• トップ
  • リリース
  • 郵船ロジスティクスがフルフィルメント業務をグローバルで標準化

プレスリリース

マンハッタン・アソシエイツ株式会社

郵船ロジスティクスがフルフィルメント業務をグローバルで標準化

(PR TIMES) 2017年04月11日(火)10時41分配信 PR TIMES

マンハッタン・アソシエイツの倉庫・物流ソリューションを採用

郵船ロジスティクスは、同社が展開するグローバルなロジスティクスサービス向けのフルフィルメント実行エンジンとして マンハッタン・アソシエイツ が提供する倉庫・物流管理ソリューション「Manhattan SCALE」を採用いたしました。
マンハッタンのソリューションはMicrosoft Azureのクラウドプラットフォーム上に実装され、郵船ロジスティクスならびにその顧客が 収益、利益率、業務効率等を改善するのに役立つとともに、欧州、中東およびアフリカ(EMEA)、アジア太平洋地域 (APAC)、米国で広く展開する同社のビジネスの拡大に貢献します。
郵船ロジスティクスは、航空輸送、海上輸送、道路輸送といった複合的なフレイトサービスを中核にして、幅広い業種に向けた事業を展開しています。同社が重視しているビジネス課題のひとつは、クライアントごとに異なる要件を満たすソリューションを確実に提供していくことにあります。以前は多数のベンダーのシステムを個別に活用して運用を行なって来ましたが、このたびグローバル規模で導入が可能な単一の倉庫管理ソリューション(WMS)を標準システムとして採用することを決定しました。これにより、顧客からの要求が高まるサービスレベルに一貫性を保たせることを可能にしました。

Yusen Logistics EuropeのCIO、Tony Gudger 氏は次のように語っています。
「私たちが戦略的なフルフィルメント・ソリューションとしてManhattan SCALEを選択したのは、機能性、拡張性、導入の容易さと迅速さ、グローバルなサポート能力、ソリューションのTCO(総所有コスト)など、さまざまな要因を考慮した上での判断でした。当社とマンハッタンとの長期的なパートナーシップは14年もの長きにわたり続いており、これまでも様々なWMSのテクノロジーを世界各国で活用してきましたが、その実績が選考プロセスにおいても大変重要な判断基準となりました」

郵船ロジスティクスでは、2012年以来 Microsoft Azureをクラウドサービス・プラットフォームとして利用してきたため、Azure上にManhattan SCALEを展開するという判断は極めて合理的なものでした。南ヨーロッパで最初に導入を進めたプロジェクトの中でも、AzureおよびManhattan SCALEにおける問題は一切報告されていません。同社では今後、Manhattan SCALEを、比較的小規模な物流ハブ拠点から、マルチサイト、マルチチャネル、大量のスループットを抱える大規模なサプライネットワークに至るまで、ローカルおよびグローバルのフルフィルメント業務全般で活用していく計画です。

マンハッタン・アソシエイツのEMEA担当上級副社長、Henri Serouxは次のように述べています。
「世界各国に広がる郵船ロジスティクスのお客様は、複数の販売チャネルや地域のそれぞれにおいて収益性を高めていかなければならない一方で、製品のスピーディな提供を実現し、顧客満足度も最大限に高めるための努力を同時に行っています。郵船ロジスティクス様の世界的な成功を次のフェーズへと押し上げるため、私たちのテクノロジー、サービス、サポート能力がその一助となれることに心躍らせています」

郵船ロジスティクスがMicrosoft Azure上で導入したManhattan SCALE の詳細については、以下の動画でもご覧いただけます。
http://www.manh.com/resources/videos/yusen-logistics-implements-manhattan-scale-microsoft-azure(英語)

マンハッタン・アソシエイツの最新の製品情報や顧客、パートナーに関するニュースは、Twitter ( https://twitter.com/ManhAssocUK ) および Facebook ( http://www.facebook.com/ManhattanAssociates ) からご覧ください。


●郵船ロジスティクスについて
郵船ロジスティクスの事業基盤は、国際的フレイトフォワーディング(航空、海上)、コントラクトロジスティクス(倉庫保管等)、輸送(トラック輸送等)などのサービスで構成されています。こうしたサービスは、単独のサービスとしてだけでなく、サプライチェーン・サービスプロバイダーによって提供される広範なサービスの一環としても機能しています。そして、自社で培ったサプライチェーンの中核技術を活用して、世界の産業市場で求められるサプライチェーンを設計、実装、管理するとともに、より複雑な輸送モデルの構築を実現します。郵船ロジスティクスは、サービスプロバイダーとしてお客様との強力な関係を構築するとともに、お客様の長期的な成功に貢献することを一義としてこれらの事業を展開しています。より詳細な情報はwww.yusen-logistics.com/jp/ でご覧いただけます。

●マンハッタン・アソシエイツについて
マンハッタン・アソシエイツは、サプライチェーンとオムニチャネル分野のテクノロジーリーダー企業です。フロントエンドの販売プロセスとバックエンドのサプライチェーンの統合によって企業内外の情報を集約するとともに、先進のソフトウェア、プラットフォーム技術、および豊富な実績と経験が、お客様の成長と収益の確保を強力に支援します。そして、最先端のクラウドならびにオンプレミス環境をベースとしたソリューションを開発し、店舗、流通ネットワーク、物流センターに提供することで、オムニチャネル市場におけるビジネスを成功へと導きます。詳細については www.manh.com/ja-jp をご参照ください。

**********

※本プレスリリースは2017年4月5日にオランダ・ニーウェガインおよび米国アトランタで発表された内容の抄訳です。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る