売、クラウド型オフィスツールの企画販売、データ解析・効果測定、ソーシャルメディアマーケティング支援、小売業向けO2Oアプリクラウドサービスの販売


■NTTデータについて
NTTデータは、情報システムの戦略立案から企画・開発・運用保全をトータルサービスとして提供するITサービス業界のリーディングカンパニーです。世界40カ国以上に社員を擁しています。昨今では、流通サービス業界におけるオムニチャネル推進や、製造業におけるIoT領域等の取り組みなど、法人分野のお客さまが取り組む「攻めのIT」領域において、お客さまの多様なニーズに対応可能な先進的なソリューションの提供を行っています。

URL:http://www.nttdata.com/jp/

事業:システムインテグレーション事業、ネットワークシステムサービス事業、その他これらに関する一切の事業


(注)ユーザーエクスペリエンスデザインとは、サービスを利用するユーザーが、サービスを通じて受け取る体験を中心として、サービスやシステムを設計する手法のことです。ネットイヤーグループは1999年の設立以来、ユーザーエクスペリエンスを核としたサービスやシステムの設計、実装サービスを提供しています。

※文中における商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。


【本件に関するお問い合わせ先】

■ 協業に関するお問い合わせ先
ネットイヤーグループ株式会社
デジタルマーケティングプロデュース事業部
倉森
Tel:03-6369-0500

株式会社NTTデータ
ITサービス・ペイメント事業本部 交通・流通事業部
上、井上、原口
Tel:050-5546-9937


■ 報道関係のお問い合わせ先
ネットイヤーグループ株式会社
社長室
石井、長岡
Tel:03-6369-0500

株式会社NTTデータ
広報部
甘田(かんだ)、風間
Tel:03-5546-8051

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る