• トップ
  • リリース
  • 【IEYASU】日々の勤怠データを「業務(プロジェクト)別」に集計できる「業務割合」機能をリリース!もちろん無料!「実は赤字案件」の見える化に貢献します。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

【IEYASU】日々の勤怠データを「業務(プロジェクト)別」に集計できる「業務割合」機能をリリース!もちろん無料!「実は赤字案件」の見える化に貢献します。

(PR TIMES) 2018年05月31日(木)17時01分配信 PR TIMES

無料の勤怠管理システム「IEYASU」を運営するIEYASU株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:川島寛貴、以下IEYASU)は勤務時間を「業務別」に管理したいというお客様の声をうけ、「業務割合」機能をリリースいたしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/20764/16/resize/d20764-16-850778-0.jpg ]

日々の勤務時間を管理する中で、「どの業務・プロジェクト」に「どれほどの時間が費やされているのか?」
勤怠管理の一歩目である「勤務時間の把握」ができるようになった企業で次の課題はこの「業務・プロジェクト管理」ではないでしょうか?

多くの人が関わることによって社内原価が想定以上にかかってしまい、個別のプロジェクトとしては赤字であったという例は枚挙にいとまがありません。

そこで経営陣・管理部としてはこの「プロジェクト管理」を実施したいが、そこまで細かいデータを現場の社員に日々実施させるのはコストも時間もかかってしまい二の足を踏んでいる企業が多いのではないかと思います。

そこで今回IEYASU株式会社としては、ご利用者(打刻するユーザー側)に負担が少なく、経営陣・管理部のみなさんの分析がしやすいような形を追求いたしました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/20764/16/resize/d20764-16-662874-1.jpg ]

このような形で「日々の勤怠入力画面」に「業務・プロジェクト」の登録フォームを追加し、入力も「%」にてクリック・タップのみで対応できるように致しました。(前日と同様であれば、前日コピーでOKです)

■想定利用ケース
1)テレビ番組や制作現場にて(番組単位)
2)ゲーム開発会社や一般的なシステム開発現場にて(ゲームタイトル・プロジェクト単位)
3)コンタクトセンターでのインバウンド・アウトバウンド管理
4)訪問看護や営業現場での業務管理(社内・社外などの業務単位)

■利用方法
月次のレポートに自由に登録いただいた「業務コード」「業務名」「稼働時間」「稼働割合(%)」が出力されます。分析しやすい形に加工いただき、ご活用いただければ幸いです。

IEYASU株式会社としては、今後もお客様の声を反映し業界のベストプラクティスとなるようなシステムをご提供してまいりたいと思います。

■無料の勤怠管理システム IEYASUとは?
詳細はこちらをご覧ください。
https://www.ieyasu.co/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る