プレスリリース

  • 記事画像1

ロフトワークが資生堂の新規事業提案制度を企画支援

(PR TIMES) 2016年08月10日(水)14時42分配信 PR TIMES

ロフトワークは現在、株式会社資生堂が新たに取り組んでいる、同社社内向けの新規事業提案制度の企画実行を行っています。

[画像: http://prtimes.jp/i/4703/16/resize/d4703-16-299200-1.jpg ]


資生堂では「美しい生活文化の創造」というミッションのもと、中長期戦略「VISION 2020」の実現をめざし、2015 年4月に「未来創造局」を立ち上げ、社内変革と新規事業の創出に向けて様々な取組みが行われています。その取組みの一環として、資生堂の中核事業として進化・成長が期待できるビジネスアイデアを生み出し「100年先の美しい生活文化を創る」ための新規事業の創出を目指した、新規事業提案制度をスタート、ロフトワークが全面的に支援しています。
この新制度は、資生堂全社員を対象とした、いわゆる社内アクセラレーションプログラムです。「美しい生活文化の創造に合致する事業であること」「提案者自身が事業を担う決意を持っていること」「事業開始から3年以内に黒字化する見込みであること」等を審査基準として、新規事業のビジネスアイデアの社内公募を実施し、選ばれた事業アイデアは、事業化に向けて実行されていきます。
全国資生堂社員の中から参加希望者を対象に、東京、名古屋、大阪にて全9回にわたり新規事業アイデア考案のためのワークショップを開催。書類審査と面接審査を経て選出された6チームは、ロフトワークが運営するクリエイティブ・ラウンジ「MTRL KYOTO(マテリアル京都)」や、今年4月に岐阜県飛騨市にオープンした「FabCafe Hida」にてアイデアをブラッシュアップさせるための集中合宿を行い、最終提案に向け準備を進めていきます。


ロフトワークでは、昨年末よりこのプログラムのための全体設計、ワークショップの企画、設計、進行、エントリーシートの作成、エントリーにあたりワークショップに参加できなかった人のためのガイドブックなど、企画から実行段階まで幅広く携わっています。
未来を担う新規事業を創出するためには、社内の人材や技術のみに頼るだけではなく、社外の技術力やサービス、そして外部有識者やクリエイターとの共創が必要不可欠です。
今後もロフトワークは、クリエイティブと共創の力を通して、企業のイノベーションを実現するプロジェクトを支援してまいります。

株式会社ロフトワークについて
ロフトワークは、オープンコラボレーションを通じて、Web、コンテンツ、コミュニケーション、空間、イベントなどの「デザイン」を手がけるクリエイティブ・エージェンシーです。
2万5千人のクリエイターが登録するオンラインコミュニティ「ロフトワークドットコム」、グローバルに展開するデジタル工作機械を備えたクリエイティブなものづくりカフェ「FabCafe」、クリエイター向けコワーキング施設「MTRL KYOTO(マテリアル京都)」、クリエイティブな学びを加速するプラットフォーム「OpenCU」を運営。世界に広がるクリエイティブコミュニティと共創することで、幅広いサービスを提供しています。
www.loftwork.jp/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る