• トップ
  • リリース
  • 【IEO即時完売】「クリプトモールトークン(XMALL)」が発売27秒で完売!「WBF(World Blockchain Forum Corp.)」が運営する暗号資産取引所「WBFex」史上初の快挙

プレスリリース

【IEO即時完売】「クリプトモールトークン(XMALL)」が発売27秒で完売!「WBF(World Blockchain Forum Corp.)」が運営する暗号資産取引所「WBFex」史上初の快挙

(PR TIMES) 2019年12月23日(月)14時05分配信 PR TIMES

 2019年12月23日(月)”社会貢献型”暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(クリプトモール)」を運営するcryptomall ouは、世界最大規模のブロックチェーンフォーラム主宰会社「WBF(World Blockchain Forum Corp.)」が運営する暗号資産(仮想通貨)取引所「WBFex(ダブリュービーエフ エクスチェンジ)」にて「IEO(Initial Exchange Offering)」を行った際、発売開始27秒で「クリプトモールトークン(XMALL)」が完売したことを発表しました。

 「WBFex」での「IEO(Initial Exchange Offering)」に用意された「クリプトモールトークン(XMALL)」は10万ドル。当該暗号資産(仮想通貨)が27秒で完売したのは、「WBFex」史上初の快挙です。
[画像1: https://prtimes.jp/i/44818/16/resize/d44818-16-316333-0.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/44818/16/resize/d44818-16-687343-1.png ]



1. 背景


 今回の「WBFex」での「IEO(Initial Exchange Offering)」が即時完売となった背景には、新たな暗号資産(仮想通貨)決済の導入や、さまざまな業務提携、そして「WBF(World Blockchain Forum Corp.)」と「cryptomall ou」との提携により、全世界に向けたプロモーション活動を行った実績があります。

 また、ブロックチェーン技術を活用し、「ニセモノ・パクリ商品」が一切【販売されない】・【販売できない】ショッピングモールというコンセプトが、ネット通販を利用する消費者のニーズにマッチし、注目を集めたことも「IEO(Initial Exchange Offering)」即時完売に繋がったと考えられます。


【「cryptomall ou」主なプレスリリース一覧】

(1)

 【OKB決済開始&キャンペーン実施中】「cryptomall(クリプトモール)」で「オーケービー(OKB)」による決済がついに開始。 「オーケービー(OKB)」決済で100万点の商品をおトクに購入!

https://www.excite.co.jp/news/article/Prtimes_2019-11-11-44818-11/


(2)

 【世界初!】cryptomall ouと中古車輸出事業を展開する株式会社アガスタ(株式会社カーチスホールディングス子会社)との大型業務提携が締結。「クリプトモール」なら特別な高級車が暗号資産で買える!(2019年04月12日)

https://www.dreamnews.jp/press/0000192797/


(3)

 ベナン共和国の「QRコード決済普及プロジェクト」に「クリプトモール」を運営するcryptomall ouが参画!「国営」暗号資産(仮想通貨)取引所システムの開発案件の受託および提携を発表(2019年04月12日)

https://japan.cnet.com/release/30309906/


(4)

 「cryptomall(クリプトモール)」を運営するcryptomall ouと、数億円の高級物件を扱う「ビット不動産(Bit Real Estate)」が包括的業務提携を締結!今後の展開に期待高まる(2019年06月07日)

https://www.dreamnews.jp/press/0000195290/


(5)

 【三越】暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール「クリプトモール」を運営するcryptomall ouと、「深セン三越サプライチェーンテクノロジー開発株式会社」との包括的業務提携を締結!(2019年11月15日)
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000012.000044818&g=prt


2. 「IEO(Initial Exchange Offering)」とは

[画像3: https://prtimes.jp/i/44818/16/resize/d44818-16-741239-3.png ]



 「IEO(Initial Exchange Offering)」とは、「Initial Exchange Offering(イニシャル エクスチェンジ オファリング)」の略で、暗号資産取引所が独自に調査・審査を行い、審査に通過した暗号資産(仮想通貨)のみを当該取引所の責任において、先行販売するサービスです。

 「IEO(Initial Exchange Offering)」は、ICO(Initial Coin Offering)と異なり発行主体が明確に存在し、暗号資産取引所への上場が決まっているため、ICO(Initial Coin Offering)より投資リスクが低い新しい暗号資産(仮想通貨)投資の形と言われています。


3. 「WBFex」について

[画像4: https://prtimes.jp/i/44818/16/resize/d44818-16-884448-2.png ]



(1) 「WBF(World Blockchain Forum Corp.)」とは?

