プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

プラズマクラスター除湿機 2機種を発売

(PR TIMES) 2017年03月09日(木)14時35分配信 PR TIMES

部屋干し衣類の生乾き臭(※3)を消臭しながら乾燥、部屋の付着カビ菌(※4)の増殖も抑制


[画像1: https://prtimes.jp/i/12900/17/resize/d12900-17-916964-0.jpg ]


 シャープは、リビングなどに2段干しした衣類もしっかり乾燥できる大容量タイプ<CV-G120>と、洗面所やウォークインクローゼットなど狭い場所にも設置しやすいコンパクトタイプ<CV-G71>のプラズマクラスター除湿機2機種を発売します。

 本機は、部屋干し衣類の乾燥に加え、高濃度プラズマクラスターで衣類の生乾き臭や衣類についた汗臭(※5)を「スポット消臭」できるほか、衣類や部屋に染み付いたタバコの付着臭(※6)も分解・除去します。また、高濃度プラズマクラスターと除湿の組み合わせにより、部屋の付着カビ菌の増殖も抑制します。

 大容量タイプの<CV-G120>は1日12L(※7)の除湿能力を有し、リビングなど広い部屋に2段干しした衣類も「180°広角自動スイングルーバー」でしっかり乾燥させることができます。また、コンパクトタイプの<CV-G71>は約A4サイズの設置面積ながら1日7.1L(※8)の除湿能力があり、狭い場所での衣類乾燥はもちろん、高湿対策やカビ対策にも活用できます。

 両機種ともに低消費電力のコンプレッサー方式で、持ち運びや排水に便利なハンドル付きの排水タンクを採用しています。

■ 主な特長

高濃度プラズマクラスター搭載で、部屋干し衣類の生乾き臭の「スポット消臭」や部屋の付着カビ菌の増殖を抑制
天井方向から床付近まで風を届ける「180°広角自動スイングルーバー」で2段干しした衣類もしっかり乾燥<CV-G120>
ほぼA4サイズの設置面積で、狭い場所にも置きやすいコンパクト設計<CV-G71>


※1 プラズマクラスターロゴ(図形)およびプラズマクラスター、Plasmaclusterは、シャープ株式会社の登録商標です。
※2 当技術マークの数字は、商品を壁際に置いて、衣類消臭「強」運転時に、高濃度プラズマクラスター7000適用床面積の部屋中央(床上1.2m)で測定した1立方センチメートル当たりのイオン個数の目安です。
※3 部屋干し衣類の生乾き臭のスポット消臭の効果は、「プラズマクラスター除湿機で実証している効果」(1)を参照ください。
※4 約20立方メートル(約5畳相当)の試験空間での除湿運転時の7日後(1日24時間)の効果であり、実使用空間での実証結果ではありません。詳しくは、「プラズマクラスター除湿機で実証している効果」(2)を参照ください。
※5 衣類に付いた汗臭のスポット消臭の効果は、「プラズマクラスター除湿機で実証している効果」(3)を参照ください。
※6 衣類や部屋に付いたタバコの付着臭を分解・除去の効果は、「プラズマクラスター除湿機で実証している効果」(4)を参照ください。
※7 除湿「強」運転時。室温27℃、相対湿度60%を維持し続けたときの1日あたりの60Hz時の除湿量。50Hz時は11L/日。
※8 除湿「強」運転時。室温27℃、相対湿度60%を維持し続けたときの1日あたりの60Hz時の除湿量。50Hz時は6.3L/日。

[画像2: https://prtimes.jp/i/12900/17/resize/d12900-17-682325-1.jpg ]



<プラズマクラスター除湿機で実証している効果>
約5〜10畳相当の試験空間における実証結果であり、実使用空間での実証結果ではありません。
使用場所の状況や使いかたによって効果は異なります。

(1)部屋干し衣類の生乾き臭を「スポット消臭」
<約3時間後の効果です。吹き出す風の当たらない部分のニオイは取れません。>
★付着しているニオイの種類・強さ・対象物の素材などによって、消臭効果は異なります。
●試験機関:当社調べ。
●試験方法:部屋干し衣類の生乾きのニオイ成分を付着させた布片にプラズマクラスターイオンを集中的に照射し、消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。
■試験結果:約3時間で気にならないレベルまで消臭。CV-E71(CV-G71と同等性能機種)のイオン送風「弱」運転で実施。

(2)付着カビ菌の増殖を抑制
<約20立方メートル(約5畳相当)の試験空間での除湿運転時の7日後(1日24時間)の効果です。>
●試験依頼先:(一財)日本食品分析センター
●試験成績書:第1500450000-01号(平成27年3月2日発行)
●試験方法:試験空間にカビ菌を付着させた塩ビ板を置き、プラズマクラスターイオンを放出。JIS Z 2911を参考にしてカビ発育面積を比較。
■試験結果:7日後に増殖を抑制。CV-E71(CV-G71と同等性能機種)の除湿「弱」運転で実施。

(3)衣類に付いた汗臭を「スポット消臭」
<約6時間後の効果です。吹き出す風の当たらない部分のニオイは取れません。>
★付着しているニオイの種類・強さ・対象物の素材などによって、消臭効果は異なります。
●試験機関:当社調べ。
●試験方法:汗のニオイ成分を染み込ませた布片にプラズマクラスターイオンを集中的に照射し、消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。
■試験結果:約6時間で気にならないレベルまで消臭。CV-E71(CV-G71と同等性能機種)のイオン送風「弱」運転で実施。

(4)衣類や部屋に付いた「タバコの付着臭を分解・除去」
<約41立方メートル(約10畳相当)の試験空間での約90分後の効果です。>
★付着しているニオイの種類・強さ・対象物の素材などによって、消臭効果は異なります。
●試験機関:当社調べ。
●試験方法:タバコのニオイ成分を染み込ませた布片にプラズマクラスターイオンを照射し、消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。
■試験結果:約90分で気にならないレベルまで消臭。CV-E71(CV-G71と同等性能機種)のイオン送風「強」運転で実施。

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/170309-b.html

【プレスリリース全文(PDF版)】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/170309-b.pdf

【画像ダウンロードサービス】
http://www.sharp.co.jp/press/p170309.html



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る