• トップ
  • リリース
  • ヘルプマーク、京都府に続き、青森県、和歌山県、徳島県、奈良県など全国の自治体で導入の動きが加速!ポスター掲出場所も続々と増加

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

ヘルプマークサポート事務局

ヘルプマーク、京都府に続き、青森県、和歌山県、徳島県、奈良県など全国の自治体で導入の動きが加速!ポスター掲出場所も続々と増加

(PR TIMES) 2016年08月23日(火)12時23分配信 PR TIMES

東京都は、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方々を対象に配布されている「ヘルプマーク」の普及推進活動を行っています。これまで、ヘルプマーク特設サイトやヘルプマーク作成・活用ガイドライン等を通じて、広く都民の皆様や民間企業への普及を図り、また、他自治体にも活用を働きかけるなど、広域的な普及にも取り組んできました。

■青森県、和歌山県、徳島県、奈良県など全国の自治体で導入の動きが加速
平成28年4月から、京都府が西日本で初めてヘルプマークの配布を開始していますが、青森県、和歌山県、徳島県、奈良県がそれぞれ平成28年度以降のヘルプマーク導入を決定するなど、全国でヘルプマーク導入の動きが加速しています。東京都は、導入を開始した他自治体とも連携しながら、今後もヘルプマークの普及を推進していきます。
ヘルプマークが都内のみならず全国に普及することで、支援が必要な方への理解や互いを思いやる心が日本中で醸成されることが期待されます。

■玉川高島屋 従業員向けインナーキャンペーンをスタート
平成28年5月、玉川高島屋では、「全てのお客様が一様に快適にお買い物していただける空間作り」を目指し東京都とヘルプマークの啓発・普及活動の連携をスタートしました。最初の取組みとして、従業員施設内複数箇所(社員食堂、従業員エレベーター前など)にヘルプマークを紹介するポスターを掲出しています。また朝礼時にヘルプマークについてのマイク放送を実施し、取引先販売員を含む従業員全員にヘルプマークの理解・浸透、意識醸成を図っています。


[画像1: http://prtimes.jp/i/11423/16/resize/d11423-16-703265-2.jpg ]


■首都大学東京南大沢キャンパスでポスターを掲示
平成28年4月、首都大学東京南大沢キャンパスにヘルプマークのポスターが掲出されました。
[画像2: http://prtimes.jp/i/11423/16/resize/d11423-16-835917-3.jpg ]


■三菱一号館美術館・歴史資料室でポスターを掲示
平成28年7月、三菱一号館美術館・歴史資料室にヘルプマークのポスターが掲出されました。
[画像3: http://prtimes.jp/i/11423/16/resize/d11423-16-997716-4.jpg ]

■多くのメディアでヘルプマークが露出。
・4月 西日本新聞掲載、よみうり大江戸あんしんぶん掲載
・5月 フジテレビ「みんなのニュース」、日本テレビ「news every.」
・7月 東京新聞掲載、北海道新聞掲載


■「私のデザイン -グッドデザイン賞審査員の一品-」にヘルプマークが出展。
日本を代表するデザイン賞として広く知られる「グッドデザイン賞」の審査委員76名による一品を一堂に展示する「私のデザイン -グッドデザイン賞審査員の一品-」が、東京・丸の内のGOOD DESIGN Marunouchiで8月11日から9月11日まで開催されています。ヘルプマークは、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)、永井一史氏及び柴田文江氏にデザインのご協力をいただきました。
詳細はこちらhttps://www.jidp.or.jp/ja/


<普及活動へのご協力のお願い>
東京都は民間企業の皆様に、ヘルプマーク啓発活動へのご協力をお願いしています。
店舗や自社ビル等でのポスター掲示、PR動画配信、広報媒体への掲載、社内研修での紹介など、CSR活動の一環としても是非ご協力ください。
詳しくは下記ホームページをご覧ください。民間企業の活動事例をご紹介しています。

<ヘルプマークの概要>
・主旨:義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見からは分からなくても援助や配慮を必要としている方が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助が得やすくなるよう作成したマークです。多様な主体による活用を図り、援助が必要な方が日常的に様々な援助が受けられる社会づくりを推進します。

・対象者:義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方。

・デザイン:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)、永井一史氏及び柴田文江氏にご協力いただきました。

・ヘルプマークホームページ
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shougai/shougai_shisaku/helpmark.html
・ヘルプマークホームページ(企業・事業者向け)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/helpmarkforcompany/index.html



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る