プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

ティアック株式会社

Referece503シリーズのUSB DAC/プリメインアンプを発売

(PR TIMES) 2017年02月22日(水)16時14分配信 PR TIMES

〜最大DSD11.2MHzのネイティブ再生が可能なUSB DACに、LDACTM対応Bluetooth (R)も搭載〜

ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、USB DAC/プリメインアンプ『AI-503』を全国のオーディオ店および量販店を通じて発売開始いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/21574/16/resize/d21574-16-382644-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/21574/16/resize/d21574-16-895852-1.jpg ]

https://teac.jp/jp/product/ai-503/feature#gallery

[画像3: https://prtimes.jp/i/21574/16/resize/d21574-16-623034-2.jpg ]



『AI-503』は、現代のライフスタイルにマッチするA4サイズの筐体にティアックの技術とノウハウと注ぎ、省スペースでも、「スピーカー」と「ヘッドホン」のどちらのリスニングも高音質でお楽しみいただけるモデルです。さらにLDACTM対応Bluetoothレシーバー搭載で、高音質なワイヤレスリスニングも自在にお楽しみいただける、ハイレゾDAP時代のUSB DAC搭載プリメインアンプです。

1、LDACやDSD11.2MHzなど最新のソースに対応したデジタル回路
心臓部となるDAC/プリアンプ部には、UD-503の設計思想を引き継いだ、デュアルモノーラル構成/フルバランス回路設計を採用。D/Aコンバーターは旭化成エレクトロニクス社製『VERITA AK4490』をL/Rの各CHに一基ずつ搭載し、最大で384kHz/32bit、DSD11.2MHzのネイティブ再生に対応しました。PC(Windows/Mac)からのUSBデジタル入力、光/同軸デジタル入力、RCAアナログ入力に加え、ハイレゾ級のワイヤレスリスニングが可能なLDACにも対応したBluetooth(R)レシーバーを搭載。さらにフロントパネルには、光デジタル/3.5mmステレオミニ兼用入力端子を備えることで、無線・有線を問わずデジタルポータブルプレーヤーからの入力にもシームレスに対応します。

2、TEAC-QVCS採用のプリアンプ部およびClass-Dパワーアンプ部
パワーアンプ部には、微小信号の再生においては高い解像度を、高出力時には高いリニアリティを確保するICEpower社製Class-Dアンプを採用。デスクトップ用途の小型ブックシェルフスピーカーのみならずフロア型スピーカーにもお使い頂けます。プリアンプ部には4回路構成のフルバランス高精度ボリュームコントロール回路「TEAC-QVCS」を採用。ハイレゾデータの微細な信号も高い純度を保ちながらパワーアンプに届けることでS/N感や空気感などリアリティに富んだ音場再生を行います。装備されたプリアウト端子にパワーアンプを接続することで本格的なオーディオシステムへの展開が可能となるなど、将来への発展性も備えています。

3、TEAC-HCLDバッファーアンプ回路採用の高音質ヘッドホンアンプ部
ヘッドホンアンプ部は、プッシュプル回路によるディスクリート構成のTEAC-HCLDバッファーアンプ回路を採用したことで、高インピーダンス(最大600Ω)のヘッドホンも余裕を持って駆動することが出来ます。High/Low2段階のゲイン切替え機能を搭載することで、低インピーダンスタイプのインイヤーモニター(IEM)から高インピーダンスのオーバーヘッド型ヘッドホンまで最適なボリュームに設定でき、さらに4極グランドセパレート接続対応の3.5mmヘッドホン端子を採用したことで、バランス接続対応のヘッドホン/イヤホンを接続した場合でも、高いチャンネルセパレーションを保った状態で高品位なヘッドホンリスニングをお楽しみ頂けます。

【主な機能】
●最大DSD 11.2MHz、およびPCM 384kHz/32bit対応デュアルモノーラル構成USB DAC部
●LDACTM、Qualcomm(R) aptXTM対応Bluetooth(R)レシーバー(AAC、SBCにも対応)
●2種類のDSDデジタルフィルターと、4種類のPCMデジタルフィルター、およびOFFモードが切り替え可能
●フルバランス構成の高精度ボリュームコントロール回路『TEAC-QVCS』
●ICEpower社製Class-D高出力パワーアンプ
●最大出力280mW+280mW、プッシュプル回路によるディスクリート構成のヘッドホンアンプ
●グランドセパレート接続対応3.5mm4極ステレオヘッドホン端子(3.5mmステレオミニタイプと兼用)
●RCAアナログ入力端子を1系統装備
●ボリューム連動RCAアナログ出力端子(プリアウト端子)1系統
●USB/同軸/光デジタル入力 各1系統(リアパネル)
●丸型光デジタル/3.5mmステレオミニ兼用入力端子(フロントパネル)
●制振性と高級感を両立するフルメタル筐体、デスクトップに設置できるA4サイズ
●無償のプレーヤーソフト「TEAC HR Audio Player for Windows/Mac」で簡単ハイレゾ再生
●専用リモコン付属
●IECインレット

【一般仕様】
電源 AC100V、50/60Hz
消費電力 38W
外形寸法 290 (幅)×81.2(高さ)×264(奥行き)mm(突起部含む)
質量 約4.8kg

※RoHSに対応しています。
※仕様及び外観は改良のため予告なく変更することがあります。
※製品の色は、撮影・印刷の関係で、実際の色と異なって見えることがあります。

■製品ページ
『AI-503』 https://teac.jp/jp/product/ai-503/top



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る