• トップ
  • リリース
  • 今年こそ本気で英語を習得したい方へ! 受講生殺到のOne Year Englishプログラム「TORAIZ」の原点となった書籍 「英語は1年でマスターできる」が新書化!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

トライオン株式会社

今年こそ本気で英語を習得したい方へ! 受講生殺到のOne Year Englishプログラム「TORAIZ」の原点となった書籍 「英語は1年でマスターできる」が新書化!

(PR TIMES) 2017年01月06日(金)11時11分配信 PR TIMES

〜単行本が大好評につき新書版で発売決定〜 2017年1月6日(金)刊行 定価:870円+税


1年で英語をマスターできる“One Year English”プログラム 『TORAIZ』を運営しているトライオン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:三木 雄信)の代表取締役を務める元ソフトバンク社長室室長 三木 雄信(みき たけのぶ)が実体験を基に執筆した、英語が苦手な人でも最短最速で英語をマスターできるメソッドを記した書籍「英語は1年でマスターできる」が、ご好評につき2017年1月6日(金)より新書版となって全国で発売開始となります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/17241/16/resize/d17241-16-320539-0.jpg ]


■商品概要


・著者:三木 雄信 (みき たけのぶ)
・定価:本体870円+税
・初版発行:2017年1月6日(金)
・出版社:PHP研究所


■1年でマスターするための「7つの戦略」(一部抜粋)
・「自分に必要なのはどんな英語か」をまず明確にする
・スピーキングとヒアリングを集中的に鍛える
・単語は勉強しない
・言いたいこと一つにつき、覚える言い回しは一つだけ
・文法も勉強しない
・日常会話やスモールトークは後回し
・発音はあきらめる


■本書の主な構成(一部抜粋)
1章 1年でマスターできる人、いくら勉強してもマスターできない人
2章 こうすれば、1年でマスターできる!1.戦略篇
3章 こうすれば、1年でマスターできる!2.戦術篇
4章 学習ジャンル別・最短最速のトレーニング法
5章 1年も待ってもらえない人のための英語仕事術

■著者紹介:三木 雄信 (みき たけのぶ)
三菱地所(株)を経て、ソフトバンク(株)に入社。27歳で同社社長室長に就任。孫正義氏の下で「Yahoo!BB事業」など担当する。
英会話は大の苦手だったが、ソフトバンク入社後に猛勉強。仕事に必要な英語だけを集中的に学習する独自のやり方で「通訳なしで交渉ができるレベル」の英語をわずか1年でマスター。2006年にはジャパン・フラッグシップ・プロジェクト(株)を設立し、同社代表取締役社長に就任。同年、子会社のトライオン(株)を設立し、2013年に英会話スクール事業に進出。2015年には1年で英語をマスターできる”One Year English”プログラム『TORAIZ(トライズ)』を開始し、日本の英語教育を抜本的に変えていくことを目指している。


【『TORAIZ』サービス概要】

[画像2: https://prtimes.jp/i/17241/16/resize/d17241-16-153770-1.jpg ]

トライズは、当社代表三木雄信の近著『海外経験ゼロでも仕事が忙しくても英語は1年でマスターできる』(PHP研究所)で公開されている「最短最速の英語勉強法」を効率的に実践するための学習サポートサービスです。


受講生一人ひとりに、バイリンガルのイングリッシュ・コンサルタントとネイティブ講師の2人を付け、1日3時間、1年間で合計1000時間の英語学習をサポートすることで英語力を徹底的に鍛え上げ、1年後には英語が不自由なく使える状態を目指します。
通常の英会話スクールのようにネイティブ講師のレッスンを提供するだけではなく、受講生に英語学習の環境そのものを提供し、1年後に必ず結果が出るようイングリッシュ・コンサルタントがあらゆる面からサポートします。
「TORAIZ」URL:http://toraiz.jp/
【センター一覧】:東京赤坂センター、東京新宿センター、大阪堂島センター、千葉新浦安センター

(1) 初回コンサルティング
いくら勉強しても英語がものにならないという人に欠けているのが、「英語を勉強する目的を明確にする」ということです。ただ「英語をマスターしたい」というような漠然とした目標では、最適な勉強法を見つけられませんし、モチベーションも維持できないでしょう。
トライズでは、専属のイングリッシュ・コンサルタントが、1年後の明確なゴール設定のお手伝いをすると同時に、ゴール達成のためにゴールから逆算した学習計画、教材選択、学習方法などの提案を行います。

(2) 1000時間の学習時間の管理
日本にいながらにして1年で英語をマスターするためには、約1000時間のトレーニングが必要です。1年は約50週なので、1週間で約20時間、1日約3時間の勉強をすれば、「1年間で1000時間」という目標を達成できることになります。
ただ、学習開始当初はやる気があるので問題はないとしても、時間が経つにつれてモチベーションが低下してきてしまうと、1日3時間の学習時間を確保するのは至難の業となります。つまり、1年間で英語がマスターできるかどうかは、学習のモチベーションを1年間維持できるかどうかに関わっています。
トライズでは、受講生に日々の学習進度を毎日報告してもらい、イングリッシュ・コンサルタントが随時適切なアドバイスをすることにより、1日3時間の学習を1年間継続できるよう、メンタルの面からもバックアップします。

(3) ネイティブ講師のレッスン
通常の英会話スクールと同様、トライズでもネイティブスピーカーによるレッスンを提供します。ただ、一般的なスクールのようにただレッスンをするだけではなく、イングリッシュ・コンサルタントとの綿密な連携により、受講生のゴール達成のためにベストなカリキュラムでレッスンを行います。

【3つの安心保証:全額返金保証・解約返金保証・無料延長保証】(一部コースを除く)
全額返金保証:安心してトライズを開始していただけるよう、万が一トライズのサービスにご満足いただけない場合は、受講開始後30日までの間は全額返金いたします。
解約返金保証:30日を経過した後に中途解約される場合、残りの期間の受講料をすべて返金いたします。
無料延長保証:1年間しっかりと学習を継続したにもかかわらず英語力が全く伸びなかった場合は、最大3ヶ月まで受講期間を延長できます。

【トライオン株式会社について (http://www.tryon.co.jp/)】
2006年12月22日設立。インターネットを通じて時間や場所に捕われずに、多くの人が様々な学習コンテンツに出会える場所を提供することを目的に、日本最大級の通信教育の総合ポータルサービス「脳内カレッジ」を運営。
2015年6月より英語マスター1年完全サポートプログラム『トライズ』の提供を開始。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る