• トップ
  • リリース
  • 子どもたちのための9日間のワークショップと1日限りの展覧会「クリエイション・キッズ・ラボ」が8月22日より開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社リクルートホールディングス

子どもたちのための9日間のワークショップと1日限りの展覧会「クリエイション・キッズ・ラボ」が8月22日より開催

(PR TIMES) 2018年07月25日(水)15時01分配信 PR TIMES

ワークショップは小学生対象、展覧会では完成した作品約270点を展示

クリエイションギャラリーG8(株式会社リクルートホールディングス運営/東京・銀座)では、ギャラリー初の試みとなる、こどもが主役のワークショップと展覧会、「クリエイション・キッズ・ラボ」を開催します。デザインをテーマに9組の講師による多彩なワークショップを開催し、こどもたちにデザインの楽しさを体験してもらうイベントです。最終日には、1日限定の展覧会を行い、ワークショップで完成した作品を多くの方にご覧いただきます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/30084/16/resize/d30084-16-674517-0.jpg ]


クリエイションギャラリーG8は、株式会社リクルートホールディングスが社会貢献の一環として、1985年より銀座で運営しているギャラリーです。グラフィックデザインを中心に企画展を開催し、デザインを通じて、豊かな生活の提案や、さまざまな出会いをつくる場所を目指して活動を続けています。

ギャラリーでは、今回、初のこどもが主役のワークショップと展覧会、「クリエイション・キッズ・ラボ」を開催します。デザインをテーマに9組の講師による多彩なワークショップを開催し、こどもたちにデザインの楽しさを体験してもらうイベントです。最終日には、1日限定の展覧会を行い、ワークショップで完成した作品を多くの方にご覧いただきます。

こどもの豊かな想像力やのびのびとした表現力をひきだし、デザインとコミュニケーションを楽しみながら、一緒に学べる機会にしたいと考えています。


■ワークショップ
2018年8月22日(水)〜8月31日(金)
日曜休館 9日間

ワークショップの日程:
1日目:8/22(水) キャラクターデザイン(講師:小杉幸一)
「コミュニケーションのためのキャラクターをつくろう」

2日目:8/23(木) ポスターデザイン(講師:岡室健)
「メッセージを伝えるポスターをつくろう」

3日目:8/24(金) テクノロジー&手芸(講師:テクノ手芸部)
「羊毛フェルトと電子部品で目の光る動物をつくろう」

4日目:8/25(土) ファッション(講師:ミントデザインズ)
「テキスタイルデザインからはじめる洋服をつくろう」

5日目:8/27(月) パッケージデザイン(講師:福岡南央子)
「のみもののパッケージをつくろう」

6日目:8/28(火) タイポグラフィ(講師:大日本タイポ組合)
「なんでももじもじ〜どうぶつのもじをかこう」

7日目:8/29(水) プロダクト(講師:トラフ建築設計事務所)
「どうぶつのオブジェをつくろう」

8日目:8/30(木) 絵本・イラストレーション(講師:バスチャン・コントレール ※仏日通訳あり)
「ステンシルで絵本をつくろう」

9日目:8/31(金) デジタル(講師:田中良治)
「デジタル時計をつくろう」

各日、2回開催(内容は同じものです)
1.11:00a.m.-1:30p.m.予定(入場開始10:30a.m.)
2.3:00p.m.-5:30p.m.予定 (入場開始2:30p.m.)

小学生対象/定員各回15名/要予約(ご予約はPeatixにて)/参加費1000円〜(実費)/おひとりのご参加上限は3つまで
※ワークショップのテーマ、講師は変更になる可能性もございます。
※内容や参加申し込み等の詳細はギャラリーサイトにて。
http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/201808/201808.html


■展覧会
2018年9月1日(土)
11:00a.m.-5:30p.m.
入場無料
ワークショップの作品を展示発表します。展覧会は一般公開です。どなたでもご覧いただけます。
※6:00p.m.-7:00p.m.の時間は、ワークショップ参加者作品受け渡し(受け取り希望者のみ)


■ワークショップ紹介
1日目:8/22(水) キャラクターデザイン(講師:小杉幸一)
「コミュニケーションのためのキャラクターをつくろう」
[画像2: https://prtimes.jp/i/30084/16/resize/d30084-16-906403-1.jpg ]


地域のキャラクター、イベントのキャラクター、商品のキャラクター、ゲームのキャラクター……。キャラクターは、誰かに何かを知ってもらいたい、伝えたい、好きになってもらいたいというときに、活躍するコミュニケーションの方法のひとつです。
今回は、キャラクターのテーマ設定(考えること)から完成(手を動かすこと)までの制作過程を通して、コミュニケーションとデザインを楽しく体験します。


2日目:8/23(木) ポスターデザイン(講師:岡室健)
「メッセージを伝えるポスターをつくろう」
[画像3: https://prtimes.jp/i/30084/16/resize/d30084-16-876729-2.jpg ]


ポスターは、広告や宣伝など、メッセージを伝えるために効果的なツールです。パッと人々の目にとまるビジュアルと、シンプルなコピーで、たくさんの人に広くコミュニケーションできるのがポスターの特徴です。
「誰に」「何を」「どのように」デザインで伝えるか、グラフィックデザインを楽しく学べるクラスです。つくった作品は、大きなポスターに出力して完成!


