• トップ
  • リリース
  • ソーシャルギフトサービス「cotoco (コトコ)」URL送信すら面倒なあなたへcotocoが”テレパシーでギフトを贈れる”「t-Gift」を開発!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

SK planet Japan株式会社

ソーシャルギフトサービス「cotoco (コトコ)」URL送信すら面倒なあなたへcotocoが”テレパシーでギフトを贈れる”「t-Gift」を開発!

(PR TIMES) 2017年04月01日(土)11時45分配信 PR TIMES


SK planet Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:李 承奎)は、同社が運営するソーシャルギフトサービス「cotoco(コトコ)(https://cotoco.net)」において、4月1日(土)、新サービス、“テレパシーでギフトを送信できる”「t-Gift」をリリースします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/19507/16/resize/d19507-16-529265-0.jpg ]


cotocoが提供する、LINEやFacebook、メールを使ってギフトを贈れるサービス「e-Gift」。URLを送信するだけの手軽さでご好評頂いていますが、中には「URLの送信すら面倒くさい。もっと簡単にギフトを贈る方法はないか」といったご要望もございました。これに応える形で、開発されたのが、“テレパシーでギフトを送信できる”「t-Gift」です。(特設サイトURL:https://cotoco.net/campaigns/april2017 ※4月1日限定公開)

[画像2: https://prtimes.jp/i/19507/16/resize/d19507-16-386994-1.jpg ]


ご利用方法は、とても簡単。cotocoウェブサイト上の専用画面「TGI(Telepathy-Gift-Interface)」で、ギフトを贈りたい相手と、贈りたいギフトのことを念じるだけ!ギフトイメージを受け取った相手は、加盟店舗を訪れ、専用端末「TGD(Telepathy-Gift-Device)」に送念することで、その場で商品・サービスを受け取ることができます。脳波と脳波が繋がるので、文字どおり手間がかからない画期的なサービス「t-Gif」。
相手の驚く顔を想像しながら、すてきなギフトを贈ってみませんか。

<ご注意>
最後までご覧頂きまして誠にありがとうございました。
こちらは、エイプリルフール企画となっており、実際にご利用はいただけません。
予めご了承いただければ幸いです。今日は、エイプリルフールです。


【cotocoサービス概要】
名称:cotoco (https://cotoco.net)
サービス開始:2014年8月5日(火)
決済手段:クレジットカード決済、キャリア決済
サービス概要:いつものメッセージに、すこしのサプライズを。
“ありがとう”、“おめでとう”、“ごめんね”、“頑張れ”、“元気出して”、“好きだよ”など、特定のシーンに限定せず、友達、恋人、同僚などの親しい人々に。
提携ブランド:あがいんステーション、雄勝そだての住人、カフェクレープ、クリスピー・クリーム・ドーナツ、コニカミノルタプラネタリウム“満天”“天空”、スターバックス、ピザーラ、ファミリーマート、Photoback、エンジェルスハート、ファンタスティック、ポールバセット、honto、マリオンクレープ、ミニストップ、ル ショコラ ドゥ アッシュ、山本海苔店、ラフィネ、リンベル、レコチョク、ローソン、アフタヌーンティーティールーム、B-R サーティーワン アイスクリ―ム、MyCaseShop、Sakaseru、noanoa Luxe
※2016年12月現在
利用可能店舗:36,000店舗  ※2016年12月現在

【SK planetについて】
SK planetは、デジタル産業の全分野にサービスを提供する、サービスプラットフォーム提供会社です。市場シェアの50.5%を持つ韓国No.1携帯キャリアのSK telecomから2011年に分社化されました。韓国で展開しているソーシャルギフトサービス「Gifticon」は韓国内で200社以上の企業と提携し、韓国全体で45,000店舗をカバーしております。SK planet Japanはその日本法人として2012年に設立され、Mobile Giftingサービス「cotoco(コトコ)」を日本国内で開始しました。現在、より利便性に優れたO2Oサービスの提供を目標に日本の大手企業と一緒に様々なマーケティングプラットフォームを構築しています。今後は、全世界のモバイルユーザに向けたO2Oプラットフォーム提供を実現するために更なる成長を目指しています。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る