• トップ
  • リリース
  • NVIDIA、さくらインターネットのホスティングサービス「さくらの専用サーバー・高火力シリーズ」にTesla GPUが採用される

プレスリリース

  • 記事画像1

NVIDIA、さくらインターネットのホスティングサービス「さくらの専用サーバー・高火力シリーズ」にTesla GPUが採用される

(PR TIMES) 2016年08月31日(水)12時33分配信 PR TIMES


[画像: http://prtimes.jp/i/12662/17/resize/d12662-17-940893-1.jpg ]


2016年8月31日 - NVIDIAは、さくらインターネット株式会社が自社で展開する物理サーバーホスティング「さくらの専用サーバー・高火力シリーズ」にNVIDIA Tesla GPUアクセラレータ が採用されたことを発表しました。

さくらインターネット株式会社は、日本最大規模の大容量・高速の通信回線を確保し、高度なセキュリティと堅牢な設備環境を備えたデータセンターを自社で運営し、顧客のビジネスに貢献できる様々なインターネットサービスを展開しています。昨今注目が集まるディープラーニングなど、大量の計算資源を必要とするアプリケーションの高速化を実現するために、NVIDIA Tesla M40 GPUおよびTesla P100 GPUが採用されました。NVIDIA Tesla GPU アクセラレータを搭載した「さくらの専用サーバー・高火力シリーズ」の提供は2016年9月30日より開始予定です。

NVIDIA Teslaアクセラレーテッドコンピューティングプラットフォームは、最も性能が要求される HPC、ハイパースケール、エンタープライズ データセンターにおける作業負荷を、高速化させることが可能な業界をリードするプラットフォームです。

NVIDIA Tesla GPUはディープ・ニューラル・ネットワークのトレーニング用として開発されたアクセラレータです。総合的な精度を高めようと膨大な量のデータでディープ・ニューラル・ネットワークのトレーニングを行う場合、NVIDIA Tesla GPUアクセラレータを使えば、何日も、あるいは何週間も所要期間を短縮することができます。また、信頼性が高く連続稼働が可能なため、データセンター環境で高い信頼性が発揮できるように開発・検証されています。

NVIDIA日本代表 兼 米国本社副社長、大崎 真孝は次のように述べています。「NVIDIAは、GPUで加速化することにより、ディープラーニングの可能性を最大限に広げてまいります。国内最大手のクラウドサービス事業者であるさくらインターネット株式会社にNVIDIAのTesla GPUが採用されることにより、国内の科学および産業の両方の分野を発展させるディープラーニングの新たなアプリケーションが数多く生み出されることでしょう。」

NVIDIAについての最新情報:
公式ブログNVIDIA blog、 Facebook、 Google+、 Twitter、LinkedIn、Instagram、NVIDIAに関する動画YouTube、 画像Flickr。

NVIDIAについて
1993年以来、NVIDIA(NASDAQ: NVDA)は、ビジュアル・コンピューティングという芸術的な科学の世界をリードしてきました。ゲーミング、自動車、データセンターおよびプロフェショナル・ビジュアリゼーションの分野で特化したプラットフォームを提供し続けています。NVIDIAの製品は仮想現実、人工知能、自律走行車の開発においても最新の技術を提供しています。詳しい情報は、http://nvidianews.nvidia.com/をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る