3日目:8/24(金) テクノロジー&手芸(講師:テクノ手芸部)
「羊毛フェルトと電子部品で目の光る動物をつくろう」
[画像4: https://prtimes.jp/i/30084/16/resize/d30084-16-668805-3.jpg ]


羊毛フェルト+LEDランプでつくる、目の光る動物づくりを体験できます。
今回は家庭にある普通のリモコンの信号で様々な反応をする「リモコン動物」をつくります。
科学+図工+家庭科のハイブリッドで、分野にとらわれないものの考え方やものづくりを学び、楽しめるクラスとなっています。


4日目:8/25(土) ファッション(講師:ミントデザインズ)
「テキスタイルデザインからはじめる洋服をつくろう」
[画像5: https://prtimes.jp/i/30084/16/resize/d30084-16-871642-4.jpg ]


ミントデザインズの二人を講師に、洋服づくりを体験します。
まずはテキスタイル。生地にミントのドール柄やジグザグ柄などの型紙をはじめ、身近な素材、道具をつかってステンシルでテキスタイルをデザインします。次に裁断。ワンピースまたはトップスのシンプルな型にあわせて裁断(縫製はスタッフが行います)、洋服の形に仕上げて完成。最後はファッションショーでお披露目です!


5日目:8/27(月) パッケージデザイン(講師:福岡南央子)
「のみもののパッケージをつくろう」
[画像6: https://prtimes.jp/i/30084/16/resize/d30084-16-415778-5.jpg ]


スーパーやショップ、コンビニエンスストア、自動販売機などでふだん目にする商品のパッケージ。
商品を選ぶとき、パッケージのデザインは重要な要素のひとつです。
今回は、のみもののパッケージデザインにチャレンジします。
名前、中身、味など、商品の伝えたい特徴や良さをパッケージの立体的な形の中で表現します。


6日目:8/28(火) タイポグラフィ(講師:大日本タイポ組合)
「なんでももじもじ〜どうぶつのもじをかこう」
[画像7: https://prtimes.jp/i/30084/16/resize/d30084-16-149106-6.jpg ]


文字を書くこと表現することを、もっと自由に楽しもうと企画したワークショップです。
人の顔や動物、虫、風景の中に文字を探してみようという絵本『なんでももじもじ』をベースに、絵の中に文字を見つけて書くワークショップを行います。


7日目:8/29(水) プロダクト(講師:トラフ建築設計事務所)
「どうぶつのオブジェをつくろう」
[画像8: https://prtimes.jp/i/30084/16/resize/d30084-16-638635-7.jpg ]


東日本大震災後に立ち上がった石巻工房は、複数の建築家と組みさまざまな商品を発表している工房です。
今回はトラフ建築設計事務所が企画した石巻工房の素材で、どうぶつのオブジェをつくります。
細かくカットされた木材を組みあわせて接着し、紙やすりで表面を丸くなめらかにした後は、好きな色に塗って仕上げます。
素材から完成させるたったひとつの大切な作品になるでしょう。


8日目:8/30(木) 絵本・イラストレーション(講師:バスチャン・コントレール ※仏日通訳あり)
「ステンシルで絵本をつくろう」
[画像9: https://prtimes.jp/i/30084/16/resize/d30084-16-927428-8.jpg ]


フランスから若手イラストレーターのバスチャン・コントレールが講師として来日します。
美術館等でこども向けのワークショップが盛んに行われているフランスで、バスチャン・コントレールがポンピドゥーセンターでも開催し好評だったステンシルのワークショップです。シンプルな形を切り抜いた型紙と絵の具を使った型染めの技法で、いろいろな絵をつくり、冊子にて完成します。


9日目:8/31(金) デジタル(講師:田中良治)
「デジタル時計をつくろう」
[画像10: https://prtimes.jp/i/30084/16/resize/d30084-16-787442-9.jpg ]


プログラミング作成の基礎となるアルゴリズムの考え方を体験するワークショップ(プログラムの知識は不要です)。
0から9までの数字もしくは絵をつくり、時・分・秒の6桁のデジタル時計をつくります。
タブレット等を使って、描いた数字や絵が時間を表す時計になって、刻々と変化していきます。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る