 「WBFex」を運営する「WBF(World Blockchain Forum Corp.)」は、2017年にニューヨークで設立されました。

 「WBF(World Blockchain Forum Corp.)」はグローバルなリソース集約プラットフォームとして、世界中のブロックチェーン企業および、プロジェクトの紹介、ロードショー、その他資金調達サービスの提供を行っています。

 また、「WBF(World Blockchain Forum Corp.)」はブロックチェーン技術に関する情報を集約し、全世界に発信することでブロックチェーン技術の向上に貢献し、全く新しい価値を創造することを目指しています。

 さらに「WBF(World Blockchain Forum Corp.)」は2019年の1年間において、20か国30回都市以上のカンファレンスを開催しました。


(2) 取引所概要


暗号資産(仮想通貨)取引所名:


「WBFex (呼び名:ダブリュービーエフ エクスチェンジ)」


「WBFex」公式HP:


https://wbfex.com/



運営会社「WBF」公式HP:


http://www.wbfevent.com/



「WBFex」会員数:


170万人


(2) 「WBFex」の将来性

 「WBFex」は、新興の暗号資産(仮想通貨)取引所でありながら、1日の取引高ランキング世界1位を保持し続けている「BINANCE(バイナンス)取引所」に並ぶ、超大型取引所になると金融及びテクノロジー業界全体で期待されています。

 また、「WBFex」の登録ユーザー数は2020年12月30日までには1,800万人に達すると予想され、登録ユーザー数で世界最大の暗号資産(仮想通貨)取引所になる見込みです。

参考: 財経新聞(2019年6月13日)
https://www.zaikei.co.jp/releases/818622/


4. 社会貢献型”暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(クリプトモール)」について

 「cryptomall(クリプトモール)」とは、100万点以上もの商品を取り扱う「”社会貢献型”暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール」です。ブロックチェーン技術を活用し、「ニセモノ・パクリ商品」が一切【販売されない】・【販売できない】ショッピングモールプラットフォームを構築中です。


↓↓社会貢献型”暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(クリプトモール)」はコチラから↓↓
https://crypto-mall.org


(1) 「cryptomall(クリプトモール)」概要

 「cryptomall(クリプトモール)」とは、100万点以上もの商品を取り扱う「”社会貢献型” 暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール」です。ブロックチェーン技術を活用し、「ニセモノ・パクリ商品」が一切【販売されない】・【販売できない】ショッピングモールプラットフォームを構築中です。

↓↓社会貢献型”暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(クリプトモール)」はコチラから↓↓
https://crypto-mall.org


(2) 「ニセモノ・パクリ商品」を撲滅する仕組みとは?


ポイントその1 透明性


 ブロックチェーン上に、商品の取引記録を登録することで、誰でも取引記録を閲覧できるようになります。管理者が存在する中央集権型のシステムとは異なり、まったく利害関係のない第三者も履歴を閲覧できるため、透明性が高く、データを改ざんできません。



ポイントその2 追尾可能性


 ブロックチェーン上の商品の取引記録は、すべて繋がっています。つまり、あるメーカーから出荷され、小売店を経由し、ユーザーの元へ届いたということが一目瞭然なのです。



ポイント3 繊維型マイクロチップ


 デザインを邪魔しない繊維型マイクロチップを、製造時に商品に組み込みます。マイクロチップを読み取ることで、商品情報、商品の取引履歴そして物流経路など、改ざん不可能なブロックチェーン上の履歴を閲覧することができます。


 このように、ブロックチェーン技術とマイクロチップを利用することで、決して改ざんすることできない商品の取引履歴を誰もが閲覧することができ、「ニセモノ・パクリ商品」が一切【販売されない】・【販売できない】ショッピングモールプラットフォームを構築することができます。


◇◇━━━━━━━━━━━◇◇

◆1.  ご案内

(1) 「cryptomall(クリプトモール)」の2つの特徴

・ その1
本物しか販売されていないショッピングモールという、大手に負けないブロックチェーンプラットフォーム

・ その2
他の暗号資産と提携可能という無限の可能性

↓↓「cryptomall(クリプトモール)」の紹介動画はコチラ↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=xk45HoCBUVw&feature=youtu.be


(2) 中国のニセモノ・パクリ問題

・ 問題点
「ニセモノ・パクリ商品」が氾濫しており、安心してネットショッピングができない。

・ 解決策
改ざんが一切できないブロックチェーンプラットフォームを開発することで、「ニセモノ・パクリ商品」を撲滅することができる。

↓↓中国のECサイトについての動画はコチラ↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=CjxvfAaa-js&t=11s


(3)  過去の配信コンテンツ

↓↓プレスリリースなどのコンテンツはコチラから↓↓
https://crypto-mall.org/archive/ja


◆2.  お問い合わせ

・ お問い合わせフォーム
https://crypto-mall.org/contact

・ メールでのお問い合わせ
support@crypto-mall.org

・ 運営サイト
cryptomall(クリプトモール)
https://crypto-mall.org/
http://ieo.crypto-mall.org/

・ 暗号資産(仮想通貨)発行会社(主宰会社)&ご紹介者さまへ
「cryptomall(クリプトモール)」との業務提携をご検討の方、また、
「cryptomall(クリプトモール)」をご紹介していただける方は下記をご覧ください。
https://crypto-mall.org/user_data/alliance
※業務提携に関しましては、厳正なる審査のうえ決定させていただきます。

◇◇━━━━━━━━━━━◇◇



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る